>   その他   >   六韜   >   疾戦第三十三

六韜 疾戦第三十三

武王問太公曰、敵人圍我、斷我前後、絶我糧道、爲之奈何。
おう太公たいこうに問うてわく、「敵人、われをわれみて、わが前後を断ち、わがりょうどうたば、これをなすこといかん」。
太公曰、此天下之困兵也。暴用之則勝、徐用之則敗。如此者、爲四武衝陳、以武車驍騎、驚亂其軍而疾撃之、可以横行。
太公たいこうわく、「これ天下の困兵こんぺいなり。にわかにこれを用うればすなわち勝ち、おもむろにこれを用うればすなわちやぶる。かくのごとき者は、四武しぶ衝陳しょうじんをなし、武車ぶしゃ驍騎ぎょうきをもって、その軍を驚乱きょうらんしてくこれを撃たば、もって横行おうこうすべし」。
武王曰、若已出圍地、欲因以爲勝、爲之奈何。
おうわく、「もしすでに囲地いちで、よってもってしょうをなさんとほっせば、これをなすこといかん」。
太公曰、左軍疾左、右軍疾右、無與敵人爭道、中軍迭前迭後、敵人雖衆、其將可走。
太公たいこうわく、「左軍さぐんひだりし、右軍ゆうぐんみぎし、敵人と道を争うなく、中軍ちゅうぐんたがいにすすたがいに後るれば、敵人おおしといえども、そのしょうはしらすべし」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十