>   その他   >   六韜   >   塁虚第四十二

六韜 塁虚第四十二

武王問太公曰、何以知敵壘之虚實、自來自去。
おう太公たいこうに問うてわく、「何をもってか、敵塁てきるい虚実きょじつ、みずから来たりみずから去るをらん」。
太公曰、將必上知天道、下知地理、中知人事、登高下望、以觀敵之變動。望其壘則知其虚實、望其士卒則知其去來
太公たいこうわく、「しょうは必ず上は天道を知り、下は地理を知り、中は人事を知り、高きに登り下望かぼうして、もって敵の変動を観る。そのるいを望めばすなわちその虚実を知り、その士卒を望めばすなわちその去来きょらいる」。
  • 去來 … 『直解』では「來去」に作る。
武王曰、何以知之。
おうわく、「何をもってこれを知る」。
太公曰、聽其鼓無音、鐸無聲、望其壘上、多飛鳥而不驚、上無氛氣、必知敵詐而爲偶人也。敵人卒去不遠、未定而復者、彼用其士卒太疾也。太疾則前後不相次。不相次則行陳必亂。如此者、急出兵撃之。以少撃衆、則必矣。
太公たいこうわく、「そのを聴くに音なく、たくに声なく、その塁上るいじょうを望むに、飛鳥ひちょう多くして驚かず、上に氛気ふんきなきは、必ず敵いつわりて偶人ぐうじんつくることを知るなり。敵人にわかに去りて遠ざからず、いまだ定まらずしてまたかえるは、彼、その士卒を用うることはなはだはやきなり。はなはだはやければすなわち前後あいがず。あいがざればすなわち行陳こうじん必ず乱る。かくのごとき者は、急に兵をだしてこれを撃て。少をもって衆を撃つも、すなわち必ずたん」。
  • 返 … 『直解』では「反」に作る。
  • 勝 … 『直解』では「敗」に作る。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十