>   その他   >   六韜   >   分合第五十一

六韜 分合第五十一

武王問太公曰、王者帥師、三軍分爲數處、將欲期會合戰、約誓賞罰。爲之奈何。
おう太公たいこうに問うてわく、「王者おうじゃひきいるに、三軍かれて数処すうしょとなり、まさに合戦を期会きかいし、賞罰を約誓やくせいせんとほっす。これをなすこといかん」。
太公曰、凡用兵之法、三軍之衆、必有分合之變。其大將先定戰地戰日、然後移檄書、與諸將吏期、攻城圍邑、各會其所。明告戰日、漏刻有時。大將設營而陳、立表轅門、清道而待。諸將吏至者、校其先後、先期至者賞、後期至者斬。如此、則遠近奔集、三軍倶至、并力合戰。
太公たいこうわく、「およそ兵をもちうるの法、三軍の衆、必ず分合ぶんごうの変あり。その大将まず戦地戦日せんじつを定め、しかるのちに檄書げきしょを移し、諸将吏しょしょうりし、城を攻めゆうを囲むに、おのおのそのところかいせしむ。明らかに戦日せんじつを告げ、漏刻ろうこくときあり。大将、えいを設けてじんし、ひょう轅門えんもんに立て、道を清くして待つ。諸将吏しょしょうりの至る者は、その先後せんごかんがえ、さきだちて至る者はしょうし、に後れて至る者は斬る。かくのごとくなれば、すなわち遠近えんきんはしり集り、三軍ともに至り、力をあわせて合戦かっせんす」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十