>   その他   >   六韜   >   巻四 虎韜:必出第三十四

六韜:ひっしゅつ第三十四

武王問太公曰、引兵深入諸侯之地、敵人四合而圍我、斷我歸道、絶我糧食、敵人既衆、 糧食甚多、險阻又固、我欲必出、爲之奈何。
おう太公たいこううていわく、へいきてふか諸侯しょこうり、敵人てきじんもにがっしてわれかこみ、どうち、糧食りょうしょくち、敵人てきじんすでおおく、糧食りょうしょくはなはおおく、けんにしてまたかたきに、われかならでんとほっす、これすこと奈何いかん
  • ウィキソース「六韜」参照。
太公曰、必出之道、器械爲寶、勇闘爲首。審知敵人空虚之地、無人之處、可以必出。將士持玄旗、操器械、設銜枚夜出。
太公たいこういわく、かならずるのみちは、かいたからし、勇闘ゆうとうかしらす。つまびらかに敵人てきじん空虚くうきょじんところらば、もっかならし。しょうげんち、かいり、銜枚かんばいもうけてよるず。
  • 將士持玄旗 … 底本では「將士人持玄旗」に作るが、『直解』に従い改めた。
勇力飛走冒將之士、居前平壘、爲軍開道。材士強弩、爲伏兵居後、弱卒車騎居中。陳畢徐行、愼無驚駭。
ゆうりょくそうぼうしょうは、まえりてるいたいらげ、ぐんためみちひらき、ざいきょうは、伏兵ふくへいしてうしろにらしめ、じゃくそつしゃなかく。じんおわりておもむろき、つつしんできょうがいすることかれ。
  • 飛走 … 底本では「飛足」に作るが、『直解』に従い改めた。
以武衝扶胥、前後拒守、武翼大櫓、以備左右。
しょうしょもって、ぜんふせまもり、よくたいもっゆうそなう。
  • 備左右 … 『直解』では「蔽左右」に作る。
敵人若驚、勇力冒將之士、疾撃而前、弱卒車騎、以屬其後、材士強弩、隱伏而處。審候敵人追我、伏兵疾撃其後、多其火鼓、若從地出、若從天下、三軍勇闘、莫我能禦。
敵人てきじんおどろかば、ゆうりょくぼうしょうは、ってすすみ、じゃくそつしゃは、もっうしろにつづき、ざいきょうは、隠伏いんぷくしてり、つまびらかに敵人てきじんわれうをうかがい、伏兵ふくへいうしろをち、火鼓かこおおくし、よりずるがごとく、てんよりくだるがごとく、三軍さんぐんいさたたかわば、われふせからん。
武王曰、前有大水廣塹深坑、我欲踰渡、無舟楫之備、敵人屯壘、限我軍前、塞我歸道、斥候常戒、險塞盡守、車騎要我前、勇士撃我後、爲之奈何。
おういわく、まえ大水たいすい広塹こうざん深坑しんこうり、われわたらんとほっするに、舟楫しゅうしゅうそなく、敵人てきじんるいたむろし、軍前ぐんぜんかぎり、どうふさぎ、斥候せっこうつねいましめ、険塞けんさいことごとまもり、しゃまえようし、ゆううしろをたば、これすこと奈何いかん
  • 廣塹 … 底本では「廣壍」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 盡守 … 底本では「盡中」に作るが、『直解』に従い改めた。
太公曰、大水廣塹深坑、敵人所不守。或能守之、其卒必寡。若此者以飛江轉關與天潢、以濟吾軍、勇力材士、從我所指、衝敵絶陳、皆致其死。
太公たいこういわく、大水たいすい広塹こうざん深坑しんこうは、敵人てきじんまもらざるところなり。あるいはこれまもるも、そつかならすくなからん。かくごとものは、こう転関てんかん天潢てんこうとをもって、もっぐんわたし、ゆうりょくざいところしたがって、てきじんち、みないたせ。
  • 廣塹 … 底本では「廣壍」に作るが、『直解』に従い改めた。
先燔吾輜重、燒吾糧食、明告吏士、勇闘則生、不勇則死。
ちょうき、糧食りょうしょくき、あきらかに吏士りしげよ、いさたたかわばすなわき、いさまずんばすなわせん、と。
已出、令我踵軍設雲火遠候、必依草木丘墓險阻。敵人車騎、必不敢遠追長驅。因以火爲記、先出者、令至火而止、爲四武衝陳。如此則吾三軍、皆精鋭勇闘、莫我能止。
すでずれば、しょうぐんをして、うんもうけてとおうかがわしめ、かなら草木そうもくきゅうけんれ。敵人てきじんしゃかならえてとおいてちょうせず。ってもっし、ずるものは、いたりてとどまり、四武しぶしょうじんつくらしめよ。かくごとくせば、すなわ三軍さんぐんみな精鋭せいえいにしていさたたかい、われとどむるし。
  • 已出 … 底本では「已出者」に作るが、『直解』に従い改めた。
武王曰、善哉。
おういわく、いかな。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陣第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十