>   その他   >   六韜   >   挙賢第十

六韜 挙賢第十

文王問太公曰、君務舉賢而不能獲其功、世亂愈甚、以危亡者、何也。太公曰、舉賢而不用。是有舉賢之名、而無用賢之實也。文王曰、其失安在。太公曰、其失在君好用世俗之所譽、而不得賢也。
文王ぶんおう太公たいこうに問うていわく、「きみ、賢をぐるを務めて、その功をるあたわず、世の乱るることいよいよはなはだしく、もって危亡きぼうを致すはなんぞや」。太公たいこういわく、「賢をぐるももちいず、これ賢をぐるの名ありて、賢をもちうるのじつなきなり」。文王ぶんおういわく、「そのしついずくにかある」。太公いわく、「そのしつきみ、世俗のむるところをもちうるを好みて、その賢をざるにあるなり」。
  • 致 … 底本では「至」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 其 … 底本では「眞」に作るが、『直解』に従い改めた。
文王曰、何如。太公曰、君以世俗之所譽者爲賢、以世俗之所毀者爲不肖、則多黨者進、少黨者退。若是則羣邪比周而蔽賢、忠臣死於無罪、姦臣以虚譽取爵位。是以世亂愈甚。則國不免於危亡。
文王ぶんおういわく、「いかん」。太公たいこういわく、「きみ、世俗のむるところの者をもってけんとなし、世俗のそしるところの者をもって不肖ふしょうとなせば、すなわちとう多き者は進み、とう少き者は退しりぞく。かくのごとくなれば、すなわち群邪ぐんじゃ比周ひしゅうして賢をおおい、忠臣は罪なきに死し、姦臣かんしん虚誉きょよをもって爵位しゃくいを取る。ここをもって世の乱れいよいよはなはだし。すなわち国危亡きぼうまぬかれず」。
文王曰、舉賢奈何。太公曰、將相分職、而各以官名舉人、按名督實、選才考能、令實當其名、名當其實、則得舉賢之道也。
文王ぶんおういわく、「賢をぐることいかん」。太公たいこういわく、「将相しょうしょう、職をかちて、おのおの官名かんめいをもって人をげ、名をあんじつとくし、才を選びのうを考え、じつをしてそのに当たり、をしてそのじつに当たらしむれば、すなわち賢をぐるの道をるなり」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十