>   その他   >   六韜   >   上賢第九

六韜 上賢第九

文王問太公曰、王人者何上何下、何取何去、何禁何止。太公曰、上賢下不肖、取誠信去詐僞、禁暴亂止奢侈。故王人者有六賊七害。
文王ぶんおう太公たいこうに問うてわく、「人におうたる者は、何をかじょうとし何をかとし、何をかり何をかり、何をかきんじ何をかめん」。太公わく、「けんじょうとし不肖ふしょうとし、誠信せいしんを取り、詐偽さぎを去り、暴乱ぼうらんを禁じ、奢侈しゃしむ。ゆえに人におうたる者は、六賊ろくぞく七害しちがいあり」。
  • 上賢 … 底本では「王人者上賢」に作るが、『直解』に従い改めた。
文王曰、願聞其道。太公曰、夫六賊者、一曰、臣有大作宮室池榭、遊觀倡樂者、傷王之徳。二曰、民有不事農桑、任氣侠、犯歴法禁、不從吏教者、傷王之化。三曰、臣有結朋黨、蔽賢智、主明者、傷王之權。四曰、士有抗志高節、以爲氣勢。外交諸侯、不重其主者、傷王之威。五曰、臣有輕爵位、賤有司、羞爲上犯難者、傷功臣之勞。六曰、強宗侵奪、陵侮貧弱、傷庶人之業。
文王ぶんおうわく、「願わくはその道を聞かん」。太公たいこうわく、「それ六賊ろくぞくとは、一にわく、しん、大いにきゅうしつ池榭ちしゃを作り、遊観ゆうかん倡楽しょうらくする者あれば、王の徳をそこなう。二にわく、たみ農桑のうそうこととせず、気にまかせて游侠ゆうきょうし、法禁ほうきん犯歴はんれきし、の教えに従わざる者あれば、王のそこなう。三にわく、しん朋党ほうとうを結び賢智けんちおおい、しゅめいふさぐ者あれば、王の権をそこなう。四にわく、こころざしげ節を高くして、もって気勢きせいをなし、そと、諸侯に交わり、そのしゅを重んぜざる者あれば、王のそこなう。五にわく、しん爵位しゃくいかろんじ、ゆういやしみ、かみのために難を犯すことをずる者あれば、功臣の労をやぶる。六にわく、強宗きょうそう侵奪しんだつし、貧弱ひんじゃく陵侮りょうぶするは、庶人しょじんぎょうそこなう。
  • 游 … 底本では「遊」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 障 … 底本では「鄣」に作るが、『直解』に従い改めた。
七害者、一曰、無智略權謀、而重賞尊爵之。故強勇輕戰、僥倖於外。王者勿使爲將。二曰、有名無實、出入異言、掩善揚惡、進退爲巧、王者勿與謀。三曰、朴其身躬、惡其衣服、語無爲以求名、言無欲以求利、此僞人也。王者勿近。四曰、奇其冠帶、偉其衣服、聞辯辭、虚論高議、以爲容、窮居靜處、而誹時俗、此姦人也。王者勿寵。五曰、讒佞苟得、以求官爵、果敢輕死、以貪禄秩、不圖大事、利而動、以高談虚論、説於人主、王者勿使。六曰、爲雕文刻鏤、技巧華飾、而傷農事、王者必禁。七曰、僞方異、巫蠱左道、不祥之言、幻惑良民、王者必止之。
七害しちがいとは、一にわく、智略ちりゃく権謀けんぼうなくして、これに重賞じゅうしょう尊爵そんしゃくす。ゆえに強勇きょうゆうにして戦いをかろんじ、外に僥倖ぎょうこうす。王者つつしんでしょうたらしむるなかれ。二にわく、ありてじつなく、出入しゅつにゅうげんことにし、善をおおい悪をげ、進退こうをなすは、王者つつしんでともにはかるなかれ。三にわく、その身躬しんきゅうぼくにし、その衣服をしくし、無為むいを語りてもって名を求め、無欲を言いてもってを求むるは、これ偽人ぎじんなり。王者つつしんで近づくるなかれ。四にわく、その冠帯かんたいにし、その衣服をにし、博聞はくぶん弁辞べんじ虚論きょろん高議こうぎして、もって容美ようびをなし、窮居きゅうきょ静処せいしょして時俗じぞくそしるは、これ姦人かんじんなり。王者つつしんでちょうするなかれ。五にわく、讒佞ざんねいにしていやしくもんとし、もって官爵かんしょくを求め、かんにして死をかろんじ、もって禄秩ろくちつむさぼり、大事を図らず、利をむさぼりて動き、高談こうだん虚論きょろんをもって人主じんしゅに説くは、王者つつしんで使うなかれ。六にわく、雕文ちょうぶん刻鏤こくろう技巧ぎこう華飾かしょくをなして農事をやぶるは、王者おうじゃ必ず禁ぜよ。七にわく、偽方ぎほう異技いぎ巫蠱ふこ左道さどう不祥ふしょうげん良民りょうみん幻惑げんわくするは、王者おうじゃ必ずこれをめよ。
  • 謹… 底本では「愼」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 博 … 底本では「」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 美 … 底本では「羙」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 貪 … 底本では「得」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 必禁 … 底本では「必禁」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 技 … 底本では「伎」に作るが、『直解』に従い改めた。
故民不盡力、非吾民也。士不誠信、非吾士也。臣不忠諫、非吾臣也。吏不平潔愛人、非吾吏也。相不能富國強兵、調和陰陽、以安萬乗之主、正羣臣、定名實、明賞罰、樂萬民、非吾相也。夫王者之道、如龍首、高居而遠望、深視而審聽、示其形、隱其情、若天之高不可極也、若淵之深不可測也。故可怒而不怒、姦臣乃作。可殺而不殺、大賊乃發。兵勢不行、敵國乃強。文王曰、善哉。
ゆえにたみ、力をくさざるは、わが民にあらざるなり。誠信せいしんならざるは、わが士にあらざるなり。しん忠諌ちゅうかんならざるは、わが臣にあらざるなり。平潔へいけつにして人を愛せざるは、わがにあらざるなり。しょう、国をまし兵を強くし、陰陽いんようを調和し、もって万乗ばんじょうしゅやすんじ、群臣ぐんしんただし、名実めいじつを定め、賞罰を明らかにし、万民ばんみんを楽しましむるあたわざるは、わがしょうにあらざるなり。それ王者の道は、竜首りゅうしゅのごとく、高くりて遠く望み、深くつまびらかに聴き、その形を示し、そのじょうを隠し、天の高くして極むべからざるがごとく、ふちの深くしてはかるべからざるがごとし。ゆえにいかるべくしていからざれば、姦臣かんしんすなわちおこる。殺すべくして殺さざれば、大賊たいぞくすなわちはっす。兵勢へいせい行なわれざれば、敵国すなわち強し」。文王ぶんおうわく、「いかな」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十