>   その他   >   二十四詩品   >   七 洗煉

二十四詩品 七 洗煉せんれん

礦出金、如鉛出銀。
鉱より金をだすがごとく、鉛より銀を出だすがごとし。
  • 如 … 『全唐詩』では「猶」に作る。『二家詩品』(『和刻本漢籍隨筆集 16』所収)でも「猶」に作り、「猶一本作如」との注あり。
超心錬冶、絶愛緇磷。
心を超えて錬冶れんやし、緇磷しりんしむをつ。
空潭瀉春、古鏡照神。
空潭くうたんは春をそそぎ、古鏡は神を照らす。
體素儲潔、乘月返眞。
素をたいしてけつたくわえ、月に乗じて真に返る。
載瞻星、載歌幽人。
すなわち星気をながめ、載ち幽人を歌わん。
  • 氣 … 『二家詩品』(『和刻本漢籍隨筆集 16』所収)では「辰」に作り、「辰一本作氣非」との注あり。
流水今日、明月前身。
流水は今の日、明月は前の身。
一 雄渾 二 冲淡
三 繊穠 四 沈著
五 高古 六 典雅
七 洗煉 八 勁健
九 綺麗 十 自然
十一 含蓄 十二 豪放
十三 精神 十四 縝密
十五 疎野 十六 清奇
十七 委曲 十八 実境
十九 悲概 二十 形容
二十一 超詣 二十二 飄逸
二十三 曠達 二十四 流動