>   その他   >   六韜   >   絶道第三十九

六韜 絶道第三十九

武王問太公曰、引兵深入諸侯之地、與敵相守、敵人絶我粮道、又越我前後、吾欲戰則不可勝、欲守則不可久。爲之奈何。
おう太公たいこうに問うてわく、「兵を引いて深く諸侯の地に入り、敵とあい守りて、敵人わが糧道りょうどうを絶ち、またわが前後を越え、われ戦わんと欲すればすなわちつべからず、守らんと欲すればすなわちひさしくすべからず。これをなすこといかん」。
太公曰、凡深入敵人之、必察地之形勢、務求便利、依山林險阻、水泉林木、而爲之固、謹守關梁、又知城邑丘墓地形之利。如是則我軍堅固、敵人不能絶我粮道、又不能越我前後。
太公たいこうわく、「およそ深く敵人のきょうに入れば、必ず地の形勢を察し、務めて便利を求め、山林、険阻けんそ、水泉、林木にりて、これが固めとなし、謹んで関梁かんりょうを守り、また城邑じょうゆう丘墓きゅうぼ、地形の利を知れ。かくのごとくならば、すなわちわが軍堅固けんごにして、敵人わが糧道りょうどうを絶つことあたわず、またわが前後をゆることあたわず」。
  • 境 … 底本では「地」に作るが、『直解』に従い改めた。
武王曰、吾三軍過大廣澤平易之地、吾候望誤失、卒與敵人相薄、以戰則不勝、以守則不固、敵人翼我兩旁、越我前後、三軍大恐。爲之奈何。
おうわく、「わが三軍、大林たいりん広沢こうたく平易へいいの地を過ぎ、わが候望こうぼう誤り失して、にわかに敵人とあいせまり、もって戦えばすなわち勝たず、もって守ればすなわちかたからず、敵人わが両旁りょうぼうおおい、わが前後を越え、三軍大いにおそる。これをなすこといかん」。
  • 林 … 底本では「陵」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 候望 … 底本では「盟」に作るが、『直解』に従い改めた。
太公曰、凡帥師之法、當先發遠候、去敵二百里、審知敵人所在。地勢不利、則以武爲壘而前、又置兩踵軍於後、遠者百里、近者五十里。即有警急、前後相、吾三軍常完堅、必無毀傷。
太公たいこうわく、「およそ師をひきいるの法は、まさに先ず遠候えんこうを発し、敵を去ること二百里にして、つまびらかに敵人のある所を知るべし。地勢ならずんば、すなわち武衝ぶしょうをもってるいとなしてすすみ、また両踵軍りょうしょうぐんを後ろに置き、遠き者は百里、近き者は五十里にせよ。もし警急けいきゅうあらば、前後あい救い、わが三軍つね完堅かんけんにして、必ず毀傷きしょうすることなからん」。
  • 衝 … 底本では「衞」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 衝 … 『直解』では「知」に作る。
武王曰、善哉。
おうわく、「きかな」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十