>   その他   >   六韜   >   巻五 豹韜:敵武第四十六

六韜:てき第四十六

武王問太公曰、引兵深入諸侯之地、卒遇敵人、甚衆且武。武車驍騎、繞我左右、吾三軍皆震、走不可止。爲之奈何。
おう太公たいこううていわく、へいいてふか諸侯しょこうり、にわかに敵人てきじんうに、はなはおおなり。しゃぎょうゆうめぐり、三軍さんぐんみなふるえ、はしりてとどからず。これすこと奈何いかん
  • ウィキソース「六韜」参照。
太公曰、如此者謂之敗兵。善者以勝、不善者以亡。
太公たいこういわく、かくごとものは、これ敗兵はいへいう。ぜんなるものもっち、ぜんなるものもっほろぶ。
武王曰、爲之奈何。
おういわく、これすこと奈何いかん
  • 爲 … 底本では「用」に作るが、『直解』に従い改めた。
太公曰、伏我材士強弩、武車驍騎、爲之左右、常去前後三里。敵人逐我、發我車騎、衝其左右。如此則敵人擾亂、吾走者自止。
太公たいこういわく、ざいきょうせ、しゃぎょうこれゆうし、つねぜんることさんならしむ。敵人てきじんわれわば、しゃはっして、ゆうかん。かくごとくならば、すなわ敵人てきじんじょうらんし、はしものおのずからとどまらん。
武王曰、敵人與我車騎相當、敵衆我寡、敵強我弱、其來整治精鋭、吾陳不敢當。爲之奈何。
おういわく、敵人てきじんしゃあいあたり、てきおおわれすくなく、てきつよわれよわく、きたることせい精鋭せいえいにして、じんあえあたらず。これすこと奈何いかん
太公曰、選我材士強弩、伏於左右、車騎堅陳而處。敵人過我伏兵、積弩射其左右、車騎鋭兵、疾撃其軍、或撃其前、或撃其後。敵人雖衆、其將必走。
太公たいこういわく、ざいきょうえらびて、ゆうせ、しゃかたじんしてれ。敵人てきじん伏兵ふくへいぎなば、せきゆうしゃ鋭兵えいへいぐんち、あるいはまえち、あるいはうしろをて。敵人てきじんおおしといえども、しょうかならはしらん。
武王曰、善哉。
おういわく、きかな。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陣第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十