>   その他   >   六韜   >   国務第三

六韜 国務第三

文王問太公曰、願聞爲國之大務。欲使主尊人安。爲之奈何。太公曰、愛民而已。文王曰、愛民奈何。太公曰、利而勿害、成而勿敗、生而勿殺、而勿奪、樂而勿苦、喜而勿怒。文王曰、敢請釋其故。
文王ぶんおう太公たいこうに問うてわく、「願わくは国をおさむるの大務たいむを聞かん。しゅをしてたっとく、人をしてやすからしめんと欲す。これをなすこといかん」。太公わく、「たみを愛するのみ」。文王わく、「民を愛することいかん」。太公わく、「して害するなかれ、成してやぶるなかれ、生かして殺すなかれ、あたえて奪うなかれ、楽しましめて苦しむるなかれ、喜ばしめて怒らすなかれ」。文王わく、「あえてう、そのゆえをけ」。
  • 與 … 『直解』では「予」に作る。
太公曰、民不失務、則利之。農不失時、則成之。不罰無罪、則生之。薄賦斂、則與之。儉宮室臺榭、則樂之。吏清不苛擾、則喜之。民失其務、則害之。農失其時、則敗之。無罪而罰、則殺之。重賦斂、則奪之。多營宮室臺榭以疲民力、則苦之。吏濁苛擾、則怒之。故善爲國者、馭民如父母之愛子、如兄之愛弟。見其寒、則爲之憂。見其勞苦、則爲之悲。賞罰如加於身、賦斂如取於己。此愛民之道也。
太公たいこうわく、「たみつとめを失わざるは、すなわちこれをするなり。のうときを失わざるは、すなわちこれを成すなり。罪なきをばっせざるは、すなわちこれをかすなり。賦斂ふれんを薄くするは、すなわちこれにあたうるなり。きゅうしつ台榭たいしゃけんするは、すなわちこれを楽しましむるなり。きよくして苛擾かじょうならざるは、すなわちこれを喜ばしむるなり。たみ、そのつとめを失うは、すなわちこれを害するなり。のう、そのときを失うは、すなわちこれをやぶるなり。罪なくしてばっするは、すなわちこれを殺すなり。賦斂ふれんを重くするは、すなわちこれを奪うなり。多くきゅうしつ台榭たいしゃいとなみてもって民の力をつからすは、すなわちこれを苦しむるなり。にごりて苛擾かじょうなるは、すなわちこれを怒らしむるなり。ゆえに善く国をおさむる者は、民をぎょすること父母の子を愛するがごとく、兄のおとうとを愛するがごとし。その飢寒きかんを見れば、すなわちこれがために憂え、その労苦ろうくを見れば、すなわちこれがために悲しむ。賞罰しょうばつは身にくわうるがごとく、賦斂ふれんおのれより取るがごとし。これたみを愛するのみちなり」。
  • 不罰無罪… 底本では「省刑罰」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 飢 … 『直解』では「饑」に作る。
  • 於己… 底本では「己物」に作るが、『直解』に従い改めた。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十