>   論語   >   陽貨第十七   >   7

陽貨第十七 7 佛肸召章

441(17-07)
佛肸召。子欲往。子路曰。昔者由也聞諸夫子。曰。親於其身爲不善者。君子不入也。佛肸以中牟畔。子之往也。如之何。子曰。然。有是言也。不曰堅乎。磨而不磷。不曰白乎。涅而不緇。吾豈匏瓜也哉。焉能繋而不食。
仏肸ひつきつす。かんとほっす。子路しろいわく、昔者むかしゆうこれふうけり。いわく、みずかいてぜんものには、くんらざるなりと。仏肸ひつきつちゅうぼうもっそむく。くやこれ如何いかんと。いわく、しかり。げんるなり。かたきをわずや、すれどもうすらがず。しろきをわずや、でつしてくろまず。われほうならんや。いずくんぞかかりてわれざらんや。
現代語訳
  • 仏肸(ヒッキツ)が招いた。先生はゆく気がある。子路がいう、「いつか、わたくしは先生からうかがいました。『自分からわるいことをしているやつには、なかま入りするでない』って。仏肸は中牟(ボウ)の町で反乱をしているのに、先生がでかけてどうなさるんです…。」先生 ――「そうだ、そういったな。(だが)かたい物のたとえに、みがいても減らぬという。白い物のたとえに、染めても染まらぬという。わしもヒョウタンじゃないからな。ブラリとしていて食えないのはこまるよ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 仏肸ひつきつが先師を招いた。先師はその招きに応じて行こうとされた。すると子路がいった。――
    「かつて私は先生に、君子は、自分から進んで不善を行なうような人間の仲間入りはしないものだ、と承ったことがあります。仏肸ひつきつは、ちゅうぼうに占拠して反乱をおこしている人間ではありませんか。先生が、そういう人間の招きに応じようとなさるのは、いったいどういうわけでございます」
    先師がいわれた。――
    「さよう。たしかに私はそういうことをいったことがある。だが、諺にも、ほんとうに堅いものは、っても磨ってもうすくはならない、ほんとうに白いものは、そめてもそめても黒くはならない、というではないか。私にもそのぐらいの自信はあるのだ。私をあのふくべのような人間だと思ってもらっては困る。食用にもならず、ただぶらりとぶらさがっているあのふくべのような人間――どうして私がそんな無用な人間でいられよう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 仏肸 … 晋の大夫趙簡子の家臣で、中牟の代官をしていたが反乱を起こした。
  • 子路 … 前542~前480。姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。魯のべんの人。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
補説
  • 佛肸 … 『義疏』では「mojikyo_font_023212盻」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十