>   その他   >   六韜   >   兵徴第二十九

六韜 兵徴第二十九

武王問太公曰、吾欲未戰、先知敵人之強弱、豫見勝負之徴。爲之奈何。太公曰、勝負之徴、精神先見。明將察之。其在人。謹候敵人出入進退、察其動靜、言語、祥、士卒所告。
おう太公たいこうに問うていわく、「われ、いまだ戦わずして、先ず敵人の強弱を知り、あらかじめ勝負のちょうを見んと欲す。これをなすこといかん」。太公たいこういわく、「勝負のちょうは、精神先ずあらわる。明将めいしょうはこれを察す。そのこう、人にあり。謹んで敵人の出入進退をうかがい、その動静、言語、妖祥ようしょうそつぐるところをさっす。
  • 效 … 底本では「敗」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 妖 … 底本では「祅」に作るが、『直解』に従い改めた。
凡三軍説懌、士卒畏法、敬其將命、相喜以破敵、相陳以勇猛、相賢以威武、此強徴也。
およそ三軍説懌えつえきし、そつ法をおそれ、その将命しょうめいけいし、あい喜ぶに敵を破らんことをもってし、あいぶるに勇猛をもってし、あいけんとするに威武いぶをもってするは、これきょうちょうなり。
三軍數驚、士卒不齊、相恐以敵強、相語以不利、耳目相屬、言不止、衆口相惑、不畏法令、不重其將、此弱徴也。
三軍しばしば驚き、そつひとしからず。あい恐るるに敵の強きをもってし、あい語るに不利をもってし、もくあいぎ、妖言ようげんまず、衆口しゅうこうあい惑わし、法令をおそれず、そのしょうを重んぜざるは、これじゃくちょうなり。
  • 妖 … 底本では「祅」に作るが、『直解』に従い改めた。
三軍齊整、陳勢固、深溝高壘、又有大風甚雨之利、三軍無故、旌旗前指、金鐸之聲、揚以清、鼙鼓之聲、宛以鳴、此得神明之助、大勝之徴也。
三軍斉整せいせいし、陳勢じんせいもって固く、みぞを深くしるいを高くし、また大風甚雨じんうの利あり、三軍なく、せい前に指し、金鐸きんたくの声、がりてもって清く、鼙鼓へいこの声、えんとしてもって鳴るは、これ神明しんめいの助けを得て、大勝するのちょうなり。
  • 以 … 底本では「已」に作るが、『直解』に従い改めた。
行陳不固、旌旗亂而相、逆大風甚雨之利、士卒恐懼、氣絶而不屬、戎馬驚奔、兵車折軸、金鐸之聲、下以濁、鼙鼓之聲、濕沐、此大敗之徴也。
行陳こうじん固からず、せい乱れてあいめぐり、大風甚雨じんうの利にさからい、そつきょうし、気えてつづかず、じゅう驚きはしり、兵車じくを折り、金鐸きんたくの声、ひくくしてもってにごり、鼙鼓へいこの声、湿うるおいてもってもくするは、これ大敗のちょうなり。
  • 遶 … 底本では「繞」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 以 … 底本では「如」に作るが、『直解』に従い改めた。
凡攻城圍邑、城之氣色如死灰、城可屠。城之氣出而北、城可克。城之氣出而西、城降。城之氣出而南、城不可拔。城之氣出而東、城不可攻。城之氣出而復入、城主逃北。城之氣出而覆我軍之上、軍必病。城之気出高而無所止、用長久。
およそ城を攻めゆうを囲むに、城の気色きしょく死灰しはいのごとくなるは、城ほふるべし。城の気でてきたするは、城つべし。城の気でて西にしするは、城くだすべし。城の気でてみなみするは、城くべからず。城の気でてひがしするは、城むべからず。城の気でてまたるは、城主のがぐ。城の気でてわが軍の上をおおえば、軍必ずむ。城の気でて高くしてとどまるところなきは、兵をもちうること長久ちょうきゅうなり。
  • 可 … 底本では「必」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 兵 … 底本では「曰」に作るが、『直解』に従い改めた。
凡攻城圍邑、過旬不雷不雨、必亟去之、城必有大輔。此所以知可攻而攻、不可攻而止。武王曰、善哉。
およそ城を攻めゆうを囲むに、じゅんを過ぐるもらいせずあめふらざれば、必ずすみやかにこれを去れ。城必ず大輔たいほあらん。これ攻むべきを知りて攻め、攻むべからずしてむゆえんなり」。おういわく、「いかな」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十