>   その他   >   尉繚子   >   守権第六

尉繚子 守権第六

凡守者、進不郭、退不亭障、以禦戰、非善者也。豪傑俊、堅甲利兵、勁弩矢、盡在郭中、乃收窖廩、毀拆而入保、令客氣十百倍而主之氣不半焉。敵攻者傷之甚也。然而世將弗能知。
およそ守る者、進みて郭囲かくいせず、退きて亭障ていしょうせずして、もってふせぎ戦うは、善なるものにあらざるなり。豪傑ごうけつ英俊えいしゅん堅甲けんこう利兵りへい勁弩けいど強矢きょうしことごと郭中かくちゅうにあり、すなわち窖廩こうりんを収め、毀拆きたくして入りて保つは、かく、気をして十百倍してしゅの気をしてなかばならざらしむ。敵むれば、これをそこなうことはなはだしきなり。しかれども世のしょうることあたわず。
  • 圍 … 『直解』では「圉」に作る。
  • 英 … 底本では「雄」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 強 … 底本では「疆」に作るが、『直解』に従い改めた。
夫守者、不失險者也。守法、城一丈、十人守之、工食不與焉。出者不守、守者不出。一而當十、十而當百、百而當千、千而當萬。故爲城郭者、非費於民聚土壤也。誠爲守也。千丈之城則萬人之守。池深而廣、城堅而厚、士民備、薪食給、弩堅矢、矛戟稱之、此守法也。
それ守る者は、そのけんを失わざる者なり。守りの法は、城一丈いちじょうを十人これを守り、工食こうしょくあずからず。ずる者は守らず、守る者はでず。一にして十にたり、十にして百にたり、百にして千にたり、千にして万にたる。ゆえに城郭じょうかくつくる者は、みだりに民をついやし土壌をあつむるにあらざるなり。まことに守るがためなり。千丈せんじょうの城はすなわち万人まんにんの守りなり。いけ深くして広く、城かたくして厚く、士民しみんそなわり、薪食しんしょくきゅうし、堅く強く、矛戟ぼうげきこれにかなうは、これ守りのほうなり。
  • 妄 … 『直解』では「特」に作る。
  • 其 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
  • 也 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
  • 強 … 底本では「疆」に作るが、『直解』に従い改めた。
攻者、不下十餘萬之衆。其有必救之軍者、則有必守之城。無必救之軍者、則無必守之城。若彼堅而救誠、則愚夫婦無不蔽城盡資血。城者朞年之城、守餘於攻者、救餘於守者。若彼城堅而救不誠、則愚夫婦無不守陴而泣下。此人之常情也。遂發其窖廩救撫、則亦不能止矣。必鼓其豪傑俊、堅甲利兵、勁弩矢并於前、幺麼毀瘠者并於後。十萬之頓於城下。救必開之、守必出之、出據要塞、但救其後、無絶其糧道、中外相應。此救而示之不誠。示之不誠、則倒敵而待之者也。後其壯、前其老、彼敵無前、守不得而止矣。此守權之謂也。
むる者は、十余万じゅうよまんの衆をくだらず。それ必ず救うの軍ある者は、すなわち必ず守るのしろあり。必ず救うの軍なき者は、すなわち必ず守るのしろなし。もし、かの城かたくして救いまことなれば、すなわち愚夫ぐふ蠢婦しゅんぷも城をおおい、資血しけつつくさざるなし。城は期年きねんの城にして、守りはむる者にあまり、救いは守る者にあまればなり。もし、かの城かたくして救いまことならざれば、すなわち愚夫ぐふ蠢婦しゅんぷを守りてなみだくだらざるなし。これ人の常情じょうじょうなり。ついにその窖廩こうりんを発して救撫きゅうぶするも、すなわちまたとどむることあたわず。必ずその豪傑ごうけつ英俊えいしゅんし、堅甲けんこう利兵りへい勁弩けいど強矢きょうしを前にあわせ、幺麼ようま毀瘠きせきの者をうしろあわす。十万の兵、城下じょうかつかる。救い必ずこれを開き、守り必ずこれをで、でて要塞ようさいり、ただそのうしろを救いて、その糧道りょうどうつことなく、中外ちゅうがいあい応ず。これ救いてこれにまことならざるを示す。これにまことならざるを示すは、すなわち敵をさかしまにしてこれを待つ者なり。そのそううしろにし、そのろうまえにせば、かの敵すすむなく、守りとどまらず。これ守権しゅけんいいなり。
  • 城 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
  • 蠢 … 底本では「惷」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 英 … 底本では「雄」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 強 … 底本では「疆」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 幺麼 … 底本では「分歷」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 兵 … 底本では「軍」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 出據 … 底本では「據出」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 示之不誠 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四