>   その他   >   六韜   >   選将第二十

六韜 選将第二十

武王問太公曰、王者舉兵、簡練、知士之高下、爲之奈何。
おう太公たいこうに問うてわく、「王者おうじゃ、兵をぐるに、英雄を簡練かんれんし、高下こうげる、これをなすこといかん」。
  • 簡練 … 底本では「簡練」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 雄 … 底本および『直解』では「權」に作るが、『四部叢刊 初篇子部』所収本に従い改めた。
太公曰、夫士外貌不與情相應者十五。
太公たいこうわく、「それ外貌がいぼう中情ちゅうじょうあい応ぜざる者十五じゅうごあり。
  • 中 … 『直解』では「衆」に作る。
而不肖者。有温良而爲盗者。有貌恭敬而心慢者。有外謹而内無恭敬者。有精精而無情者。有湛湛而無誠者。有好謀而决者。有如果敢而不能者。有悾悾而不信者。有恍恍惚惚而反忠實者。有詭激而有功効者。有外勇而内怯者。有肅肅而反易人者。有嗃嗃而反靜愨者。有勢虚形劣而出外無所不至、無不遂者。天下所賤、聖人所貴、凡人知。非有大明、不見其際。此士之外貌、不與情相應者也。
けんにして不肖ふしょうなる者あり。温良おんりょうにしてとうをなす者あり。かたち恭敬きょうけいにして心まんなる者あり。そと謙謹けんきんにしてうち恭敬きょうけいなき者あり。精精せいせいにしてじょうなき者あり。湛湛たんたんとしてまことなき者あり。ぼうを好みてけつなき者あり。かんのごとくにしてあたわざる者あり。悾悾こうこうとして信ならざる者あり。恍恍こうこう惚惚こつこつにしてかえって忠実なる者あり。詭激きげきにして功効こうこうある者あり。そとゆうにしてうちきょうなる者あり。粛粛しゅくしゅくとしてかえって人をあなどる者あり。嗃嗃こうこうとしてかえって静愨せいかくなる者あり。せいむなしくかたちおとりて外にでて至らざるところなく、げざるところなき者あり。天下のいやしむところ、聖人のたっとぶところ、凡人は知らず。大明たいめいあるにあらざれば、そのさいを見ず。これ外貌がいぼう中情ちゅうじょうあい応ぜざるものなり」。
  • 賢 … 底本では「巖」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 謙 … 底本では「廉」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 恭敬 … 底本では「至誠」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 無 … 底本では「不」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 恍恍 … 底本では「怳怳」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 出外 … 底本では「外出」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 所 … 『直解』では「使」に作る。
  • 不 … 底本では「莫」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 中 … 『直解』では「衆」に作る。
武王曰、何以知之。太公曰、知之有八徴。一曰、問之以言、以觀其詳。二曰、窮之以辭、以觀其變。三曰、與之間諜、以觀其誠。四曰、明白顯問、以觀其徳。五曰、使之以財、以觀其廉。六曰、試之以色、以觀其貞。七曰、告之以難、以觀其勇。八曰、醉之以酒、以觀其態。八徴皆備、則賢不肖別矣。
おうわく、「何をもってこれを知らん」。太公たいこうわく、「これを知るに八徴はっちょうあり。一にわく、これに問うにげんをもってし、もってそのしょうを観る。二にわく、これをきゅうするに辞をもってし、もってその変を観る。三にわく、これに間諜かんちょうを与えて、もってそのまことを観る。四にわく、明白に顕問けんもんして、もってその徳を観る。五にわく、これを使うにざいをもってし、もってそのれんを観る。六にわく、これをためすにいろをもってし、もってそのていを観る。七にわく、これにぐるになんをもってし、もってそのゆうを観る。八にわく、これを酔わすに酒をもってし、もってそのたいを観る。八徴はっちょうみな備われば、すなわちけん不肖ふしょうわける」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十