>   その他   >   尉繚子   >   制談第三

尉繚子 制談せいだん第三

凡兵、制必先定。制先定則士不亂。士不亂則刑乃明。金鼓所指、則百人盡闘。陥行亂陳、則千人盡闘。覆軍殺將、則萬人齊刃。天下莫能當其戰矣。
およそ兵は、せい必ず先ず定む。せい先ず定まらばすなわち乱れず。乱れざればすなわちけいすなわち明かなり。金鼓きんこの指す所には、すなわち百人ことごとく闘う。行をおとしいじんを乱すには、すなわち千人ことごとく闘う。軍をくつがえしょうを殺すには、すなわち万人、やいばひとしくす。天下よくその戦いにたるなし。
古者、士有什伍、車有偏列。鼓鳴旗麾先登者、未非多力國士也。先死者亦未甞非多力國士。損敵一人而損我百人。此資敵而傷我甚焉。世將不能禁。征役分軍而逃歸、或臨戰自北、則逃傷甚焉。世將不能禁。殺人於百歩之外者、弓矢也。殺人於五十歩之内者、矛戟也。將已鼓而士卒相嚻、拗矢折矛抱戟、利後發。戰有此數者、内自敗也。世將不能禁。士失什伍、車失偏列、奇兵捐將而走、大衆亦走。世將不能禁。夫將能禁此四者、則高山陵之、深水絶之、堅陳犯之。不能禁此四者、猶亡舟楫絶江河。不可得也。
いにしえは、什伍じゅうごあり、車に偏列へんれつあり。鳴り旗さしまねきて先ず登る者は、いまだかつて多力たりきの国士にあらずんばあらず。先ず死する者もまたいまだかつて多力たりきの国士にあらずんばあらず。てき一人いちにんそんしてわが百人を損す。これ敵をたすけてわれをそこなうことはなはだし。世のしょうは禁ずることあたわず。征役せいえきに軍を分かちて逃げ帰り、あるいは戦いにのぞみてみずからぐれば、すなわち逃傷とうしょうはなはだし。世のしょうは禁ずることあたわず。人を百歩のそとに殺す者は、弓矢きゅうしなり。人を五十歩のうちに殺す者は、矛戟ぼうげきなり。しょうすでに鼓して士卒しそつあいかまびすしく、矢をり、ほこを折り、げきを抱き、後れて発するを利とす。戦いにこの数者すうしゃあらば、内にみずから敗るるなり。世のしょうは禁ずることあたわず。什伍じゅうごを失い、車は偏列へんれつを失い、奇兵きへいしょうてて走り、大衆もまた走る。世のしょうは禁ずることあたわず。それしょう、よくこの四つの者を禁ずれば、すなわち高山もこれをしのぎ、深水もこれをわたり、堅陳けんじんもこれを犯す。この四つの者を禁ずることあたわざれば、なお舟楫しゅうしゅううしないて江河こうがわたるがごとし。べからざるなり。
  • 嘗 … 底本では「常」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 也 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
民非樂死而惡生也。號令明、法制審、故能使之前。明賞於前、決罰於後。是以發能中利、動則有功。百人一卒、千人一司馬、萬人一將、以少誅衆、以弱誅。試聽臣言、其術足使三軍之衆誅一人無失刑。父不敢舎子、子不敢舎父。况國人乎。
たみは死を楽しみて生をにくむにあらざるなり。号令ごうれい明らかに、法制ほうせいつまびらかなり、ゆえによくこれをしてすすましむ。しょうを前に明らかにし、罰をうしろけっす。ここをもって発すればよく利にあたり、動けばすなわちこうあり。今、百人に一卒いっそつあり、千人に一司馬しばあり、万人まんにん一将いっしょうあり、少なきをもっておおきをちゅうし、じゃくをもってきょうちゅうす。こころみにしんげんかば、その術、三軍のしゅうをして、一人をちゅうするにも、刑を失うことなからしむるに足らん。父あえて子をゆるさず、子あえて父をゆるさず。いわんや国人くにびとをや。
  • 今 … 『直解』では「令」に作る。
  • 強 … 底本では「疆」に作るが、『直解』に従い改めた。
仗劔撃於市、萬人無不避之者。臣謂、非一人之獨勇、萬人皆不肖也。何則必死與必生、固不侔也。聽臣之術、足使三軍之衆爲一死賊、莫當其前、莫隨其後、而能獨出獨入焉。獨出獨入者、王霸之兵也。有提十萬之衆、而天下莫當者、誰。曰、桓公也。有提七萬之衆、而天下莫當者、誰。曰、呉起也。有提三萬之衆、而天下莫當者。誰。曰、武子也。今天下諸國、士所率、無不及二十萬之衆。然不能濟功名者、不明乎禁舎開塞也。明其制、一人勝之、則十人亦以勝之也。十人勝之、則百千萬人亦以勝之也。故曰、便吾器用、養吾武勇、發之如鳥撃、如赴千仭之谿。
一賊いちぞく、剣にりていちに撃てば、万人まんにんこれを避けざる者なし。しんおもえらく、一人のひとり勇にして万人まんにんみな不肖ふしょうなるにあらざるなり。なんとなれば、すなわち必死ひっし必生ひっしょうまことひとしからざればなり。しんじゅつを聴かば、三軍の衆をして一死賊しぞくとなし、その前に当たるなく、そのうしろしたがうなくして、よくひとりで、ひとりらしむに足らん。ひとりで、ひとりる者は、王覇おうはの兵なり。十万の衆をひっさげて天下たるなき者あり。たれぞや。わく、桓公かんこうなり。七万の衆をひっさげて天下たるなき者あり。たれぞや。わく、呉起ごきなり。三万の衆をひっさげて天下たるなき者あり。たれぞや。わく、武子ぶしなり。今、天下諸国、ひきいるところ、二十万の衆におよばざるなし。しかれども功名こうみょうすことあたわざる者は、禁舎きんしゃ開塞かいそくに明らかならざればなり。そのせいを明らかにして一人これにたば、すなわち十人にもまたもってこれに勝たん。十人これにたば、すなわち百千万人にもまたもってこれにたん。ゆえにわく、わが器用きよう便べんにし、わが武勇ぶゆうを養い、これを発すること、鳥のつがごとく、千仭せんじん谿たにおもむくがごとし。
  • 賊 … 『直解』では「夫」に作る。
  • 二十萬之衆 … 底本では「二十萬之衆」に作る。
今國被患者、以重出聘、以愛子出質、以地界出割、得天下助卒、名爲十萬、其實不過數萬爾。其兵來者、無不謂其將者曰、無爲下先戰。其實不可得而戰也。量吾境内之民、無伍莫能正矣。經制十萬之衆、而王必能使之衣吾衣、食吾食、戰不勝、守不固者、非吾民之罪、内自致也。天下諸國助我戰、猶良驥騄之駛、彼駑馬鬐興角逐。何能紹吾氣哉。
いま、国の、わざわいこうむる者、重幣じゅうへいをもってだしへいし、愛子あいしをもって出だしとし、地界ちかいをもって出だしき、天下の助卒じょそつを得て、名づけて十万となすも、そのじつは数万にぎざるのみ。その兵たる者は、そのしょうに謂いて、「天下のせんとなりて戦うなかれ」と曰わざるはなし。そのじつは得て戦うべからざるなり。わが境内きょうないの民をはかるに、なければ、よくただすなし。十万の衆を経制けいせいして、おう必ずよくこれをしてわが、わがしょくわしめて、戦い勝たず、守り固からざる者は、わが民の罪にあらず、うちみずから致すなり。天下の諸国、われを助けて戦うは、なお良驥りょうき騄駬ろくじはやきに、かの駑馬どば鬐興きこうして角逐かくちくするがごとし。なんぞよくわが気をがんや。
  • 幣 … 底本では「寶」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 天 … 『直解』では「人」に作る。
  • 駬 … 底本では「耳」に作るが、『直解』に従い改めた。
吾用天下之用爲用、吾制天下之制爲制。修吾號令、明吾刑賞、使天下非農所得食、非戰無所得爵、使民揚臂争出農戰。而天下無敵矣。故曰、發號出令、信行國内。民言有可以勝敵者、毋許其空言、必試其能戰也。
われ、天下のようもちいてようとなし、われ、天下のせいせいして制となす。わが号令ごうれいを修め、わが刑賞けいしょうを明らかにし、天下をしてのうにあらずんば食をるところなからしめ、戦いあらずんばしゃくるところなからしめ、民をしてひじげ争い出でて農戦のうせんせしむ。しかして天下に敵なし。ゆえにわく、ごうを発し令をだして、しん、国内に行なわる、と。民、もって敵に勝つべきありと言う者は、その空言くうげんを許すことなく、必ずそのよく戦うをこころみよ。
視人之地而有之、分人之民而畜之、必能内有其賢者也。不能内有其賢、而欲有天下、必覆軍殺將。如此、雖戰勝而國益弱、得地而國益貧。由國中之制矣。
人の地をてこれをたもち、人の民を分かちてこれをやしなうは、必ずよくうちにその賢者あればなり。うちにそのけんあることあたわずして、天下をたもたんと欲せば、必ず軍をくつがえしょうを殺さん。かくのごとくんば、戦い勝つといえども国ますます弱く、地をれども国ますますまずし。国中くにじゅうせいやぶるるによりてなり。
  • 弊 … 底本では「mojikyo_font_006010」に作る。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四