>   その他   >   六韜   >   敵強第四十五

六韜 敵強第四十五

武王問太公曰、引兵深入諸侯之地、與敵人衝軍相當、敵衆我寡、敵強我弱、敵人夜來、或攻吾左、或攻吾右、三軍震動、吾欲以戰則勝、以守則固。爲之奈何。
おう太公たいこうに問うていわく、「兵を引いて深く諸侯の地にり、敵人の衝軍しょうぐんあい当たるに、敵はおおくわれはすくなく、敵は強くわれは弱く、敵人よる来りて、あるいはわが左をめ、あるいはわが右を攻め、三軍震動しんどうするとき、われもって戦えばすなわち勝ち、もって守ればすなわちかたからんことをほっす。これをなすこといかん」。
太公曰、如此者、謂之震寇。利以出戰、不可以守。選吾材士強弩車騎爲左右、疾撃其前、急攻其後、或撃其表、或撃其裏、其卒必亂、其將必駭。
太公たいこういわく、「かくのごとき者は、これを震寇しんこうと謂う。もってでて戦うに利あり、もって守るべからず。わが材士、強弩きょうど、車騎を選びでこれが左右となし、くその前を撃ち、急にそのうしろを攻め、あるいはその表を撃ち、あるいはそのその裏を撃たば、そのそつ必ず乱れ、そのしょう必ずおどろかん」。
  • 之 … 『直解』にはこの字なし。
武王曰、敵人遠遮我前、急攻我後、斷我鋭兵、絶我材士、吾内外不得相聞、三軍擾亂、皆而走、士卒無闘志、將吏無守心、爲之奈何。
おういわく、「敵人遠くわが前をさえぎり、急にわが後ろを攻め、わが鋭兵えいへいを断ち、わが材士を絶ち、わが内外あい聞くことを得ず、三軍擾乱じょうらんし、みなさんじて走り、士卒に闘志なく、将吏しょうりに守るこころなくんば、これをなすこといかん」。
  • 散 … 『直解』では「敗」に作る。
太公曰、明哉、王之問也。當明號審令。出我勇鋭冒將之士、人操炬火、二人同鼓、必知敵人所在、或撃其表、或撃其裏、微號相知、令之滅火、鼓音皆止、中外相應、期約皆當、三軍疾戰、敵必敗亡。
太公たいこういわく、「めいなるかな、王の問いや。まさに号を明らかにし令をつまびらかにすべし。わが勇鋭ゆうえい冒将ぼうしょうの士をだし、人ごとに炬火きょかり、二人ともに鼓し、必ず敵人のあるところを知り、あるいはその表を撃ち、あるいはその裏を撃ち、微号びごうしてあい知り、これをして火をし、鼓音こおんみなめ、中外あい応じ、期約きやくみな当たらしめ、三軍く戦わば、敵必ず敗亡はいぼうせん」。
武王曰、善哉。
おういわく、「きかな」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十