>   その他   >   尉繚子   >   治本第十一

尉繚子 治本第十一

凡治人者何。曰、非五穀無以充腹。非絲麻無以蓋形。故充腹有粒、蓋形有縷。夫在芸耨、妻在機杼。民無二事、則有儲蓄。
およそ人を治むるとは、なんぞや。わく、こくにあらざれば、もって腹にたすなし。絲麻しまにあらざれば、もって形をおおうなし。ゆえに腹をたすにつぶあり、形をおおうにいとあり。おっと芸耨うんどうにあり、つま機杼きじょにあり。たみ二事にじなければ、すなわち儲蓄ちょちくあり。
夫無彫文刻鏤之事、女無繍飾纂組之作。木器液、金器腥。聖人飲於土、食於土、故埏埴以爲器、天下無費。今也金木之性、不寒而衣繍飾、馬牛之性、食草飲水而給菽粟。是治失其本。而冝設之制也。春夏夫出於南畒、秋冬女練於布帛、則民不困。今短褐不蔽形、糟糠不充腹、失其治也。古者、土無肥磽、人無勤惰。古人何得、而今人何失邪。耕有不終畒、織有日斷機、而饑寒。蓋古治之行、今治之止也。
おっと彫文ちょうぶん刻鏤こくろうことなく、おんな繍飾しゅうしょく纂組さんそさくなし。木器もくきえきし、金器きんきせいす。聖人はいんし、しょくし、ゆえに埏埴えんしょくもってうつわとなし、天下、ついえなし。いまや、金木きんぼくせい、寒からざるに繍飾しゅうしょく馬牛ばぎゅうせい、草を食し水を飲むに、菽粟しゅくぞくきゅうす。これ、そのもとを失う。しかしてよろしくこれに制をもうくべきなり。春夏しゅんかおっと南畝なんぽで、秋冬しゅうとうおんな布帛ふはくれば、すなわち民くるしまず。今、短褐たんかつ、形をおおわず、糟糠そうこう、腹にたざるは、そのを失えばなり。いにしえ肥磽ひこうなく、人に勤惰きんだなし。古人なんすれぞ得て、しかして今人きんじんなんすれぞ失うや。たがやしてを終えざるあり、りて日にを断ずるあり、しかしていかんぞ饑寒きかんするや。けだしいにしえこれ行なわれ、今はこれめばなり。
  • 奈 … 底本では「柰」に作る。
  • 饑寒 … 底本では「寒飢」に作るが、『直解』に従い改めた。
夫謂治者、使民無私也。民無私、則天下爲一家而無私耕私織、共寒其寒、共。故如有子十人不加一飯、有子一人不損一飯。焉有喧呼酖酒、以敗善類乎。民相輕佻、則欲心、爭奪之患起矣。横生於一夫、則民私飯有儲食、私用有儲財。民一犯禁、而拘以刑治、烏有以爲人上也。善政執其制、使民無私。爲下不敢私、則無爲非者矣。反本縁理、出乎一道、則欲心去、爭奪止、囹圄空。野充粟多、安民懷遠、外無天下之難、内無暴亂之事。治之至也。
それと謂うは、民をしてわたくしなからしむなり。民、わたくしなければ、すなわち天下は一家となりて、わたくしたがやわたくしるなく、ともにその寒きを寒しとし、ともにそのえをえとす。ゆえに十人あれども、一飯いっぱんを加えず、一人あれども、一飯をそんぜざるがごとし。いずくんぞ喧呼けんこし酒にふけりてもって善類ぜんるいやぶるものあらんや。民、あい軽佻けいちょうすれば、すなわち欲心おこり、争奪そうだつわざわい起こらん。よこしま一夫いっぷしょうぜば、すなわち民の私飯しはん儲食ちょしょくあり、私用に儲財ちょざいあらん。民、一たび禁を犯し、しかしてこうしてけいをもって治めなば、いずくんぞもって人の上となることあらんや。善政はその制をり、民をしてわたくしなからしむ。下たるものあえてわたくしせざれば、すなわち非をなす者なからん。もとかえり理にり、一道いちどうよりずれば、すなわち欲心り、争奪そうだつみ、囹圄れいぎょくうなり。ぞく多く、民を安んじ遠きをなつくれば、そと、天下の難なく、うち暴乱ぼうらんことなし。治のいたりなり。
  • 飢 … 『直解』では「饑」に作る。
  • 興 … 底本では「與」に作るが、『直解』に従い改めた。
蒼蒼之天、莫知其極。帝王之君、誰爲法則。往丗不可及、來丗不可待、求己者也。所謂天子者四焉。一曰、神明。二曰、垂光。三曰、洪叙。四曰、無敵。此天子之事也。
蒼蒼そうそうの天は、その極を知るなし。帝王のきみは、たれをか法則となさん。往世おうせいは及ぶべからず、来世は待つべからず、おのれに求むる者なり。いわゆる天子とはなり。一にわく、神明しんめい、二にわく、垂光すいこう、三にわく、洪叙こうじょ、四にわく、無敵むてき。これ天子のことなり。
野物不爲犠牲、雜學不爲通儒。今説者曰、百里之海、不能飲一夫。三尺之泉足止三軍渇。臣謂、欲生於無度、邪生於無禁。太上神化、其次因物、其下在於無奪民時、無損民財。夫禁必以武而成、賞必以文而成。
野物やぶつ犠牲ぎせいとなさず、雑学ざつがく通儒つうじゅとなさず。今、説く者わく、「百里の海は一夫いっぷましむることあたわず。三尺さんじゃくの泉はもって三軍のかつとどむるにる」と。しんおもえらく、欲はなきに生じ、じゃは禁なきに生ず、と。太上たいじょう神化しんかなり、その次は物によるなり、その下は民の時を奪うなく、民の財をそんずるなきにあり。それきんは必ずをもって成り、しょうは必ずぶんをもってる。
  • 以 … この字は『直解』にはなし。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四