>   その他   >   尉繚子   >   戦威第四

尉繚子 戦威第四

凡兵、有以道勝、有以威勝、有以力勝。講武料敵、使敵之氣失而師散、雖形全而不爲之用。此道勝也。審法制、明賞罰、便器用、使民有必戰之心。此威勝也。破軍殺將、乗闉發機、潰衆奪地、成功乃返。此力勝也。王侯知此以三勝者、畢矣。
およそ兵は、道をもって勝つあり、をもって勝つあり、力をもって勝つあり。こうじ敵をはかり、敵の気をして失いて散じ、形まったしといえどもこれがようをなさざらしむ。これ道のしょうなり。法制をつまびらかにし、賞罰を明らかにし、器用きよう便べんにし、民をして必戦ひっせんの心あらしむ。これしょうなり。軍を破りしょうを殺し、いんじょうじ機を発し、衆をついやし地を奪い、こうを成してすなわち返る。これ力のしょうなり。王侯おうこう、この三勝さんしょうするゆえんの者を知れば、おわりぬ。
  • 所 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
夫將所以戰者、民也。民之所以戰者、氣也。氣實則闘、氣奪則走。刑未加、兵未接、而所以奪敵者五。一曰、廟勝之論。二曰、受命之論。三曰、踰垠之論。四曰、深溝高壘之論。五曰、舉陳加刑之論。此五者、先料敵而後動、是以撃虚奪之也。善用兵者、能奪人而不奪於人。
それしょうの戦うゆえんの者は、民なり。民の戦うゆえんの者は、気なり。気、つればすなわち闘い、気、奪わるればすなわち走る。刑いまだ加えず、兵いまだまじえずして、敵を奪うゆえんの者いつつあり。一にわく、廟勝びょうしょうの論。二にわく、受命じゅめいの論。三にわく、踰垠ゆぎんの論。四にわく、深溝しんこう高塁こうるいの論。五にわく、挙陳きょじん加刑かけいの論。この五つの者は、先ず敵をはかりてのち動き、ここをもってきょを撃ちてこれを奪うなり。く兵をもちうる者は、よく人を奪いて人にうばわれず。
  • 之 … 底本では「卒」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 刑未加 … 底本では「刑未加」に作るが、『直解』に従い改めた。
奪者、心之機也。令者、一衆心也。衆不審、則數變。數變、則令雖出、衆不信矣。故令之之法、小過無更、小疑無。故上無疑令、則衆不二聽。動無疑事、則衆不二志。未有不信其心而能得其力者。未有不得其力而能致其死戰者也。故國必有禮親愛之義、則可以飢易飽、國必有孝慈廉耻之俗、則可以死易生。古者率民、必先禮信而後爵禄、先廉耻而後刑罰、先親愛而後律其身。
奪うは、心の機なり。れいは、衆心しゅうしんいつにするなり。衆、つまびらかにせざれば、すなわちしばしば変ず。しばしば変ずれば、すなわちれいずといえども、衆、信ぜず。ゆえにこれにれいするの法は、小過しょうかあらたむることなく、小疑しょうぎぶることなかれ。ゆえに上に疑令ぎれいなければ、すなわち衆、聴くを二つにせず。動くに疑事ぎじなければ、すなわち衆、こころざしを二つにせず。いまだその心を信ぜずしてよくその力をる者はあらざるなり。いまだその力を得ずしてよくその死戦をいたす者はあらざるなり。ゆえに国に必ず礼信れいしん親愛しんあいの義あらば、すなわちをもってほううべく、国に必ず孝慈こうじ廉恥れんちの俗あらば、すなわち死をもって生にうべし。いにしえは、民をひきいるに、必ず礼信れいしんさきにして爵禄しゃくろくあとにし、廉恥れんちを先にして刑罰をあとにし、親愛を先にしてその身をりっするをあとにす。
  • 令之之法 … 底本では「令之法」に作るが、『直解』に従い補った。
  • 申 … 『直解』では「中」に作る。
  • 也 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
  • 信 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
故戰者、必本乎率身以勵衆士、如心之使四也。志不勵則士不死節。士不死節則衆不戰。勵士之道、民之生不可不厚也。爵列之等、死喪之親、民之所營、不可不顯也。必也因民所生而制之、因民所營而顯之。田禄之實、飲食之親、郷里相勸、死相救、兵役相從、此民之所勵也。使什伍如親戚、卒伯如朋友、止如堵牆、動如風雨、車不結轍、士不旋踵、此本戰之道也。
ゆえに戦いは、必ず身をひきいてもって衆士しゅうしを励ますにもとづき、心の四肢ししを使うがごとし。こころざし、励まさざれば、すなわちせつに死せず。士、節に死せざれば、すなわち衆、戦わず。士を励ますの道、民のせいあつくせざるべからざるなり。爵列しゃくれつとう死喪しそうしん、民のいとなむところは、あらわさざるべからざるなり。必ずや民のくるところによりてこれをせいし、民のいとなむところによりてこれをあらわす。田禄でんろくじつ、飲食のしん、郷里あいつとめ、死喪しそうあい救い、兵役あい従う、これ民のはげむところなり。什伍じゅうごは親戚のごとく、卒伯そつはくは朋友のごとく、とどまること堵牆としょうのごとく、動くこと風雨のごとく、車はわだちを結ばず、きびすめぐらさざらしむ。これ本戦ほんせんみちなり。
  • 肢 … 底本では「支」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 喪 … 底本では「生」に作るが、『直解』に従い改めた。
地所以養民也。城所以守地也。戰所以守城也。故務耕者民不飢。務守者地不危。務戰者城不圍。三者先王之本務。本務者、最急。故先王專於兵有五焉。委積不多則士不行。賞禄不厚則民不勸。武士不選則衆不強。用不則力不壯。刑賞不中則衆不畏。務此五者、靜能守其所固、動能成其所欲。夫以居攻出、則居欲重、陣欲堅、發欲畢、欲齊。
地は民を養うゆえんなり。城は地を守るゆえんなり。戦いは城を守るゆえんなり。ゆえにこうつとむれば民えず。守りを務むれば地あやうからず。戦いを務むれば城かこまれず。三つのものは先王せんおう本務ほんむなり。本務は兵もっとも急なり。ゆえに先王、兵にもっぱらにすること、五つあり。委積いし多からざればすなわちかず。賞禄しょうろく厚からざればすなわち民すすまず。武士えらばざればすなわち衆つよからず。器用きようそなわらざればすなわち力そうならず。刑賞けいしょうあたらざればすなわち衆おそれず。この五つのものを務むれば、せいなればよくそのかたきところを守り、どうなればよくその欲するところを成す。それきょをもってこうずるには、すなわちきょは重からんことを欲し、陣はかたからんことを欲し、はつくさんことを欲し、とうひとしからんことをほっす。
  • 也 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
  • 者 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
  • 最急 … 底本では「最急本者」に作る。
  • 用不 … 底本では「用不便」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 闘 … 底本では「闕」に作るが、『直解』に従い改めた。
王國冨民、霸國冨士、僅存之國冨大夫、亡國冨倉府。所謂上滿下漏、患無所救。故曰、舉賢任能、不時日而事利。明法審令、不卜筮而吉、貴功養勞、不禱祠而得福。又曰、天時不如地利、地利不如人和。聖人所貴、人事而已。
王国は民を富まし、覇国はこくは士を富まし、わずかに存するの国は大夫たいふを富まし、亡国は倉府そうふを富ます。いわゆる上ち下るるは、わざわい救うところなし。ゆえにわく、「けんを挙げのうにんずれば、時日じじつならずしてこと、利あり。法を明らかにしれいつまびらかにすれば、卜筮ぼくぜいせずしてきつ、功をたっとび労を養えば、禱祠とうしせずして福を」と。またわく、「天のときは地の利にしかず、地の利は人のにしかず」と。聖人のたっとぶところは、人事じんじのみ。
  • 獲 … 底本では「事」に作るが、『直解』に従い改めた。
夫勤勞之師、將先己。暑不張、寒不重衣、險必下歩、軍井成而飲、軍食熟而後飯、軍壘成而後舎、勞佚必以身同之。如此、師雖久而不老不弊。
それ勤労の師は、しょう必ずおのれさきにす。暑さにもかさらず、寒さにもを重ねず、けんには必ず下りて歩き、軍井ぐんせい成りてのち飲み、軍食ぐんしょく熟してのちにはんし、軍塁ぐんるい成りてのちしゃし、労佚ろういつ必ず身をもってこれを同じくす。かくのごとくんば、師ひさしといえども、ろうせずへいせず。
  • 必 … 底本では「不」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 蓋 … 底本では「盖」に作る。
  • 後 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四