>   その他   >   尉繚子   >   武議第八

尉繚子 武議第八

凡兵、不攻無過之城、不殺無罪之人。夫殺人之父兄、利人之財貨、臣妾人之子女、此皆盗也。故兵者、所以誅暴亂、禁不義也。兵之所加者、農不離其田業、賈不離其肆宅、士大夫不離其官府、由其武議在於一人。故兵不血刃而天下親焉。
およそ兵は、あやまちなきの城をめず、罪なきの人を殺さず。それ人の父兄を殺し、人の財貨ざいかし、人の子女を臣妾しんしょうとするは、これみなとうなり。ゆえに兵は、暴乱ぼうらんちゅうし、不義を禁ずるゆえんなり。兵の加うるところの者、のう、その田業でんぎょうを離れず、、その肆宅したくを離れず、士大夫したいふ、その官府かんぷを離れざるは、その武議ぶぎ一人いちにんにあるによりてなり。ゆえに兵、やいばに血ぬらずして天下したしむ。
萬乗農戰、千乗救守、百乗事養。農戰不外索權、救守不外索助、事養不外索資。夫出不足戰、入不足守者、治之以市。市者、所以戰守也。萬乗無千乗之助、必有百乗之市。
万乗ばんじょう農戦のうせんし、千乗は救守きゅうしゅし、百乗は事養じようす。農戦のうせんは外にけんもとめず、救守きゅうしゅは外に助けをもとめず、事養じようは外にもとめず。それでて戦うに足らず、りて守るに足らざる者は、これを治むるにいちをもってす。いちとは、戦守せんしゅきゅうするゆえんなり。万乗ばんじょう、千乗の助けなくんば、必ず百乗のいちあり。
  • 給 … 底本では「外」に作るが、『直解』に従い改めた。
凡誅者、所以明武也。殺一人而三軍震者、殺之。殺一人而萬人喜者、殺之。殺之貴大、賞之貴小。當殺而雖貴重必殺之。是刑上究也。賞及牛童馬圉者、是賞下流也。夫能刑上究、賞下流、此將之武也。故人主重將。夫將提鼓揮枹、臨難决戰、接兵角刃。鼓之而當、則賞功立名。鼓之而不當、則身死國亡。是亡安危、在於枹端。奈何無重將也。夫提皷揮枹、接兵角刃、君以武事成功者、臣以爲、非難也。
およそちゅうは、武を明らかにするゆえんなり。一人を殺して三軍おそるれば、これを殺す。一人を殺して万人まんにん喜ばば、これを殺す。これを殺すは大をたっとび、これをしょうするは小をたっとぶ。まさに殺すべくんば、貴重といえども、必ずこれを殺す。これけい、上にきわまるなり。しょう牛童ぎゅうどう馬圉ばぎょに及ぶは、これしょう、下に流るるなり。それよくけい、上にきわまり、しょう、下に流るるは、これしょうの武なり。ゆえに人主じんしゅしょうを重んず。それしょうひっさふるい、難に臨んで戦いを決し、兵をまじやいばきそう。これをして当たらば、すなわちこうを賞し名を立て、これをして当たらざれば、すなわち死し国ほろぶ。これ存亡そんぼう安危あんき枹端ふたんにあるべし。いかんぞ将を重んずることなからんや。それひっさふるい、兵をまじやいばきそい、きみ武事ぶじをもって功を成す者は、しん以為おもえらく、かたきにあらず、と。
  • 存 … 『直解』では「興」に作る。
  • 在於枹端 … 『直解』では「在於枹端」に作る。
古人曰、無蒙衝而攻、無渠答而守、是無善之軍。視無見、聽無聞、由國無市也。夫市也者、百貨之官也。市賤賣貴以限士人。人食粟一、馬食、人有飢色、馬有瘠形、何也。市有所出、而官無主也。夫提天下之節制、而無百貨之官、無謂其能戰也。
古人わく、「蒙衝もうしょうなくして攻め、渠答きょとうなくして守るは、これ無善むぜんの軍と謂う」と。れども見ることなく、聴けども聞くことなきは、国にいちなきによればなり。それいちとは、百貨ひゃっかの官なり。やすきをいてたかきを売り、もって士人しじんに限る。人、ぞく一斗いっとしょくし、馬、しゅく三斗を食し、人に飢色きしょくあり、馬に瘠形そうけいあるは、なんぞや。いちずるところありて、しかして官にしゅなければなり。それ天下の節制せっせいひっさげて、しかして百貨の官なきは、そのよく戦うをうなきなり。
  • 謂 … 底本では「爲」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 斗 … 底本では「mojikyo_font_013507」に作る。
  • 菽 … 底本では「粟」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 市有所出 … 底本では「市所出」に作るが、『直解』に従い改めた。
起兵、直使甲冑生蟣者、必爲吾所效用也。鷙鳥逐雀、有襲人之懷、入人之室者。非出生、後有憚也。
兵を起こして、ただ甲冑かっちゅうをして蟣蝨きしつを生ぜしむる者は、必ずわが効用するところとなるなり。鷙鳥しちょうすずめうに、人のふところおそい、人のしつる者あり。せいよりずるにあらざるなり、うしろはばかるものあればなり。
  • 蝨 … 底本にこの字はないが、『直解』に従い補った。
  • 也 … 底本にこの字はないが、『直解』に従い補った。
太公望年七十、屠牛朝歌、賣食盟津。過七餘而主不聽、人人謂之狂夫也。及遇文王、則提三萬之衆、一戰而天下定。非武議、安得此合也。故曰、良馬有策、遠道可致、賢士有合、大道可明。
太公望たいこうぼうとし七十にして、牛を朝歌ちょうかほふり、しょく盟津もうしんに売る。七十余しちじゅうよぐれども、しゅ聴かず。人人ひとびとこれを狂夫きょうふと謂えり。文王ぶんおうに遇うに及びて、すなわち三万の衆をひっさげ、一戦して天下さだまる。武議ぶぎにあらずんば、いずくんぞよくこのうをんや。ゆえにわく、「良馬りょうばさくありて、遠道えんどう致すべく、賢士けんしうありて、大道だいどうあきらかなるべし」と。
  • 十 … 底本では「年」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 能 … 底本にこの字はないが、『直解』に従い補った。
武王伐紂、師渡盟津。右旄左鉞、死士三百、戰士三萬。紂之陳億萬、飛廉惡來、身先戟斧、陳開百里。武王不罷士民、兵不血刃、而商誅紂、無祥異也。人事脩不脩而然也。今世將考孤虚、占池、合龜兆、視吉、觀星辰風雲之變、欲以成勝立功。臣以爲難。
武王ぶおうちゅうち、師、盟津もうしんを渡る。ぼうを右にしえつを左にし、死士しし三百、戦士三万なり。ちゅうじん億万おくまんにして、飛廉ひれん悪来おらいずから戟斧げきふに先んじ、じんの開くこと百里。武王ぶおう士民しみんつからせず、兵、やいばに血ぬらずして、しょうちゅうちゅうせるは、祥異しょういなきなり。人事じんじおさまると修まらざるとにてしかりしなり。今の世のしょう孤虚こきょを考え、咸池かんちを占い、亀兆ききょうを合わせ、吉凶きっきょう星辰せいしん風雲ふううんの変を観て、もってしょうを成しこうを立てんと欲す。しん以為おもえらく、かたし、と。
  • 克 … 底本にこの字はないが、『直解』に従い補った。
  • 咸 … 底本では「城」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 凶 … 底本では「mojikyo_font_074988」に作る。
夫將者、上不制於天、下不制於地、中不制於人。故兵者器也。争者逆徳也。將者死官也。故不得已而用之。無天於上、無地於下、無主於後、無敵於前。一人之兵、如狼如虎、如風如雨、如雷如霆、震震冥冥、天下皆驚。勝兵似水。夫水至柔弱者也。然所觸丘陵、必爲之崩。無異也。性專而觸誠也。今以莫邪之利、犀兕之堅、三軍之衆、有所奇正、則天下莫當其戰矣。故曰、舉賢用能、不時日而事利。明法審令、不卜筮而獲吉、貴功養勞、不禱祠而得福、又曰、天時不如地利、地利不如人和。古之聖人、謹人事而已。
それしょうは、上、天にせいせられず、下、地にせいせられず、中、人にせいせられず。ゆえに兵は凶器なり。争いは逆徳ぎゃくとくなり。しょう死官しかんなり。ゆえにやむを得ずしてこれを用う。上に天なく、下に地なく、うしろしゅなく、前に敵なし。一人の兵、おおかみのごとく、とらのごとく、風のごとく、雨のごとく、らいのごとく、ていのごとく、震震しんしん冥冥めいめいとして、天下みな驚く。勝兵しょうへいは水に似たり。それ水は、至って柔弱じゅうじゃくなるものなり。しかれどもるるところの丘陵きゅうりょう必ずこれがためにくずる。なきなり。せいもっぱらにしてるることまことなればなり。今、莫邪ばくやの利、犀兕さいじけん、三軍の衆をもって、奇正きせいするところあらば、すなわち天下、その戦いにたるなし。ゆえにわく、「けんを挙げのうを用うれば、時日じじつならずしてこと、利あり。法を明らかにしれいつまびらかにすれば、卜筮ぼくぜいせずしてきつ、功を貴び労を養えば、禱祠とうしせずして福を」と。またわく、「天の時は地の利にしかず、地の利は人のにしかず」と。いにしえの聖人は、人事をつつしむのみ。
  • 凶 … 底本では「mojikyo_font_074988」に作る。
呉起與秦戰、舎不平隴、樸樕蓋之、以蔽霜露。如此何也。不自高人故也。乞人之死、不索尊、竭人之力、不責禮。故古者、冑之士不拜、示人無己煩也。夫煩人而欲乞其死、竭其力、自古至今、未甞聞矣。
呉起ごきしんと戦うに、しゃ隴畝ろうほたいらげず、樸樕ぼくそくもてこれをおおい、もって霜露そうろおおえり。かくのごとくするはなんぞや。みずから人に高しとせざるゆえなり。人の死をわんとすれば、尊をもとめず、人の力をくさせんとすれば、礼をもとめず。ゆえにいにしえは、介冑かいちゅうの士はいせざるは、人におのれのもってわずらわすことなきを示すなり。それ人をわずらわしてその死をい、その力をくさせんと欲するは、いにしえより今に至るまで、いまだかつてかざるなり。
  • 畝 … 底本では「mojikyo_font_021796」に作る。
  • 介 … 底本では「甲」に作るが、『直解』に従い改めた。
將受命之日忘其家、張軍宿野忘其親、援而鼓忘其身。呉起臨戰、左右進劔。起曰、將專主旗鼓爾。臨難决疑、揮兵指刃、此將事也。一劔之任、非將事也。三軍成行、一舎而後成三舎、三舎之餘如决川源。望敵在前、因其所長而用之、敵白者堊之、赤者赭之。呉起與秦戰未合、一夫不勝其勇、前獲雙首而還。呉起立斬之。軍吏諌曰、此材士也。不可斬。起曰、材士則是。非吾令也。斬之。
しょうめいを受くるの日はその家を忘れ、軍を宿しゅくすときはその親を忘れ、りてするときはその身を忘る。呉起ごき、戦いにのぞみしとき、左右、剣を進む。わく、「将はもっぱ旗鼓きこつかさどるのみ。難に臨み疑を決し、兵をふるやいばを指すは、これしょうの事なり。一剣いっけんにんしょうことにあらざるなり。三軍、こうを成し、一舎いっしゃしてのち三舎を成し、三舎のは、川のみなもとを決するがごとし。敵を望みて前にあれば、そのちょうずるところによりてこれを用い、敵しろなればこれをしろにし、赤なればこれをあかにす。呉起ごきしんと戦いていまだ合わざるに、一夫いっぷ、その勇にえず、すすみて双首そうしゅかえる。呉起ごき、立ちどころにこれをらんとす。軍吏ぐんりいさめてわく、「これ材士ざいしなり。るべからず」と。わく、「材士ざいしはすなわちこれなるも、わがれいにあらざるなり」と。これをる。
  • 枹 … 底本では「抱」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 也 … 底本では「矣」に作るが、『直解』に従い改めた。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四