>   その他   >   六韜   >   烏雲山兵第四十七

六韜 烏雲山兵第四十七

武王問太公曰、引兵深入諸侯之地、遇高山盤石、其上亭亭、無有草木、四面受敵、吾三軍恐懼、士卒迷惑、吾欲以守則固、以戰則勝。爲之奈何。
おう太公たいこうに問うてわく、「兵を引いて深く諸侯の地にり、高山盤石ばんせきに遇い、その上は亭亭として、草木あるなく、四面に敵を受け、わが三軍きょうし、士卒迷惑するに、われもって守ればすなわち固く、もって戦わばすなわち勝たんとほっす。これをなすこといかん」。
太公曰、凡三軍處山之高、則爲敵所棲、處山之下、則爲敵所囚。既以被山而處、必爲烏雲之陳。烏雲之陳、陰陽皆備。或屯其陰、或屯其陽。處山之陽、備山之陰、處山之陰、備山之陽。處山之左、備山之右、處山之右、備山之左。敵所能陵者、兵備其表、衢道通谷、絶以武車、高置旌旗、謹勅三軍、無使敵人知吾之情。是謂山城。
太公たいこうわく、「およそ三軍、山の高きにれば、すなわち敵のます所となり、山のひくきにれば、すなわち敵のとらうる所となる。すでにもって山をこうむりてれば、必ず烏雲ううんじんつくれ。烏雲ううんじんは、陰陽みな備わる。あるいはその陰にたむろし、あるいはその陽にたむろす。山の陽にれば、山の陰に備え、山に陰にれば、山の陽に備う。山の左にれば、山の右に備え、山の右にれば、山の左に備う。敵のよくしのぐところの者は、兵その表に備え、衢道くどう通谷つうこくは、絶つに武車をもってし、高くせいを置き、謹んで三軍にちょくし、敵人をしてわが情を知らしむることなかれ。これを山城さんじょうう。
行列已定、士卒已陳、法令已行、奇正已設、各置衝陳於山之表、便兵所處、乃分車騎爲烏雲之陳、三軍疾戰、敵人雖衆、其將可擒。
行列こうれつすでに定まり、士卒すでにじんし、法令すでに行なわれ、奇正すでに設け、おのおの衝陳しょうじんを山の表に置き、兵のる所を便べんにし、すなわち車騎を分かちて烏雲ううんじんつくり、三軍く戦わば、敵人おおしといえども、そのしょうとりこにすべし」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十