>   その他   >   尉繚子   >   原官第十

尉繚子 原官第十

官者、事之所主、爲治之本也。制者、職分四民、治之分也。貴爵冨禄、必稱尊卑之體也。好善罰惡、正比法、會計民之具也。均井地、節賦斂、取與之度也。程工人、備器用、匠工之功也。分地塞要、殄怪禁淫之事也。
かんは、ことをこれつかさどるところ、治をなすのもとなり。せいは、四民を職分し、治のぶんなり。しゃくたっとくしろくを富ますは、必ず尊卑そんぴの体にかなうなり。善をよしみ悪を罰し、法を正比せいひするは、民を会計するのなり。井地せいちひとしくし、賦斂ふれんを節するは、取与しゅよなり。工人こうじんはかり、器用を備うるは、匠工しょうこうの功なり。地を分かちようふさぐは、怪をいんを禁ずるのことなり。
守法稽断、臣下之節也。明法稽驗、主上之操也。明主守等輕重、臣主之權也。明賞賚嚴誅責、止之術也。審開塞守一道、爲政之要也。下達上通、至聰之聽也。知國有無之數、用其仂也。知彼弱者、強之體也。知彼動者、靜之决也。
法を守り断をはかるは、臣下の節なり。法を明らかにし、験をはかるは、主上しゅじょうそうなり。主守しゅしゅを明らかにし、軽重けいちょうを等しくするは、臣主しんしゅけんなり。賞賚しょうらいを明らかにし、誅責ちゅうせきを厳しくするは、止姦しかんの術なり。開塞かいそくつまびらかにし、一道を守るは、政をなすの要なり。しもに達しかみに通ずるは、至聡しそうちょうなり。国の有無のすうを知るは、そのろくもちうるなり。かれの弱きを知るは、強のたいなり。かれの動きを知るは、せいけつなり。
  • 姦 … 『直解』では「奸」に作る。
官分文武、惟王之二術也。爼豆同制、天子之會也。遊説諜無自入、正議之術也。諸侯有謹天子之禮、君臣繼丗、承王之命也。更易常、違王明徳、故禮得以伐也。官無事治、上無慶賞、民無獄訟、國無商賈。何王之至。明舉上達、在王垂聽也。
官、文武ぶんぶを分かつは、ただ王の二術にじゅつなり。俎豆そとう、制を同じうするは、天子のかいなり。遊説ゆうぜい間諜かんちょうみずから入ることなきは、議をただすの術なり。諸侯、天子に謹むの礼あり、君臣、世をぐは、王の命をくるなり。号をえ常をえるは、王の明徳にたがう、ゆえに礼もてもってつことをるなり。官にことの治むるなく、かみ慶賞けいしょうなく、民に獄訟ごくしょうなく、国に商賈しょうこなし。なんぞ王の至れるや。明挙めいきょ上達じょうたつは、王の垂聴すいちょうにあるなり。
  • 間 … 底本では「開」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 號 … 底本では「造」に作るが、『直解』に従い改めた。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四