>   その他   >   六韜   >   陰符第二十四

六韜 陰符第二十四

武王問太公曰、引兵深入諸侯之地、三軍卒有緩急、或利或害、吾將以近通遠、從中應外、以給三軍之用。爲之奈何。
おう太公たいこうに問うてわく、「兵を引きて深く諸侯の地にり、三軍にわか緩急かんきゅうありて、あるいはあり、あるいはがいあるに、われ、まさに近きをもって遠きに通じ、中よりそとに応じ、もって三軍のようきゅうせんとす。これをなすこといかん」。
太公曰、主與將有陰符、凡八等。有大勝克敵之符、長一尺。破軍將之符、長九寸。降城得邑之符、長八寸。却敵報遠之符、長七寸。警衆堅守之符、長六寸。請糧益兵之符、長五寸。敗軍亡將之符、長四寸。失利亡士之符、長三寸。
太公たいこうわく、「しゅしょうと、陰符いんふあり、およそ八等。大いに敵に勝克しょうこくするのあり、長さ一尺。軍を破りしょうを殺すの符は、長さ九寸。城をくだゆうるの符は、長さ八寸。敵をしりぞけ遠きにほうずるの符は、長さ七寸。衆をいましめ守りをかたくするの符は、長さ六寸。りょうい兵をすの符は、長さ五寸。軍をやぶしょううしなうの符は、長さ四寸。利を失い士をうしなうの符は、長さ三寸さんずん
  • 殺 … 底本では「擒」に作るが、『直解』に従い改めた。
諸奉使行符稽留、若符事泄、聞者告者、皆誅之。八符者、主將秘聞、所以陰通言語不泄、中外相知之術。敵雖聖智、莫之能識。武王曰、善哉。
もろもろの使いをほうを行いて稽留けいりゅうする者、もしくは符事ふじるるは、聞く者とぐる者とは、みなこれをちゅうす。八符はちふは、しゅしょうと聞くことをし、ひそかに言語を通じてもらさず、中外ちゅうがいあい知るゆえんのじゅつなり。敵、聖智せいちといえども、これをよくるなし」。おうわく、「いかな」。
  • 者 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
  • 泄聞者 … 底本では「聞泄」に作るが、『直解』に従い改めた。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十