>   その他   >   六韜   >   文啓第十四

六韜 文啓第十四

文王問太公曰、聖人何守。太公曰、何憂何嗇。萬物皆得。何嗇何憂。萬物皆遒。政之所施、莫知其化。時之所在、莫知其移。聖人守此而萬物化。何窮之有。終而復始。
文王ぶんおう太公たいこうに問うていわく、「聖人は何をか守る」。太公たいこういわく、「何をかうれい何をかおしまん。万物ばんぶつみな。何をかおしみ何をかうれえん。万物みなあつまる。せいほどこすところ、そのを知るなし。時のあるところ、その移るを知るなし。聖人これを守りて万物す。なんきわまりかこれあらん。終わりてまたはじまる。
游之、展轉求之。求而得之、不可不藏。既以藏之、不可不行。既以行之、勿復明之。夫天地不自明、故能長生。聖人不自明、故能名彰。
ゆうにしてこれをゆうし、展転てんてんしてこれを求む。求めてこれをれば、ぞうせざるべからず。すでにしてもってこれをぞうせば、行なわざるべからず。すでにしてもってこれを行なえば、またこれをあきらかにするなかれ。それ天地はみずから明らかにせず、ゆえによく長生ちょうせいす。聖人はみずから明らかにせず、ゆえによくあらわる。
  • 而 … 底本では「之」に作るが、『直解』に従い改めた。
古之聖人、聚人而爲家、聚家而爲國、聚國而爲天下、分封賢人以爲萬國。命之曰大紀。陳其政教、順其民俗、羣曲化直、變於形容。萬國不通、各樂其所、人愛其上。命之曰大定。
いにしえの聖人は、人をあつめて家となし、家をあつめて国となし、国をあつめて天下となし、賢人を分封ぶんぽうしてもって万国となす。これをなづけて大紀たいきと曰う。その政教せいきょうべ、その民俗にしたがい、群曲ぐんきょくちょくし、形容を変ず。万国つうぜざれども、おのおのその所を楽しみ、人その上を愛す。これをなづけて大定たいていう。
嗚呼、聖人務靜之、賢人務正之。愚人不能正。故與人爭。上勞則刑繁、刑繁則民憂。民憂則流亡、上下不安其生、累丗不休。命之曰大失。
嗚呼ああ、聖人はこれを静かにせんと務め、賢人はこれを正さんと務む。愚人ぐじんは正しくするあたわず。ゆえに人と争う。かみろうすればすなわちけいしげく、けいしげければすなわちたみうれう。たみうれうればすなわち流亡るぼうし、上下しょうかそのせいやすんぜず、累世るいせい休まず、これをなづけて大失たいしつう。
天下之人如流水。障之則止、啓之則行、靜之則清。嗚呼、神哉。聖人見其始則知其終
天下の人はりゅうすいのごとし。これをふさげばすなわちとどまり、これをひらけばすなわち行き、これを静かにすればすなわち清し。嗚呼ああしんなるかな。聖人はその始めを見ればすなわちその終わりをる」。
  • 其始則知其終 … 底本では「其始則知其終」に作るが、『直解』に従い改めた。
文王曰、靜之奈何。太公曰、天有常形、民有常生。與天下共其生而天下靜矣。太上因之、其次化之。夫民化而從政。是以天無爲而成事、民無與而自富。此聖人之徳也。
文王ぶんおういわく、「これを静かにするはいかん」。太公たいこういわく、「天に常形じょうけいあり、民に常生じょうせいあり。天下とそのせいをともにして天下しずかなり。太上たいじょうはこれにより、その次はこれをす。それ民してせいに従う。ここをもって天はなすなくしてことし、民はあたうるなくしておのずから富む。これ聖人のとくなり」。
文王曰、公言乃協予懷、夙夜念之不忘、以用爲常。
文王ぶんおういわく、「こうげんすなわちおもいにかなえり。夙夜しゅくやこれをおもいて忘れず、もってもちいてじょうとなさん」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十