>   その他   >   二十四詩品   >   二十三 曠達

二十四詩品 二十三 曠達こうたつ

  • 曠達 … 詩風が心広く、物事にこだわらないこと。
  • 何・多・蘿・過・歌・峨(平声歌韻)。
  • ウィキソース「二十四詩品」参照。
生者百歳、相去幾何。
くるものひゃくさいあいること幾何いくばくぞ。
  • 百歳 … 百歳を過ぎない。
  • 相 … 「(対象に)~する」「(対象を)~する」と訳す。文脈によって、対象が自分・相手・第三者とかわる。
  • 去 … この世を去るまで。
  • 幾何 … いくばくもない。いくらもない。
歡樂苦短、憂愁實多。
歓楽かんらくはなはみじかく、ゆうしゅうまことおおし。
  • 歓楽 … 喜び楽しむこと。
  • 苦 … 「はなはだ」と読む。非常に。程度がひどいこと。
  • 憂愁 … 悩み悲しむこと。
  • 実 … 「まことに」と読む。ほんとうに。
何如尊酒、日往煙蘿。
何如いかん尊酒そんしゅもて、日〻ひびえんかん。
  • 何如 … 通常は「いかんぞ~ん(や)」と読み、「どうして~するのか、いや~ない」と訳す。反語。ここでは、「~するのが一番だ」と訳す。
  • 尊酒 … 「樽酒」と同じ。樽の中の酒。
  • 日 … 毎日。
  • 煙蘿 … 蔦にもやが立ち籠めているさま。いくじん」に「ぎょくじゅけいえんす」(玉樹瓊枝作煙蘿)とある。ウィキソース「破陣子 (李煜)」参照。
花覆茆簷、疏雨相過。
はな茆簷ぼうえんおおい、疏雨そうあいぐ。
  • 茆簷 … 茅葺きののき。「茆」は「茅」と同じ。茅葺きの家のこと。「簷」は、軒。ひさし
  • 疏雨 … まばらに降る雨。「疏」は説郛本では「疎」に作るが、全唐詩本および二家詩品本に従い改めた。「疏」は「疎」の正字。
  • 過 … 通り過ぎる。二家詩品本には「過一本作歌」との注がある。
倒酒既盡、杖藜行歌。
さけかたむけてすでくし、あかざつえつきてこうせん。
  • 倒酒既尽 … 杯を傾けて酒を飲み尽くす。「倒酒」は「傾杯」と同じく、酒を飲むこと。
  • 杖藜 … あかざの茎で作った杖をつく。「藜」は、アカザ科の一年草。平地に自生し、高さは約一メートル。若葉は食用。茎は杖にする。ウィキペディア【アカザ (植物)】参照。杜甫「絶句漫興九首 其五」に「ちょうこうしゅんきんとほっするほとりあかざつえつおもむろにあゆみてほうしゅうつ」(腸斷江春欲盡頭、杖藜徐步立芳洲)とある。ウィキソース「漫興 (杜甫)」参照。
  • 行歌 … 歩きながら歌うこと。王安石「江上」に「しゅうしゃしょくして随処ずいしょやぶれ、てんこうしてろうす」(寄食舟車隨處弊、行歌天地此身労)とある。ウィキソース「臨川先生文集 (四部叢刊本)/卷第二十五」参照。
孰不有古、南山峨峨。
たれふるびることらざらん、南山なんざん峨峨ががたれども。
  • 孰 … 「たれか~ん(や)」と読み、「だれが~するのか、いやだれも~しない」と訳す。反語。「誰」と同じ。韓愈「せつ」に「ひとうまれながらにしてこれものあらず、たれまどからん」(人非生而知之者、孰能無惑)とある。ウィキソース「師說」参照。
  • 不有古 … 死なないことがあろうか。「古」は「故」と同じ。死亡すること。
  • 南山 … 終南山。周の都鎬京こうけい(今の陝西省西安市の西)の南方にあった。ウィキペディア【終南山】参照。
  • 峨峨 … 山が高く険しい様子。ちょうこう西京せいけい」(『文選』巻二)に「がく峨峨ががとして、岡巒こうらんしんたり」(華嶽峩峩、岡巒參差)とある。「華岳」は、陝西省華陰市にある山。華山。西岳とも。五岳の一つ。「岡巒」は、高い台地と山。低い山並みのこと。「参差」は、高低の差が目立ってふぞろいな様子。ウィキソース「西京賦」参照。
一 雄渾 二 冲淡
三 繊穠 四 沈著
五 高古 六 典雅
七 洗煉 八 勁健
九 綺麗 十 自然
十一 含蓄 十二 豪放
十三 精神 十四 縝密
十五 疎野 十六 清奇
十七 委曲 十八 実境
十九 悲概 二十 形容
二十一 超詣 二十二 飄逸
二十三 曠達 二十四 流動