>   その他   >   六韜   >   盈虚第二

六韜 盈虚第二

文王問太公曰、天下熙熙、一盈一虚、一治一亂。所以然者何也。其君賢不肖不等乎。其天時變化自然乎。太公曰、君不肖、則國危而民亂。君賢聖、則國安而民治。禍福在君、不在天時。文王曰、古之聖賢、可得聞乎。太公曰、昔者、帝堯之王天下、上世所謂賢君也。文王曰、其治如何。
文王ぶんおう太公たいこうに問うてわく、「天下熙熙ききとして一盈いちえい一虚いっきょ一治いっち一乱いちらんす。しかるゆえんの者はなんぞや。それきみの賢不肖ふしょうの等しからざるか。それ天のときの変化の自然なるか」。太公わく、「きみ不肖ふしょうなれば、すなわち国あやうくして民みだる。きみ賢聖けんせいなれば、すなわち国やすくして民おさまる。禍福かふくきみにあり、天のときにあらず」。文王わく、「いにしえ聖賢せいけん、聞くをべきか」。太公わく、「昔者むかしていぎょうの天下に王たるや、上世じょうせいのいわゆる賢君けんくんなり」。文王わく、「その、いかん」。
  • 聖賢 … 底本では「賢君」に作るが、『直解』に従い改めた。
太公曰、帝堯王天下之時、金銀珠玉不飾、錦繡文綺不衣、奇怪珍異不視、玩好之器不寶、淫之樂不聽、宮垣屋室不堊、甍桷椽楹不斲、茅茨徧庭不剪。鹿裘禦寒、布衣掩形。糲粱之飯、藜藿之羹、不以役作之故、害民耕之時。削心約志、從事乎無爲。吏忠正奉法者、尊其位、廉潔愛人者、厚其禄。民有孝慈者、愛敬之、盡力農桑者、慰勉之、旌別淑、表其門閭。平心正節、以法度禁邪僞、所憎者、有功必賞、所愛者、有罪必罰。存養天下鰥寡孤獨、贍禍亡之家。其自奉也甚薄、其賦役也甚寡。故萬民富樂、而無飢寒之色、百姓戴其君、如日月、親其君、如父母。
太公たいこうわく、「ていぎょうの天下に王たりし時、金銀珠玉しゅぎょくかざらず、錦繡きんしゅう文綺ぶんきず、奇怪珍異ちんいず、玩好がんこううつわは宝とせず、淫佚いんいつがくは聴かず、宮垣きゅうえん屋室おくしつあくせず、甍桷ぼうかく椽楹てんえいけずらず、茅茨ぼうしは庭にあまねけれどもらず。鹿裘ろくきゅう、寒をふせぎ、布衣ふい、形をおおう。糲粱れいりょうめし藜藿れいかくあつもの役作えきさのゆえをもって、民の耕織こうしょくときがいせず。心をけずこころざしやくし、ことに無為に従う。の忠正にして法をほうずる者は、そのくらいたっとくし、廉潔れんけつにして人を愛する者は、そのろくを厚くす。民の孝慈こうじある者は、これを愛敬あいけいし、力を農桑のうそうに尽くす者は、これを慰勉いべんし、淑慝しゅくとく旌別せいべつして、その門閭もんりょあらわす。心を平らかにし、せつを正しくし、法度ほうどをもって邪偽じゃぎを禁じ、憎むところの者も、功あれば必ずしょうし、愛するところの者も、罪あれば必ずばっす。天下の鰥寡かんか孤独を存養そんようし、禍亡かぼうの家を賑贍しんせんす。そのみずからほうずるやはなはだ薄く、その賦役ふえきやはなはだすくなし。ゆえに万民ばんみん富楽ふらくにして飢寒きかんの色なく、ひゃくせいそのきみいただくこと日月じつげつのごとく、そのきみに親しむこと父母ふぼのごとし」。
  • 佚… 底本では「泆」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 織… 底本では「績」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • … 底本では「淑」に作るが、『直解』に従い改めた。「淑慝」は善悪、「淑徳」は婦人の徳の意。
  • 賑… 底本では「振」に作るが、『直解』に従い改めた。
文王曰、大哉、賢徳之君也。
文王ぶんおうわく、「だいなるかな、賢徳けんとくきみたるや」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十