>   その他   >   六韜   >   均兵第五十五

六韜 均兵第五十五

武王問太公曰、以車與歩卒戰、一車當幾歩卒、幾歩卒當一車。以騎與歩卒戰、一騎當幾歩卒、幾歩卒當一騎。以車與騎戰、一車當幾騎、幾騎當一車。
おう太公たいこうに問うてわく、「車をもって歩卒ほそつと戦わば、一車は幾歩卒いくほそつに当たり、幾歩卒か一車に当たる。をもって歩卒と戦わば、一騎いっきは幾歩卒に当たり、幾歩卒か一騎に当たる。しゃをもって騎と戦わば、一車いっしゃ幾騎いくきに当たり、幾騎か一車にたる」。
太公曰、車者、軍之羽翼也。所以陥堅陳、要敵、遮走北也。騎者、軍之伺候也。所以踵敗軍、絶糧道、撃便寇也。故車騎不敵戰、則一騎不能當歩卒一人。三軍之衆、成陳而相當、則易戰之法、一車當歩卒八十人、八十人當一車、一騎當歩卒八人、八人當一騎、一車當十騎、十騎當一車。
太公たいこうわく、「しゃは軍の羽翼うよくなり。堅陳けんじんおとしいれ、彊敵きょうてきを要し、走りぐるをさえぎるゆえんなり。騎は軍の伺候しこうなり。敗軍をい、りょうどうを絶ち、便寇べんこうを撃つゆえんなり。ゆえに車騎は敵せずして戦わば、すなわち一騎は歩卒一人いちにんに当たることあたわず。三軍の衆、じんを成してあい当たるに、すなわち易戦いせんの法、一車は歩卒八十人に当たり、八十人は一車に当たり、一騎いっきは歩卒八人に当たり、八人は一騎に当たり、一車は十騎じっきに当たり、十騎は一車にたる。
  • 彊 … 『直解』では「強」に作る。
險戰之法、一車當歩卒四十人、四十人當一車、一騎當歩卒四人、四人當一騎、一車當六騎、六騎當一。夫車騎者、軍之武兵也。十乗敗千人、百乗敗萬人。十騎百人、百騎走千人。此其大數也。
険戦けんせんの法、一車は歩卒ほそつ四十人に当たり、四十人は一車に当たり、一騎は歩卒ほそつ四人に当たり、四人は一騎に当たり、一車は六騎ろっきに当たり、六騎は一車に当たる。それ車騎は軍の武兵ぶへいなり。十乗は千人をやぶり、百乗は万人をやぶる。十騎は百人をやぶり、百騎は千人を走らす。これその大数たいすうなり」。
  • 車 … 底本では「卒」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 敗 … 『直解』では「走」に作る。
武王曰、車騎之吏数与陳法奈何。
おうわく、「車騎の吏数りすう陳法じんぽうはいかん」。
太公曰、置車之吏數、五車一長、十車一吏、五十車一率、百車一將。易戰之法、五車爲列、相去四十歩、左右十歩、隊間六十歩。險戰之法、車必循道、十車爲聚、二十車爲屯、前後相去二十歩、左右六歩、隊間三十六歩。五車一長。縱横相去里、各返故道。
太公たいこうわく、「車に置くの吏数りすうは、五車に一長、十車に一吏、五十車に一率いっそつ、百車にいっしょうなり。易戦いせんの法は、五車、列をなし、あい去ること四十歩、左右十歩、たいあいだは六十歩なり。険戦けんせんの法は、車は必ず道にしたがい、十車をしゅうとなし、二十車をとんとなし、前後あい去ること二十歩、左右六歩、たいあいだは三十六歩。五車に一長あり。<じゅうおうあい去ること一里、おのおの故道こどうかえる。
  • 一 … 底本では「二」に作るが、『直解』に従い改めた。
置騎之吏數、五騎一長、十騎一吏、百騎一率、二百騎一將。易戰之法、五騎爲列、前後相去二十歩、左右四歩、隊間五十歩。險戰者、前後相去十歩、左右二歩、隊間二十五歩。三十騎爲一屯、六十騎爲一輩、十騎一吏。縱横相去百歩、周各復故處。
騎に置くの吏数りすうは、五騎に一長、十騎に一吏、百騎に一率、二百騎にいっしょうなり。易戦いせんの法は、五騎、列をなし、前後あい去ること二十歩、左右四歩、たいあいだは五十歩。険戦けんせんには、前後あい去ること十歩、左右二歩、たいあいだは二十五歩。三十騎を一屯いっとんとなし、六十騎を一輩いちはいとなし、十騎に一吏あり。<じゅうおうあい去ること百歩、周環しゅうかんしておのおの故処こしょかえる」。
  • 環 … 『直解』では「還」に作る。
武王曰、善哉。
おうわく、「きかな」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十