>   その他   >   尉繚子   >   兵令下第二十四

尉繚子 兵令下第二十四

諸去大軍爲前禦之備者、邊縣列候。各相去三五里、聞大軍爲前禦之備戰、則皆禁行。所以安内也。内卒出戍、令將吏授旗鼓戈甲。發日、後將吏及出縣封界者、以坐後戍法。兵戍邊一歳、遂亡不候代者、法比亡軍。父母妻子知之、與同罪、弗知赦之。卒後將吏而至大將所一日、父母妻子盡同罪。卒逃歸至家一日、父母妻子弗捕執、及不言亦同罪。
もろもろの大軍を去りて前禦ぜんぎょそなえをなす者は、辺県へんけん列候れっこうなり。おのおのあい去ること三、五里、大軍、前禦ぜんぎょそなえをなし、戦うことを聞かば、すなわちみなこうを禁ず。うちを安んずるゆえんなり。内卒ないそつでてまもるとき、将吏しょうりをして旗鼓きこ戈甲かこうさずけしむ。はっするの日、将吏しょうりに後れて県の封界ほうかいずるに及ぶ者は、もってじゅおくるるの法にす。兵、辺をまもること一歳、ついにげて代わるをたざる者は、法、軍をぐるにす。父母妻子これを知るは、ともに同罪、知るなきは、これをゆるす。そつ将吏しょうりに後れて大将の所にいたること一日なるは、父母妻子ことごとく同罪とす。そつげ帰りて家に至ること一日なるは、父母妻子、捕執ほしつすることなく、言わざるに及びては、また同罪どうざいとす。
諸戰而亡其將吏者、及將吏棄卒獨北者、盡斬之。前吏棄其卒而北、後吏能斬之而奪其卒者賞。軍無功者戍三歳。三軍大戰、若大將死而從吏五百人上不能死敵者斬。大將左右近卒在陳中者皆斬。餘士卒有軍功者奪一級。無軍功者戍三歳。戰亡伍人、及伍人戰死不得其屍、同伍盡奪其功。得其屍、罪皆赦。
もろもろの戦いてその将吏しょうりうしなう者、および将吏しょうりそつててひとりぐる者は、ことごとくこれをる。前吏ぜんり、そのそつててげ、後吏こうりよくこれをりてそのそつを奪う者は、しょうす。軍、功なき者は、じゅ三歳。三軍さんぐん大いに戦い、もし大将たいしょう死して従吏じゅうり五百人以上、敵に死することあたわざる者は、る。大将の左右の近卒きんそつ陳中じんちゅうにある者は、みなる。士卒しそつ軍功ぐんこうある者は、一級を奪う。軍功なき者は、じゅ三歳。戦いて伍人ごにんうしない、伍人ごじん戦死してそのを得ざるにおよびては、同伍どうごことごとくその功を奪う。そのを得るは、罪みなゆるす。
  • 以 … 底本では「已」に作るが、『直解』に従い改めた。
軍之利害在國之名實。今名在官而實在家。官不得其實、家不得其名、聚卒爲軍、有空名而無實。外不足以禦敵、内不足以守國。此軍之所以不給、將之所以奪威也。臣以謂、卒逃歸者、同舎伍人及吏、罰入糧爲饒、名爲軍實、是有一軍之名而有二實之出。國内空虚、自竭民歳。曷以免奔北之禍乎。今以法止逃歸、禁亡軍、是兵之一勝也。什伍相、及戰闘、則卒吏相救。是兵之二勝也。將能立威、卒能節制、號令明信、攻守皆得、是兵之三勝也。
軍の利害は、国の名実めいじつにあり。今、は官にありてじつは家にあり。官、そのじつを得ず、家、そのを得ざれば、そつあつめて軍となすも、空名くうめいありてじつなし。そと、もって敵をふせぐに足らず、うち、もって国を守るに足らず。これ軍のきゅうせざるゆえん、しょうを奪わるるゆえんなり。しん以謂おもえらく、そつげ帰らば、同舎どうしゃ伍人ごにんおよびばつとしてりょうを入れておおしとなし、名づけて軍実ぐんじつとなすも、これ一軍の名ありて、二実にじつずるあり。国内空虚くうきょにして、みずから民歳みんさいくす。なんぞもって奔北ほんぽくわざわいまぬがれんや。今、法をもってげ帰るをとどめ、軍をぐるを禁ずるは、これ兵の一勝なり。什伍じゅうごあいつらなり、戦闘に及ばば、すなわち卒吏そつりあい救う。これ兵の二勝なり。しょうよくを立て、そつよく制をせっし、号令明信めいしんにして、攻守こうしゅみなるは、これ兵の三勝さんしょうなり。
  • 聮 … 『直解』では「連」に作る。
臣聞、古之善用兵者、能殺卒之半、其次殺其十三、其下殺其十一。能殺其半者威加海内。殺十三者力加諸侯。殺十一者令行士卒。故曰、百萬之衆不用命、不如萬人之闘也。萬人之闘不如百人之奮也。賞如日月、信如四時、令如斧鉞、制如干將、士卒不用命者、未之也。
しん聞く、いにしえく兵をもちうる者は、よく士卒しそつなかばを殺し、その次はその十に三を殺し、その下はその十に一を殺す。よくそのなかばを殺す者は海内かいだいくわう。十に三を殺す者は、ちから、諸侯にくわう。十に一を殺す者は、れい士卒しそつに行なわる、と。ゆえにわく、百万のしゅうめいもちいざれば、万人まんにんの闘うにしかざるなり。万人まんにんの闘いは、百人のふるうにしかざるなり。しょう日月じつげつのごとく、しん四時しじのごとく、れい斧鉞ふえつのごとく、せい干将かんしょうのごとくなれば、士卒しそつめいもちいざる者、いまだこれをかざるなり。
  • 士 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
  • 干将 … 名剣の名。
  • 聞 … 底本では「有」に作るが、『直解』に従い改めた。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四