>   その他   >   六韜   >   分険第五十

六韜 分険第五十

武王問太公曰、引兵深入諸侯之地、與敵人相遇於險阨之中、吾左山而右水、敵右山而左水、與我分險相拒、欲以守則固、以戰則勝。爲之奈何。
おう太公たいこうに問うてわく、「兵を引いて深く諸侯の地にり、敵人と険阨けんやくの中にあい遇うて、われは山をひだりにして水を右にし、敵は山を右にして水を左にし、われとけんを分かちてあいふせぐに、われもって守ればすなわち固く、もって戦えばすなわち勝たんとほっす。これをなすこといかん」。
  • 吾 … 底本では「各」に作るが、『直解』に従い改めた。
太公曰、處山之左、急備山之右。處山之右、急備山之左。險有大水、無舟楫者、以天潢濟吾三軍。已濟者、亟廣吾道、以便戰所。以武衝爲前後、列其強弩、令行陳皆固。衢道谷口、以武衝絶之、高置旌旗。是謂城。
太公たいこうわく、「山の左におれば、急に山の右にそなえよ。山の右におれば、急に山の左に備えよ。けんの大水ありて、舟楫しゅうしゅうなきは、天潢てんこうをもってわが三軍をわたせ。すでにわたれる者は、すみやかにわが道を広め、もって戦所を便べんにせよ。武衝ぶしょうをもって前後となし、その強弩きょうどつらね、行陳こうじんをしてみな固からしめよ。衢道くどう谷口こくこうは、武衝ぶしょうをもってこれを絶ち、高くせいを置け。これを軍城とう。
  • 軍 … 底本では「車」に作るが、『直解』に従い改めた。
凡険戦之法、以武衝為前、大櫓為衛。材士、強弩、翼吾左右、三千人為一屯、必置衝陳、便兵所処、左軍以左、右軍以右、中軍以中、並攻而前、已戦者、還帰屯所、息、必勝乃已。
およそ険戦けんせんの法は、武衝ぶしょうをもって前となし、大櫓たいろえいとなし、材士、強弩きょうど、わが左右をたすけ、三千人を一屯いっとんとなし、必ず衝陳しょうじんを置き、兵のおる所を便べんにし、左軍はもってひだりし、右軍はもってみぎし、中軍はもってなかし、並びに攻めてすすみ、すでに戦える者は、屯所とんしょ還帰かんきし、かわるがわる戦いかわるがわいこい、必ず勝ちてすなわちむ」。
  • 更 … 「こもごも」とも読む。
武王曰、善哉。
おうわく、「きかな」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十