>   その他   >   六韜   >   軍略第三十五

六韜 軍略第三十五

武王問太公曰、引兵深入諸侯之地、遇深谿大谷險阻之水、吾三軍未得畢濟、而天暴雨、流水大至、後不得屬於前、無舟梁之備、又無水草之資、吾欲畢濟、使三軍不稽留。爲之奈何。
おう太公たいこうに問うてわく、「兵を引いて深く諸侯の地にり、深渓しんけい大谷たいこく険阻けんその水にい、わが三軍いまだことごとわたるを得ざるに、天にわかに雨ふり、りゅうすい大いに至り、後は前につづくことを得ず、舟梁しゅうりょうの備えあるなく、また水草のなきに、われことごとわたりて、三軍をして稽留けいりゅうせざらしめんとほっす。これをなすこといかん」。
  • 有 … 『直解』にはこの字なし。
太公曰、凡帥師將衆、慮不先設、器械不備、教不信、士卒不習、若此不可以爲王者之兵也。凡三軍有大事、莫不習用器械。
太公たいこうわく、「およそ師をひきい衆をひきいるに、おもんぱかり先ずもうけず、器械そなえず、教え精信せいしんならず、士卒ならわず、かくのごときはもって王者のへいとなすべからざるなり。およそ三軍に大事あれば、器械を習いもちいざるなし。
  • 精 … 底本では「素」に作るが、『直解』に従い改めた。
攻城圍邑則有轒轀臨衝。視城中則有雲梯飛樓。三軍行止則有武衝大櫓、前後拒守。絶道遮街則有材士強弩、衞其兩旁。設營壘則有天羅武落行馬蒺藜。
もし城を攻めゆうを囲むには、すなわち轒轀ふんおん臨衝りんしょうあり。城中を視るには、すなわち雲梯うんてい飛楼ひろうあり。三軍の行止には、すなわち武衝ぶしょう大櫓たいろありて、前後ふせぎ守る。道を絶ちまちさえぎるには、すなわち材士ざいし強弩きょうどありて、その両旁りょうぼうまもる。営塁えいるいを設くるには、すなわち天羅てんら武落ぶらく行馬こうば蒺藜しつれいあり。
  • 若 … 底本にこの字はないが、『直解』にあるので補った。
晝則登雲梯遠望、立五色旗旌。夜則設雲火萬炬、撃雷皷、振鼙鐸、吹鳴笳。越溝壍則有飛橋轉關轆轤鉏鋙。濟大水則有天潢飛江。逆波上流則有浮海絶江。三軍用備、主將何憂。
昼はすなわち雲梯うんていに登りて遠く望み、五色ごしき旗旌きせいを立つ。夜はすなわち雲火うんか万炬ばんきょを設け、雷鼓らいこを撃ち、鼙鐸へいたくを振るい、鳴笳めいかを吹く。溝塹こうざんを越ゆるには、すなわち飛橋ひきょう転関てんかん轆轤ろくろ鉏鋙そごあり。大水をわたるには、すなわち天潢てんこう飛江ひこうあり。波にさからい流れを上るには、すなわち浮海ふかい絶江ぜっこうあり。三軍のよう備わらば、主将しゅしょう何をかうれえん」。
  • 旗旌 … 『直解』では「旌旗」に作る。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十