>   その他   >   六韜   >   突戦第四十四

六韜 突戦第四十四

武王問太公曰、敵人深入長驅、侵掠我地、驅我牛馬、其三軍大至、薄我城下、吾士卒大恐、人民係累、爲敵所虜、吾欲以守則固、以戰則勝。爲之奈何。
おう太公たいこうに問うていわく、「敵人深くりて長駆ちょうくし、わが地を侵掠しんりゃくし、わが牛馬をり、その三軍おおいに至り、わが城下にせまり、わが士卒おおいに恐れ、人民係累けいるいせられて、敵のとりことするところとならんに、われ、もって守ればすなわち固く、もって戦えばすなわち勝たんとほっす。これをなすこといかん」。
太公曰、如此者、謂之突兵。其牛馬必不得食、士卒絶糧。暴撃而前、令我遠邑別軍、選其鋭士、疾撃其後、審其期日、必會於晦、三軍疾戰、敵人雖衆、其將可虜。
太公たいこういわく、「かくのごとき者は、これを突兵とっぺいと謂う。その牛馬は必ずくらうを得ず、士卒はりょうを絶たん。にわかに撃ちてすすみ、わが遠邑えんゆうの別軍をして、その鋭士を選び、くその後ろを撃たしめ、その期日をつまびらかにし、必ずかいに会して、三軍く戦わば、敵人おおしといえども、そのしょうとりこにすべし」。
武王曰、敵人分爲三四、或戰而侵掠我地、或止而収我牛馬、其大軍未盡至、而使寇薄我城下、致吾三軍恐懼。爲之奈何。
おういわく、「敵人分かれて三四となり、あるいは戦いてわが地を侵掠しんりゃくし、あるいはとどまりてわが牛馬をおさめ、その大軍いまだことごとく至らざるに、あだをしてわが城下にせまらしめ、わが三軍のきょういたす。これをなすこといかん」。
太公曰、謹候敵人、未盡至則設備而待之、去城四里而爲壘、金鼓旌旗、皆列而張、別隊爲伏兵、令我壘上多積強弩、百歩一突門、門有行馬、車騎居外、勇力鋭士隱伏而處。敵人若至、使我輕卒合戰而佯走、令我城上立旌旗、撃鼙鼓、完爲守備。敵人以我爲守城、必薄我城下。發吾伏兵、以衝其内、或撃其外、三軍疾戰、或撃其前、或撃其後、勇者不得闘、輕者不及走。名曰突戰。敵人雖衆、其將必走。
太公たいこういわく、「謹んで敵人をうかがい、いまだことごとく至らざればすなわち備えを設けてこれを待ち、城を去ること四里にしてるいつくり、金鼓せい、みなつらねてり、隊を別ちて伏兵となし、わが塁上るいじょうをして多く強弩きょうどを積ましめ、百歩ごとに一の突門とつもんあり、門に行馬こうばあり、車騎は外にり、勇力の鋭士は隠伏いんぷくしておる。敵人もし至らば、わが軽卒をして戦いを合わせていつわり走らしめ、わが城上にせいを立て、鼙鼓へいこを撃ち、まったく守備をなさしめよ。敵人、われをもって城を守るとなし、必ずわが城下にせまらん。わが伏兵を発して、もってその内をき、あるいはその外を撃ち、三軍く戦い、あるいはその前を撃ち、あるいはその後ろを撃たば、勇者も闘うを得ず、軽者けいしゃも走るに及ばず。名づけて突戦と曰う。敵人おおしといえども、そのしょう必ずはしらん」。
武王曰、善哉。
おういわく、「きかな」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十