>   その他   >   尉繚子   >   兵教上第二十一

尉繚子 兵教上第二十一

兵之教令、分營居陳、有非令而進退者、加犯教之罪。前行者、前行教之、後行者、後行教之。左行者、左行教之、右行者、右行教之。教舉五人、其甲首有賞。弗教如犯教之罪。羅地者、自掲其伍。伍内互掲之、免其罪。凡伍臨陳、若一人有不進死於敵、則教者如犯法者之罪。凡什保什、若亡一人而九人不盡死於敵、則教者如犯法者之罪。自什上、至於裨將、有不若法者、則教者如犯法者之罪。
兵の教令きょうれいは、えいかちじんり、れいにあらずして進退する者あらば、教えを犯すの罪をくわう。前行ぜんこうは、前行ぜんこうこれを教え、後行こうこうは、後行こうこうこれをおしう。左行さこうは、左行さこうこれを教え、右行うこうは、右行うこうこれをおしう。教え五人をぐれば、その甲首こうしゅしょうあり。教えるなくんば、教えを犯すの罪のごとし。地につらなる者は、みずからそのぐ。のうちたがいにこれをぐれば、その罪をめんず。およそじんに臨み、もし一人いちにん進みて敵に死せざるあらば、すなわちおしうる者、法を犯す者の罪のごとし。およそじゅうは什をし、もし一人をうしないて九人ことごとく敵に死せざれば、すなわちおしうる者、法を犯す者の罪のごとし。じゅうより以上、裨将ひしょうに至るまで、法にかざる者あらば、すなわちおしうる者、法を犯す者のつみのごとし。
  • 以 … 底本では「已」に作るが、『直解』に従い改めた。
凡明刑罰、正勸賞、必在乎兵教之法。將異其旗、卒異其章。左軍章左肩、右軍章右肩、中軍章前、書其章曰、某甲某士。前後章各五行、尊章置首上、其次差降之。伍長教其四人、以板爲鼓、以瓦爲金、以竿爲旗。撃鼓而進、低旗則趨、撃金而退、麾而左之、麾而右之、金鼓倶撃而坐。伍長教成、合之什長。什長教成、合之卒長。卒長教成、合之伯長。伯長教成、合之兵尉。兵尉教成、合之裨將。裨將教成、合之大將。大將教之、陳於中野、置大表三。百歩而一。既陣、去表百歩而决、百歩而趨、百歩而鶩。習戰以成其節、乃爲之賞。自尉吏而下、盡有旗。戰勝得旗者、各視其所得之爵、以明賞勸之心。
およそ刑罰を明らかにし、勧賞かんしょうただすは、必ず兵教へいきょうの法にあり。しょうはその旗をことにし、そつはそのしょうことにす。左軍さぐん左肩さけんしょうし、右軍うぐん右肩うけんしょうし、中軍ちゅうぐん胸前きょうぜんしょうし、その章に書してわく、「某甲ぼうこう某士ぼうし」と。前後はかく五行ごごうしょうし、章をたっとびて首上しゅじょうに置き、その次はややこれをくだす。伍長ごちょうはその四人に教え、いたをもってとなし、かわらをもってきんとなし、竿さおをもって旗となす。を撃ちて進み、旗を低くしてすなわちはしり、きんを撃ちて退しりぞき、さしまねきてこれをひだりし、さしまねきてこれをみぎし、金鼓きんこともに撃ちて坐す。伍長ごちょう、教え成りて、これを什長じゅうちょうがっす。什長じゅうちょう、教え成りて、これを卒長そっちょうがっす。卒長そっちょう、教え成りて、これを伯長はくちょうがっす。伯長はくちょう、教え成りて、これを兵尉へいいがっす。兵尉へいい、教え成りて、これを裨将ひしょうがっす。裨将ひしょう、教え成りて、これを大将にがっす。大将、これを教うるに中野ちゅうやじんし、大表たいひょう三を置く。百歩にして一なり。すでにじんし、表を去ること百歩にして決し、百歩にしてはしり、百歩にしてす。戦いを習いてもってそのせつを成し、すなわちこれが賞罰をなす。尉吏いりよりして下、ことごとく旗あり。戦い勝ちて旗をたる者は、おのおのそのるところのしゃくて、もって賞勧しょうかんの心をあきらかにす。
  • 胸 … 底本では「胷」に作る。
  • 罰 … 底本では「法」に作るが、『直解』に従い改めた。
戰勝在乎立威。立威在乎戮力。戮力在乎正罰。正罰者、所以明賞也。令民背國門之限、决死生之分、教之死而不疑者、有以也。令守者必固、戰者必闘、謀不作、姦民不語。令行無變、兵行無猜、輕者若霆、奮敵若驚。舉功別徳、明如白黒、令民從上令、如四應心也。前軍絶行亂陳、破堅如潰者、有以也。此之謂兵教、所以開封疆、守社稷、除患害、成武徳也。
戦い勝つはを立つるにあり。を立つるは力をあわすにあり。力をあわすは罰をただすにあり。罰をただすは、賞を明らかにするゆえんなり。民をして国門こくもんげんにし、死生しせいぶんを決し、これに死を教えて疑わざらしむるは、ゆえあればなり。守らしめれば必ず固く、戦えば必ず闘い、姦謀かんぼうおこらず、姦民かんみん語らず。れい行なわれて変わることなく、兵きてうたがいなく、軽き者はていのごとく、敵をうばうこと驚くがごとし。こうを挙げ徳をかち、明らかなること白黒はくこくのごとし。民をして上のれいに従わしむること、四肢ししの心におうずるがごときなり。前軍、こうを絶ちじんを乱し、けんを破ることつぶるるがごときは、ゆえあればなり。これこれを兵教へいきょうと謂い、封疆ほうきょうを開き、社稷しゃしょくを守り、患害かんがいを除き、武徳ぶとくすゆえんなり。
  • 姦 … 『直解』では「奸」に作る。
  • 肢 … 底本では「支」に作るが、『直解』に従い改めた。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四