>   その他   >   六韜   >   文伐第十五

六韜 文伐第十五

文王問太公曰、文伐之法奈何。太公曰、凡文伐有十二節。
文王ぶんおう太公たいこうに問うてわく、「文伐ぶんばつの法はいかん」。太公たいこうわく、「およそ文伐ぶんばつ十二節じゅうにせつあり。
一曰、因其所喜以順其志。彼將生驕、必有事。苟能因之、必能去之。
一にわく、その喜ぶところによってもってそのこころざししたがう。彼まさにおごりを生じ、必ず奸事かんじあらんとす。いやしくもよくこれによらば、必ずよくこれをらん。
  • 奸 … 底本では「好」に作るが、『直解』に従い改めた。
二曰、親其所愛、以分其威。一人兩心、其中必衰。廷無忠臣、社稷必危。
二にわく、その愛するところをしたしみて、もってそのかつ。一人いちにん両心りょうしんならば、そのうち必ずおとろえん。ていに忠臣なければ、社稷必しゃしょくあやうからん。
三曰、陰賂左右、得情甚深、身内情外。國將生害。
三にわく、ひそかに左右にまいない、情をることはなはだ深く、身はうちにして情はそとにす。国まさに害をしょうぜんとす。
四曰、輔其淫樂、以廣其志、厚賂珠玉、娯以美人、卑辭委聽、順命而合。彼將不爭、節乃定。
四にわく、その淫楽いんらくたすけて、もってそのこころざしを広くし、厚く珠玉しゅぎょくまいない、たのしましむるに美人をもってし、辞をひくくしちょうくわしくし、命にしたがいてがっす。彼まさに争わずして、奸節かんせつすなわちさだまらんとす。
  • 奸 … 底本では「姦」に作るが、『直解』に従い改めた。
五曰、嚴其忠臣、而薄其賂、稽留其使、勿聽其事。亟爲置代、遺以誠事、親而信之、其君將復合之。苟能嚴之、國乃可謀。
五にわく、その忠臣をげんにして、そのまいないを薄くし、その使いを稽留けいりゅうして、そのことを聴くなかれ。すみやかに代わりを置くことをなさしめ、おくるに誠事せいじをもってし、親しみてこれを信ぜば、その君まさにまたこれにわんとす。いやしくもよくこれをげんにせば、国すなわちはかるべし。
六曰、収其内、間其外、才臣外相、敵國内侵、國鮮不亡。
六にわく、そのうちを収め、そのそとかんし、才臣さいしん、外にたすけ、敵国、うちおかさば、国ほろびざることすくなし。
七曰、欲錮其心、必厚賂之。収其左右忠愛、陰示以利、令之輕業、而蓄積空虚。
七にわく、その心をせんと欲せば、必ず厚くこれをまいない、その左右の忠愛ちゅうあいを収め、ひそかに示すに利をもってし、これをしてぎょうかろんじ、蓄積ちくせき空虚くうきょならしむ。
八曰、賂以重寶、因與之謀、謀而利之。利之必信。是謂重親。重親之積、必爲我用。有國而外、其地必敗。
八にわく、まいなうに重宝じゅうほうをもってし、よってこれとはかり、はかりてこれを利す。これを利すれば必ず信ぜん。これを重親じゅうしんという。重親じゅうしんは、必ずわがようをなす。国をたもちてそとにせば、その必ずやぶれん。
九曰、尊之以名、無難其身、示以大勢。從之必信。致其大尊、先爲之榮、微飾聖人、國乃大偸。
九にわく、これをたっとぶにをもってし、その身をなやますなく、示すに大勢たいせいをもってす。これに従わば必ず信ぜん。その大尊たいそんを致して、ずこれがえいをなし、ひそかに聖人をかざらば、国すなわち大いにおこたらん。
十曰、下之必信、以得其情、承意應事、如與同生。既以得之、乃微収之。時及將至、若天喪之。
十にわく、これにくだるに必ず信ありて、もってそのじょう、意をことに応じ、ともにせいを同じくするがごとくす。すでにもってこれをれば、すなわちひそかにこれを収む。ときまさに至らんとするに及びて、天これをほろぼすがごとし。
十一曰、塞之以道。人臣無不重貴與富、惡危與咎。陰示大尊、而微輸重寶、収其豪傑。内積甚厚、而外爲乏、陰智士、使圖其計、勇士、使高其氣。富貴甚足、而常有繁滋、徒黨已具。是謂塞之。有國而塞、安能有國。
十一にわく、これをふさぐに道をもってす。人臣じんしん、貴ととみとを重んじ、とがとをにくまざるなし。ひそか大尊たいそんを示して、ひそか重宝じゅうほうおくり、その豪傑を収め、うちに積むことはなはだ厚くして、そとにはとぼしきをなし、ひそか智士ちしれて、その計をはからしめ、勇士をれて、その気を高からしむ。富貴はなはだ足りて、常に繁滋はんじあれば、徒党ととうすでにそなわる。これこれをふさぐという。国をたもちてふさがるれば、いずくんぞよく国をたもたん。
  • 内 … 底本では「納」に作るが、『直解』に従い改めた。
十二曰、養其亂臣、以迷之、進女淫聲、以惑之、遺良犬馬、以勞之。時與大勢、以誘之、上察而與天下圖之。
十二にわく、その乱臣を養いてもってこれをまよわし、美女淫声いんせいを進めてもってこれをまどわし、良犬馬りょうけんばおくりてもってこれをつからす。ときに大勢を与えてもってこれをいざない、かみ察して天下とともにこれをはかる。
  • 美 … 底本では「羙」に作るが、『直解』に従い改めた。
十二節備、乃成武事。所謂上察天、下察地、徴已見、乃伐之。
十二節じゅうにせつ備わりて、すなわち武事ぶじを成す。いわゆる上は天を察し、下は地を察し、ちょうすでにあらわれて、すなわちこれをつ」。
巻一 文韜
文師第一 盈虚第二
国務第三 大礼第四
明伝第五 六守第六
守土第七 守国第八
上賢第九 挙賢第十
賞罰第十一 兵道第十二
巻二 武韜
発啓第十三 文啓第十四
文伐第十五 順啓第十六
三疑第十七  
巻三 竜韜
王翼第十八 論将第十九
選将第二十 立将第二十一
将威第二十二 励軍第二十三
陰符第二十四 陰書第二十五
軍勢第二十六 奇兵第二十七
五音第二十八 兵徴第二十九
農器第三十  
巻四 虎韜
軍用第三十一 三陳第三十二
疾戦第三十三 必出第三十四
軍略第三十五 臨境第三十六
動静第三十七 金鼓第三十八
絶道第三十九 略地第四十
火戦第四十一 塁虚第四十二
巻五 豹韜
林戦第四十三 突戦第四十四
敵強第四十五 敵武第四十六
烏雲山兵第四十七 烏雲沢兵第四十八
少衆第四十九 分険第五十
巻六 犬韜
分合第五十一 武鋒第五十二
練士第五十三 教戦第五十四
均兵第五十五 武車士第五十六
武騎士第五十七 戦車第五十八
戦騎第五十九 戦歩第六十