>   その他   >   六韜   >   火戦第四十一

六韜 火戦第四十一

武王問太公曰、引兵深入諸侯之地、遇深草蓊穢、周吾軍前後左右、三軍行數百里、人馬疲倦休止、敵人因天燥疾風之利、燔吾上風、車騎鋭士、堅伏吾後、三軍恐怖、散亂而走。爲之奈何。
おう太公たいこうに問うてわく、「兵を引いて深く諸侯の地にりて、深草しんそう蓊穢おうあいとして、わが軍の前後左右をめぐるにい、三軍行くこと数百里、人馬疲倦ひけんして休止するに、敵人、天燥てんそう疾風しっぷうの利により、わが上風をき、車騎鋭士えいし、堅くわが後ろに伏せば、三軍恐怖し、散乱してはしらん。これをなすこといかん」。
太公曰、若此者、則以雲梯飛樓、遠望左右、謹察前後、見火起、即燔吾前而廣延之、又燔吾後。敵人至、即引軍而却、按黒地而堅處。敵人之來、猶在吾後、見火起、必走。吾按黒地而處、強弩材士、衛吾左右、又燔吾前後。若此則不能害我。
太公たいこうわく、「かくのごとき者は、すなわち雲梯うんてい飛楼ひろうをもって、遠く左右を望み、謹んで前後を察し、火の起こるを見ば、すなわちわが前をきて広くこれをべ、またわが後ろをけ。敵人もし至らば、すなわち軍を引いてしりぞき、黒地をあんじて堅くおれ。敵人の来たる、なおわが後ろにあり、火の起こるを見ば、必ずかえり走らん。われ、黒地をあんじており、強弩きょうど材士、わが左右をまもり、またわが前後をけ。かくのごとくならば、すなわち敵、われをがいすることあたわず」。
  • 若 … 『直解』では「苟」に作る。
  • 還 … 『直解』では「遠」に作る。
  • 敵 … 『直解』では「敵」に作る。
武王曰、敵人燔吾左右、又燔吾前後、覆吾軍、其大兵按黒地而起、爲之奈何。
おうわく、「敵人、わが左右をき、またわが前後をき、けむり、わが軍をおおい、その大兵、黒地をあんじてこらば、これをなすこといかん」。
  • 煙 … 『直解』では「烟」に作る。
太公曰、若此者、爲四武衝陳、強弩翼吾左右。其法無勝、亦無負。
太公たいこうわく、「かくのごとき者は、四武しぶ衝陳しょうじんつくり、強弩きょうど、わが左右をたすけよ。その法つことなくとも、またくることなからん」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十