>   その他   >   六韜   >   守国第八

六韜 守国第八

文王問太公曰、守國奈何。太公曰、齋。將語君天地之經、四時所生、仁聖之道、民機之情。王齋七日、北面再拜而問之。
文王ぶんおう太公たいこうに問いてわく、「国を守ることいかん」。太公わく、「さいせよ。まさにきみに天地のけい四時しじの生ずるところ、仁聖じんせいの道、民機みんきじょうを語らんとす」。おうさいすること七日、北面ほくめん再拝さいはいしてこれをう。
太公曰、天生四時、地生萬物。天下有民、聖人牧之。故春道生、萬物榮。夏道長、萬物成。秋道斂、萬物盈。冬道藏、萬物。盈則藏、藏則復起。莫知所終、莫知所始。聖人配之、以爲天地經紀。故天下治、仁聖藏、天下亂、仁聖昌、至道其然也。聖人之在天地間也、其寶固大矣。因其常而視之、則民安。夫民動而爲機、機動而得失爭矣。故發之以其陰、會之以其陽。爲之先唱、天下和之。極反其常、莫進而爭、莫退而。守國如此、與天地同光。
太公たいこうわく、「天は四時しじを生じ、地は万物ばんぶつを生ず。天下に民あり、聖人これをぼくす。ゆえに春の道は生じ、万物さかゆ。夏の道はちょうじ、万物る。秋の道はおさめ、万物つ。冬の道はぞうし、万物しずかなり。つればすなわちぞうし、ぞうすればすなわちまた起こる。終わるところを知るなく、始まるところを知るなし。聖人これにはいし、もって天地の経紀けいきとなす。ゆえに天下おさまれば、仁聖じんせいかくれ、天下みだるれば、仁聖さかんなり。至道しどうそれしかるなり。聖人の天地のかんにあるや、その宝まことに大なり。そのじょうによってこれを視れば、すなわり民やすし。それ民うごきてをなし、動きて得失とくしつ争う。ゆえにこれを発するにそのいんをもってし、これをかいするにそのようをもってす。これがためにとなえて、天下これにす。きわまればそのじょうかえり、進んで争うことなく、退しりぞいてゆずることなし。国を守ることかくのごとくなれば、天地と光をおなじうす」。
  • 聖人 … 底本では「仁聖」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 靜 … 底本では「尋」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 而 … 底本にはこの字なし。
  • 遜 … 底本では「譲」に作るが、『直解』に従い改めた。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十