>   その他   >   六韜   >   励軍第二十三

六韜 励軍第二十三

武王問太公曰、吾欲三軍之衆攻城爭先登、野戰爭先赴、聞金聲而怒、聞鼓聲而喜。爲之奈何。
おう太公たいこうに問うていわく、「われ、三軍の衆をして城をむるには先を争いて登り、野戦やせんには先を争いておもむき、金声きんせいを聞きて怒り、鼓声こせいを聞きて喜ばしめんとほっす。これをなすこといかん」。
  • 三軍之衆 … 底本では「三軍之衆」に作るが、『直解』に従い改めた。
太公曰、將有三。武王曰、敢問其目。太公曰、將冬不服裘、夏不操扇、雨不張蓋。名曰禮將。將不身服禮、無以知士卒之寒暑。
太公たいこういわく、「しょうに三勝あり」。おういわく、「あえてそのもくを問う」。太公いわく、「しょうは冬にきゅうを服せず、夏におうぎらず、雨にかさらず。名づけて礼将れいしょうと曰う。しょうみずから礼に服さざれば、もってそつ寒暑かんしょるなし。
  • 勝 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
出隘塞、犯泥塗、將必先下歩。名曰力將。將不身服力、無以知士卒之勞苦。
隘塞あいそくで、泥塗でいとを犯すに、しょう必ず先ずりてあゆむ。名づけて力将りきしょうと曰う。しょうみずから力に服さざれば、もってそつ労苦ろうくるなし。
軍皆定次、將乃就舎。炊者皆熟、將乃就食。軍不舉火、將亦不舉、名曰止欲將。將不身服止欲、無以知士卒之飽。
軍みなを定めて、しょうすなわちしゃく。かしぐ者みなじゅくして、しょうすなわちしょくく。軍、火をげざれば、しょうまたげず。名づけて止欲しよくしょうと曰う。しょうみずから止欲しよくに服さざれば、もってそつ飢飽きほうるなし。
  • 飢 … 『直解』では「饑」に作る。
將與士卒共寒暑勞苦飽。故三軍之衆、聞鼓聲則喜、聞金聲則怒、高城深池、矢石繁下、士爭先登、白刃始合、士爭先赴。士非好死而樂傷也。爲其將知寒暑飽之審、而見勞苦之明也。
しょうそつ寒暑かんしょ労苦ろうく飢飽きほうをともにす。ゆえに三軍の衆、鼓声こせいを聞けばすなわち喜び、金声きんせいを聞けばすなわち怒り、高城こうじょう深池しんち矢石しせきしげくだるも、さきを争いて登り、白刃はくじん始めて合うも、さきを争いておもむく。は死を好みてきずを楽しむにあらざるなり。そのしょう寒暑かんしょ飢飽きほうを知ることのつまびらかにして、労苦ろうくを見ることのあきらかなるがためなり」。
  • 飢 … 『直解』では「饑」に作る。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十