>   その他   >   六韜   >   戦騎第五十九

六韜 戦騎第五十九

武王問太公曰、戰騎奈何。
おう太公たいこうに問うてわく、「戦騎せんきはいかん」。
太公曰、騎有十勝九敗。
太公たいこうわく、「に十勝九敗あり」。
武王曰、十勝奈何。
おうわく、「十勝とはいかん」。
太公曰、敵人始至、行陳未定、前後不屬、陷其前騎、撃其左右、敵人必走。敵人行陳、整齊堅固、士卒欲闘、吾騎翼而勿去、或馳而往、或馳而來、其疾如風、其暴如雷、白晝昏、數更旌旗、變易衣服、其軍可克。敵人行陳不固、士卒不闘、薄其前後、獵其左右、翼而撃之、敵人必懼。
太公たいこうわく、「敵人てきじん始めて至り、行陳こうじんいまだ定まらず、前後つづかざるには、その前騎をおとしいれ、その左右を撃たば、敵人必ず走らん。敵人の行陳こうじん整斉せいせい堅固けんごにして、そつ闘わんと欲するには、わが騎、よくして去るなく、あるいはせてき、あるいはせて来たり、そのはやきこと風のごとく、そのにわかなることらいのごとく、白昼にしてくらく、しばしばせいえ、衣服を変易へんえきせば、その軍つべし。敵人の行陳こうじんかたからず、そつ闘わざるには、その前後にせまり、その左右をり、よくしてこれを撃たば、敵人必ずおそれん。
  • 而 … 『直解』では「如」に作る。
敵人暮欲歸舎、三軍恐駭、翼其兩旁、疾撃其後、薄其壘口、無使得入、敵人必敗。敵人無險阻保固、深入長驅、絶其糧、敵人必飢。地平而易、四面見敵、車騎陷之、敵人必亂。敵人奔走、士卒散亂、或翼其兩旁、或掩其前後、其將可擒。敵人暮返、其兵甚衆、其行陳必亂。令我騎十而爲隊、百而爲屯、車五而爲聚、十而爲羣、多設旌旗、雜以強弩、或撃其兩旁、或絶其前後、敵將可虜。此騎之十勝也。
敵人くれしゃに帰らんと欲し、三軍恐駭きょうがいするには、その両旁りょうぼうよくして、くその後ろを撃ち、その塁口るいこうせまり、るを得しむることなければ、敵人必ずやぶれん。敵人険阻けんそ保固ほこなきに、深く入りて長駆ちょうくするには、その糧路りょうろを絶たば、敵人必ずえん。地たいらかにしてやすく、四面に敵を見るには、車騎これをおとしいるれば、敵人必ず乱れん。敵人奔走し、士卒散乱するには、あるいはその両旁りょうぼうよくし、あるいはその前後をおおわば、そのしょうとりこにすべし。敵人くれに返り、その兵はなはだおおければ、その行陳こうじん必ず乱れん。わが騎をして十にして隊をなし、百をしてとんをなし、車をして五にしてしゅうをなし、十にして群をなさしめ、多くせいを設け、まじうるに強弩きょうどをもってし、あるいはその両旁りょうぼうを撃ち、あるいはその前後を絶たば、敵将てきしょうとりこにすべし。これ騎の十勝じっしょうなり」。
  • 而 … 『直解』では「道」に作る。
武王曰、九敗奈何。
おうわく、「九敗とはいかん」。
太公曰、凡以騎陷敵而不能破陳、敵人佯走、以車騎返撃我後、此騎之敗地也。追北踰險、長驅不止、敵人伏我兩旁、又絶我後、此騎之圍地也。往而無以返、入而無以出、是謂陷於天井、頓於地穴。此騎之死地也。所從入者隘、所從出者遠、彼弱可以撃我強、彼寡可以撃我衆、此騎之沒地也。
太公たいこうわく、「およそ騎をもって敵をおとしいれて、じんを破ることあたわず、敵人いつわり走り、車騎をもって返りてわが後ろを撃つは、これ騎の敗地はいちなり。ぐるを追い、険をえ、長駆ちょうくしてとどまらず、敵人、わが両旁りょうぼうふくし、またわが後ろを絶つは、これ騎の囲地いちなり。きてもって返るなく、りてもってづるなきは、これを天井てんせいおちいり、地穴ちけつくるしむとう。これ騎の死地なり。りてる所はせまく、りてづる所は遠く、彼のじゃくもってわれのきょうを撃つべく、彼のもってわれの衆を撃つべきは、これ騎の没地ぼっちなり。
大澗深谷、翳林木、此騎之竭地也。左右有水、前有大阜、後有高山、三軍戰於兩水之間、敵居表裏、此騎之艱地也。敵人絶我糧道、往而無以、此騎之困地也。汙下沮澤、進退漸洳、此騎之患地也。左有深溝、右有坑阜、高下如平地、進退誘敵、此騎之陷地也。此九者、騎之死地也。明將之所以遠避、闇將之所以陷敗也。
大澗たいかん深谷しんこく翳薉えいわい、林木は、これ騎の竭地けっちなり。左右に水あり、前に大阜たいふあり、後ろに高山あり、三軍、両水りょうすいかんに戦い、敵、表裏におるは、これ騎の艱地かんちなり。敵人、わがりょうどうを絶ち、きてもって返るなきは、これ騎の困地こんちなり。汙下おか沮沢そたく、進退漸洳ぜんじょたるは、これ騎の患地なり。左に深溝しんこうあり、右に坑阜こうふあり、高下こうげ、平地のごとくにして、進退、敵をいざなうは、これ騎の陥地かんちなり。この九者は、騎の死地なり。明将めいしょうの遠ざかり避くるゆえんにして、闇将あんしょうおちいやぶるゆえんなり」。
  • 薉 … 『直解』では「茂」に作る。
  • 返 … 『直解』では「還」に作る。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十