>   その他   >   六韜   >   農器第三十

六韜 農器第三十

武王問太公曰、天下安定、國家無、戰攻之具、可無修乎。守禦之備、可無設乎。
おう太公たいこうに問うてわく、「天下安定し、国家ことなければ、戦攻せんこう、修むるなかるべきか。守禦しゅぎょの備え、もうくるなかるべきか」。
  • 事 … 『直解』では「爭」に作る。
太公曰、戰攻守禦之具、盡在於人事。耒耜者、其行馬蒺藜也。馬牛車輿者、其營壘蔽櫓也。鋤耰之具、其矛戟也。蓑薛簦笠、其甲冑干也。钁鍤斧鋸杵臼、其攻城器也。牛馬所以轉輸糧也。雞犬其伺候也。婦人織紝、其旌旗也。丈夫平壤、其攻城也。
太公たいこうわく、「戦攻せんこう守禦しゅぎょは、ことごとく人事にあり。耒耜らいしは、その行馬こうば蒺藜しつれいなり。馬牛ばぎゅう車輿しゃよは、その営塁えいるい蔽櫓へいろなり。鋤耰じょゆうの具は、その矛戟ぼうげきなり。蓑薛させつ簦笠とうりゅうは、その甲冑かっちゅう干櫓かんろなり。钁鍤かくそう斧鋸ふきょ杵臼しょきゅうは、その城を攻むるうつわなり。牛馬は、りょう転輸てんゆするゆえんなり。雞犬けいけんはその伺候しこうなり。婦人の織紝しょくじんは、その旌旗せいきなり。丈夫じょうふつちたいらぐるは、その城をむるなり。
  • 者 … 『直解』にはこの字なし。
  • 櫓 … 底本では「楯」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 糧也 … 底本では「糧也」に作るが、『直解』に従い改めた。
春鏺草棘、其戰車騎也。夏耨田疇、其戰歩兵也。秋刈禾薪、其糧食儲備也。冬實倉廩、其堅守也。
春、草棘そうきょくるは、その車騎しゃきを戦わしむるなり。夏、田疇でんちゅうくさぎるは、その歩兵を戦わしむるなり。秋、禾薪かしんを刈るは、その糧食りょうしょく儲備ちょびなり。冬、倉廩そうりんたすは、その堅守けんしゅなり。
田里相伍、其約束符信也。里有吏、官有長、其將帥也。里有周垣、不得相過、其隊分也。輸粟芻、其廩庫也。春秋治城郭、修溝渠、其塹壘也。
田里でんりあいするは、その約束符信ふしんなり。里に吏あり、官に長あるは、その将帥しょうすいなり。里に周垣しゅうえんあり、あい過ぐるを得ざるは、その隊分たいぶんなり。ぞくいたすうを取るは、その廩庫りんこなり。春秋に城郭じょうかくを治め、溝渠こうきょを修むるは、その塹塁ざんるいなり。
  • 取 … 底本では「収」に作るが、『直解』に従い改めた。
故用兵之具、盡於人事也。善爲國者、取於人事。故必使遂其六畜、闢其田野、其處所。丈夫治田有畝數。婦人織紝、有尺度。富國強兵之道也。武王曰、善哉。
ゆえに兵を用うるの具は、人事にくるなり。善く国をおさむる者は、人事に取る。ゆえに必ずその六畜りくちくげ、その田野でんやひらき、その処所しょしょきわめしむ。丈夫じょうふの田を治むるに畝数ほすうあり。婦人の織紝しょくじん尺度しゃくどあり。これ国を富まし兵を強くするの道なり」。おうわく、「いかな」。
  • 盡於 … 底本では「盡於」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 究 … 底本では「安」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 是 … 『直解』では「其」に作る。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十