>   その他   >   六韜   >   烏雲沢兵第四十八

六韜 烏雲沢兵第四十八

武王問太公曰、引兵深入諸侯之地、與敵人臨水相拒、敵冨而衆、我貧而寡、踰水撃之、則不能前。欲久其日、則糧食少、吾居斥鹵之地、四旁無邑、又無草木、三軍無所掠取、牛馬無所芻牧。爲之奈何。
おう太公たいこうに問うてわく、「兵を引いて深く諸侯の地にり、敵人と水に臨んであいふせがんに、敵は富んでおおく、われは貧しくしてすくなく、水をえてこれを撃たんとするも、すなわちすすむことあたわず。その日を久しくせんと欲するも、すなわち糧食りょうしょく少なく、われ、斥鹵せきろの地におり、四旁しぼうゆうなく、また草木なく、三軍掠取りゃくしゅする所なく、牛馬芻牧すうぼくするところなし。これをなすこといかん」。
太公曰、三軍無備、牛馬無食、士卒無糧、如此者、索便詐敵、而亟去之、設伏兵於後。
太公たいこうわく、「三軍そなえなく、牛馬しょくなく、士卒りょうなく、かくのごとき者は、便をもとめ敵をいつわりてすみやかにこれを去り、伏兵を後ろにもうけよ」。
武王曰、敵不可得而詐、吾士卒迷惑、敵人越我前後、吾三軍敗而走。爲之奈何。
おうわく、「敵は得ていつわるべからず、わが士卒迷惑めいわくし、敵人、わが前後を越えなば、わが三軍やぶれてはしらん。これをなすこといかん」。
太公曰、求途之道、金玉爲主。必因敵使、精微爲寶。
太公たいこうわく、「みちを求むるの道は、金玉きんぎょくを主となす。必ず敵の使つかいにより、精微せいびなるをたからとなす」。
武王曰、敵人知我伏兵、大軍不肯濟、別將分隊、以踰於水、吾三軍大恐。爲之奈何。
おうわく、「敵人、わが伏兵を知りて、大軍あえてわたらず、別将べつしょう、隊を分かちて、もって水をえ、わが三軍おおいにおそる。これをなすこといかん」。
太公曰、如此者、分爲衝陳、便兵所處、須其畢出、發我伏兵、疾撃其後、強弩兩旁、射其左右、車騎分爲烏雲之陳、備其前後、三軍疾戰。敵人見我戰合、其大軍必濟水而來。發我伏兵、疾撃其後、車騎衝其左右。敵人雖衆、其將可走。凡用兵之大要、當敵臨戰、必衝陳、便兵所處、然後以騎分爲烏雲之陳。此用兵之奇也。所謂烏雲者、烏散而雲合、變化無窮者也。
太公たいこうわく、「かくのごとき者は、分かちて衝陳しょうじんつくり、兵のおる所を便べんにし、そのことごとずるをちて、わが伏兵を発し、くその後ろを撃ち、強弩きょうど両旁りょうぼうよりその左右を、車騎は分かちて烏雲ううんじんつくり、その前後に備えて、三軍く戦え。敵人、わが戦いがっするを見れば、その大軍かならず水をわたりて来たらん。わが伏兵を発し、くその後ろを撃ち、車騎はその左右をけ。敵人おおしといえども、そのしょう走らすべし。およそ兵をもちうるの大要は、敵に当たり戦いに臨んで、必ず衝陳しょうじんを置き、兵のおる所を便べんにし、しかるのちに車騎をもって分かちて烏雲ううんじんつくる。これ兵を用うるの奇なり。いわゆる烏雲ううんとは、からすのごとく散じて雲のごとく合い、変化かわまりなきものなり」。
  • 置 … 底本では「宜」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 車 … 底本では「軍」に作るが、『直解』に従い改めた。
武王曰、善哉。
おうわく、「きかな」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十