>   その他   >   六韜   >   軍用第三十一

六韜 軍用第三十一

武王問太公曰、王者舉兵、三軍器用、攻守之具、科品衆寡、豈有法乎。太公曰、大哉、王之問也。夫攻守之具、各有科品。此兵之大威也。
おう太公たいこうに問うてわく、「王者おうじゃ、兵をぐるに、三軍の器用きよう攻守こうしゅ科品かひんしゅう、あに法ありや」。太公たいこうわく、「大なるかな、王の問いや。それ攻守の具、おのおの科品あり。これ兵の大威たいいなり」。
武王曰、願聞之。太公曰、凡用兵之大數、將甲士萬人、法用武大扶胥三十六乗、材士強弩矛戟爲翼。一車二十四人、推之以八尺車輪、車上立旗鼓。兵法謂之震駭。陷堅陳敗強敵。
おうわく、「願わくはこれを聞かん」。太公たいこうわく、「およそ兵を用うるの大数たいすう甲士こうし万人をひきいるに、法、武衛ぶえい大扶胥だいふしょ三十六乗を用い、材士ざいし強弩きょうど矛戟ぼうげきよくとなす。一車ごとに二十四人あり、これをすに八尺の車輪をもってし、車上に旗鼓きこを立つ。兵法にこれを震駭しんがいと謂う。堅陳けんじんおとしいれ、強敵をやぶる。
  • 衞 … 底本では「衝」に作るが、『直解』に従い改めた。
武翼大櫓矛戟扶胥七十二具、材士強弩矛戟爲翼。以五尺車輪、絞車連弩自副。陷堅陳敗強敵。提翼小櫓扶胥一百四十六具、絞車連弩自副。以鹿車輪。陷堅陳敗強敵。
武翼ぶよく大櫓たいろ矛戟ぼうげき扶胥ふしょ七十二具あり、材士ざいし強弩きょうど矛戟ぼうげきよくとなす。五尺の車輪をもってし、絞車こうしゃ連弩れんどみずからふくたり。堅陳けんじんおとしいれ、強敵をやぶる。提翼ていよく小櫓しょうろ扶胥ふしょ一百四十六具あり、絞車こうしゃ連弩れんどみずからふくたり。鹿車輪ろくしゃりんをもってす。堅陳けんじんおとしいれ、強敵をやぶる。
  • 一百四十六具 … 底本では「一百四十具」に作るが、『直解』に従い改めた。
大黄參連弩大扶胥三十六乗、材士強弩矛戟爲翼。飛鳬電影自副。飛鳬赤莖白羽、以銅爲首、電影青莖赤羽、以鐵爲首。晝則以絳縞長六尺、廣六寸爲光耀、夜則以白縞長六尺、廣六寸爲流星。陷堅陳敗歩騎。
大黄だうおう参連弩さんれんど大扶胥だいふしょ三十六乗あり、材士ざいし強弩きょうど矛戟ぼうげきよくとなす。飛鳧ひふ電影でんえいみずからふくたり。飛鳧ひふ赤茎せきけい白羽はくう、銅をもってかしらとなし、電影でんえい青茎せいけい赤羽せきう、鉄をもってかしらとなす。昼はすなわち絳縞こうこうの長さ六尺、広さ六寸なるをもって光耀こうようとなし、夜はすなわち白縞はくこうの長さ六尺、広さ六寸なるをもって流星りゅうせいとなす。堅陳けんじんおとしいれ、歩騎ほきやぶる。
大扶胥衝車三十六乗、螳武士共載。可以撃縱横敗強敵。緇車騎寇、一名電車。兵法謂之電撃。陷堅陳敗歩騎。寇夜來、前矛戟扶胥輕車一百六十乗、螳武士三人共載。兵法謂之霆撃。陷堅陳敗歩騎。
大扶胥だいふしょ衝車しょうしゃ三十六乗あり、螳螂とうろうの武士ともに載る。もって<じゅうおうを撃ち強敵をやぶるべし。緇車ししゃ騎寇きこう、一に電車と名づく。兵法にこれを電撃でんげきと謂う。堅陳けんじんおとしい歩騎ほきやぶる。こうよる来たるには、前の矛戟ぼうげき扶胥ふしょの軽車、一百六十乗。螳螂とうろうの武士三人ともに載る。兵法にこれを霆撃てきげきと謂う。堅陳けんじんおとしい歩騎ほきやぶる。
  • 螂 … 底本では「蜋」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 撃縱横 … 底本では「縱撃横」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 敗強敵 … 底本では「可以敗敵」に作るが、『直解』に従い改めた。
方首鐵棓維朌、重十二斤、柄長五尺以上、千二百枚、一名天棓。大柯斧、刃長八寸、重八斤、柄長五尺以上、千二百枚、一名天鉞。方首鐵鎚、重八斤、柄長五尺以上、千二百枚、一名天鎚。敗歩騎羣寇。飛鈎長八寸、鈎芒長四寸、柄長六尺以上、千二百枚、以投其衆。
方首ほうしゅ鉄棓てっぽう維朌いふん、重さ十二きんの長さ五尺以上なるもの千二百枚、一に天棓てんぽうと名づく。大柯斧だいかふの長さ八寸、重さ八斤、の長さ五尺以上なるもの千二百枚、一に天鉞てんえつと名づく。方首ほうしゅ鉄鎚てっつい、重さ八斤、の長さ五尺以上なるもの千二百枚、一に天鎚てんついと名づく。歩騎ほき群寇ぐんこうやぶる。飛鈎ひこう、長さ八寸、鈎芒こうぼうの長さ四寸、さ長さ六尺以上なるもの千二百枚、もってそのしゅうとうず。
三車拒守、木螳劔刃扶胥、廣二丈、百二十具。一名行馬。平易地、以歩兵敗車騎。木蒺藜去地二尺五寸、百二十具。敗歩騎、要窮寇、遮走北。
三車の拒守きょしゅには、木螳螂もくとうろう剣刃けんじん扶胥ふしょ、広さ二丈なるもの百二十具。一に行馬こうばと名づく。平易へいいの地に、歩兵をもって車騎しゃきやぶる。木蒺藜もくしつれい、地を去ること二尺五寸なるもの百二十具。歩騎ほきやぶり、窮寇きゅうこうようし、走りぐるをさえぎる。
  • 螂 … 底本では「蜋」に作るが、『直解』に従い改めた。
軸旋短衝、矛戟扶胥、百二十具。黄帝所以敗蚩尤氏。敗歩騎、要窮寇、遮走北。狹路微徑、張鐵蒺藜。芒高四寸、廣八寸、長六尺以上、千二百具。敗歩騎。突瞑來前促戰、白刃接、張地羅、鋪兩鏃蒺藜、參連織女、芒間相去二寸、萬二千具。曠野草中、方胷鋌矛千二百具。張鋌矛法、高一尺五寸。敗歩騎、要窮寇、遮走北。狹路微徑地陷、鐵械鎖參連、百二十具。敗歩騎、要窮寇、遮走北。
軸旋じくせん短衝たんしょう矛戟ぼうげき扶胥ふしょ、百二十具。黄帝こうてい蚩尤しゆう氏をやぶりしゆえんなり。歩騎ほきやぶり、窮寇きゅうこうを要し、走りぐるをさえぎる。狭路きょうろ微径びけいには、鉄蒺藜てつしつれいを張る。ぼうの高さ四寸、広さ八寸、長さ六尺以上なるもの千二百具。歩騎ほきやぶる。くらきを突きて来たりすすみ戦いをうながし、白刃はくじん接するには、地羅ちらを張り、両鏃りょうぞく蒺藜しつれい参連さんれん織女しょくじょ芒間ぼうかんあい去ること二寸なるもの万二千具をく。曠野こうや草中そうちゅうには、方胸ほうきょう鋌矛ていぼう千二百具。鋌矛ていぼうる法、高さ一尺五寸、歩騎ほきやぶり、窮寇きゅうこうを要し、走りぐるをさえぎる。狭路きょうろ微径びけい地陥ちかんには鉄械鎖てつかいさ参連さんれん、百二十具。歩騎ほきやぶり、窮寇きゅうこうを要し、走りぐるをさえぎる。
  • 螂 … 底本では「蜋」に作るが、『直解』に従い改めた。
壘門拒守、矛戟小櫓十二具、絞車連弩自副。三軍拒守、天羅虎落鎖連一部、廣一丈五尺、高八尺、百二十具。虎落劔刃扶胥、廣一丈五尺、高八尺、五百一十具
塁門るいもん拒守きょしゅには、矛戟ぼうげき小櫓しょうろ十二具、絞車こうしゃ連弩れんどみずからふくたり。三軍の拒守きょしゅには、天羅てんら虎落こらく鎖連されんの一部、広さ一丈五尺、高さ八尺なるもの百二十具。虎落こらく剣刃けんじん扶胥ふしょ、広さ一丈五尺、高さ八尺なるもの五百一十
  • 五百一十具 … 底本では「五百十具」に作るが、『直解』に従い改めた。
渡溝、飛橋一間、廣一丈五尺、長二丈以上、轉關轆轤八具、以環利通索張之。渡大水、飛江、廣一丈五尺、長二丈以上八具、以環利通索張之。天浮鐵螳、矩内圓外、徑四尺以上、環絡自副、三十二具。以天浮張飛江、濟大海。謂之天潢。一名天
溝塹こうざんを渡るには、飛橋ひきょう一間いっけん、広さ一丈五尺、長さ二丈以上にして、転関てんかん轆轤ろくろけたるもの八具、環利かんり通索つうさくをもってこれを張る。大水たいすいを渡るには、飛江ひこう、広さ一丈五尺、長さ二丈以上なるもの八具、環利かんり通索つうさくをもってこれを張る。天浮てんぷ鉄螳螂てつとうろう、内をにし外をえんにし、けい四尺以上にして、環絡かんらくみずからたすくるもの三十二具。天浮てんぷをもって飛江ひこうを張り、大海をわたる。これを天潢てんこうと謂う。一に天舡てんこうづく。
  • 塹 … 底本では「壍」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 著 … 底本では「着」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 螂 … 底本では「蜋」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 舡 … 『直解』では「船」に作る。
山林野居、結虎落柴營。環利鐵鎖、長二丈以上、千二百枚。環利大通索、大四寸、長四丈以上、六百枚。環利中通索、大二寸、長四丈以上、二百枚。環利小微縲、長二丈以上、萬二千枚。天雨、蓋重車上板、結枲鉏鋙、廣四尺、長四丈以上、車一具、以鐵杙張之。
山林野居やきょには、虎落こらく柴営さいえいを結ぶ。環利かんり鉄鎖てっさ、長さ二丈以上なるもの千二百枚。環利かんり大通索だいつうさく、大きさ四寸、長さ四丈以上なるもの六百枚。環利かんり中通索ちゅうつうさく、大きさ二寸、長さ四丈以上なるもの二百枚。環利かんり小微縲しょうきるい、長さ二丈以上なるものまん二千枚。てんあめふるには、重車じゅうしゃの上をおおう板、結枲けっし鉏鋙そご、広さ四尺、長さ四丈以上なるもの、車ごとに一具、鉄杙てつよくをもってこれをる。
伐木斧、重八斤、柄長三尺以上、三百枚。棨钁刃廣六寸、柄長五尺以上、三百枚。銅築固爲垂、長五尺以上、三百枚。鷹爪方胷鐵杷、柄長七尺以上、三百枚。方胷鐵叉、柄長七尺以上、三百枚。方胷兩枝鐵叉、柄長七尺以上、三百枚。芟草木大鎌、柄長七尺以上、三百枚。大櫓刀、重八斤、柄長六尺、三百枚。委環鐵杙、長三尺以上、三百枚。椓杙大鎚、重五斤、柄長二尺以上、百二十具。
木を天斧てんぷ、重さ八斤、の長さ三尺以上なるもの三百枚。棨钁けいかくの広さ六寸、柄の長さ五尺以上なるもの三百枚。銅築固為垂どうちくこいすい、長さ五尺以上なるもの三百枚。鷹爪ようそう方胸ほうきょう鉄杷てっぱ、柄の長さ七尺以上なるもの三百枚。方胸ほうきょう鉄叉てっさ、柄の長さ七尺以上なるもの三百枚。方胸ほうきょう両枝りょうし鉄叉てっさ、柄の長さ七尺以上なるもの三百枚。草木を大鎌おおがま、柄の長さ七尺以上なるもの三百枚。大櫓刀だいろじん、重さ八斤、柄の長さ六尺なるもの三百枚。委環いかん鉄杙てつよく、長さ三尺以上なるもの三百枚。くい大鎚だいつい、重さ五斤、柄の長さ二尺以上なるもの百二十
  • 天 … 底本では「大」に作るが、『直解』に従い改めた。
甲士萬人、強弩六千、戟二千、矛楯二千。修治攻具、砥礪兵器巧手三百人。此舉兵軍用之大數也。
甲士こうし万人、強弩きょうど六千、戟櫓げきろ二千、矛楯ぼうじゅん二千。攻具こうぐ修治しゅうちし、兵器を砥砺しれいする巧手こうしゅ三百人。これ兵をぐる軍用の大数たいすうなり」。
  • 櫓 … 底本では「楯」に作るが、『直解』に従い改めた。
武王曰、允哉。
おうわく、「まことなるかな」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十