>   その他   >   二十四詩品

二十四詩品

 『じゅうひん』について
晩唐の詩人・司空 図(しくう・と)(837~908)が著した詩についての評論書。「雄渾」から「流動」まで二十四に分けて述べている。
 凡例
  • 原文は『説郛三種』(上海古籍出版社)を底本とし、諸本を参照して一部字句を訂正した。
  • 字句の異同については、その都度注記した。
  • 原文は原則として正字体、書き下し文は新字体・現代仮名遣いとした。
一 雄渾 二 冲淡
三 繊穠 四 沈著
五 高古 六 典雅
七 洗煉 八 勁健
九 綺麗 十 自然
十一 含蓄 十二 豪放
十三 精神 十四 縝密
十五 疎野 十六 清奇
十七 委曲 十八 実境
十九 悲概 二十 形容
二十一 超詣 二十二 飄逸
二十三 曠達 二十四 流動