>   その他   >   六韜   >   陰書第二十五

六韜 陰書第二十五

武王問太公曰、引兵深入諸侯之地、主將欲合兵行無窮之變、圖不測之利。其事繁多、符不能明、相去遼遠、言語不通。爲之奈何。
おう太公たいこうに問うていわく、「兵を引きて深く諸侯の地に入り、しゅしょう、兵をがっしてきゅうの変を行い、不測ふそくの利をはからんと欲す。そのこと繁多はんたにして、も明らかにすることあたわず、あい去ること遼遠りょうえんにして、言語もつうぜず。これをなすこといかん」。
太公曰、諸有陰事大慮、當用書不用符。主以書遺將、將以書問主。書皆一合而再離、三發而一知。再離者、分書爲三部。三發而一知者、言三人、人操一分、相參而不使知情也。此謂陰書。敵雖聖智、莫之能識。
太公たいこういわく、「もろもろの陰事いんじ大慮たいりょあれば、まさに書をもちいてを用いざるべし。しゅは書をもってしょうおくり、しょうは書をもってしゅに問う。書はみな一合いちごうして再離さいりし、三発さんぱつして一知いっちす。再離さいりとは、書を分かちて三部となす。三発して一知すとは、三人、人ごとに一分いちぶんり、あいまじえて情を知らしめざるを言うなり。これを陰書いんしょう。敵、聖智せいちといえども、これをよくるなし」。
  • 使 … 底本では「相」に作るが、『直解』に従い改めた。
武王曰、善哉。
おういわく、「いかな」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十