>   その他   >   六韜   >   順啓第十六

六韜 順啓第十六

文王問太公曰、何如而可爲天下。太公曰、大蓋天下、然後能容天下。信蓋天下、然後能約天下。仁蓋天下、然後能懷天下。恩蓋天下、然後能保天下。權蓋天下、然後能不失天下。事而不疑、則天運不能移、時變不能遷。此六者備、然後可以爲天下政。
文王ぶんおう太公たいこうに問うてわく、「いかにしてもって天下をおさむべき」。太公わく、「だい、天下をおおいて、しかるのちによく天下をる。しん、天下をおおいて、しかるのちによく天下をやくす。じん、天下をおおいて、しかるのちによく天下をなつく。おん、天下をおおいて、しかるのちによく天下をたもつ。けん、天下をおおいて、しかるのちによく天下を失わず。ことありて疑わざれば、すなわち天運も移すあたわず、時変じへんうつすあたわず。この六つのもの備わりて、しかるのちにもって天下のせいをなすべし。
故利天下者、天下啓之、害天下者、天下閉之。生天下者、天下徳之。殺天下者、天下賊之。徹天下者、天下通之、窮天下者、天下仇之。安天下者、天下恃之、危天下者、天下災之。天下者非一人之天下、唯有道者處之。
ゆえに天下をする者は、天下これをひらき、天下をがいする者は、天下これをざす。天下をかす者は、天下これを徳とし、天下を殺す者は、天下これをぞくとす。天下を徹する者は、天下これを通じ、天下をきゅうする者は、天下これをあだとす。天下をやすんずる者は、天下これをたのみ、天下をあやうくする者は、天下これをわざわいとす。天下は一人いちにんの天下にあらず、ただ有道ゆうどうの者のみこれにる」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十