>   その他   >   尉繚子   >   踵軍令第二十

尉繚子 踵軍令第二十

所謂踵軍者、去大軍百里、期於會地。爲三日熟食、前軍而行。爲戰合之表、合表乃起。踵軍饗士、使爲之戰勢。是謂趨戰者也。興軍者、前踵軍而行、合表乃起。去大軍一倍其道、去踵軍百里、期於會地。爲六日熟食、使爲戰備。分卒據要害、戰利則追北、按兵而趨之。踵軍遇有還者誅之。所謂諸將之兵、在四奇之内者勝也。
いわゆる踵軍しょうぐんとは、大軍を去ること百里、会地かいちす。三日みっか熟食じゅくしょくをなし、軍にさきんじて行く。戦いをなすや、これにひょうがっし、表を合してすなわちつ。踵軍しょうぐんきょうし、これが戦勢せんせいをなさしむ。これ戦いにおもむく者とうなり。興軍こうぐんとは、踵軍しょうぐんさきんじて行き、ひょうがっしてすなわちつ。大軍を去ることその道を一倍し、踵軍しょうぐんを去ること百里、会地かいちす。六日むいか熟食じゅくしょくをなし、戦備せんびをなさしむ。そつかちて要害ようがいり、戦いあればすなわちぐるを追い、兵をあんじてこれにおもむく。踵軍しょうぐんかえる者あるにえば、これをちゅうす。いわゆる諸将しょしょうの兵、四奇しきの内にある者はつなり。
  • 踵軍 … いわゆる機動部隊のこと。
  • 興軍 … いわゆる遊撃部隊のこと。
兵有什伍、有分有合、豫爲之職、守要塞關梁而分居之。戰合表起、即皆會也。大軍爲計日之食、起戰具無不及也。令行而起、不如令者有誅。
兵に什伍じゅうごあり、ぶんありごうあり、あらかじめこれが職をなし、要塞ようさい関梁かんりょうを守りてこれに分居ぶんきょす。戦いひょうがっしてち、すなわちみなかいするなり。大軍、計日けいじつしょくをなし、つときは戦具せんぐ及ばざるなし。れい行なわれてち、れいにしかざる者はちゅうあり。
凡稱分塞者、四境之内、當興軍踵軍既行、則四境之民、無得行者。奉王之命、授持符節、名爲順職之吏。非順職之吏而行者誅之。戰合表起、順職之吏乃行、用以相參。故欲戰先安内也。
およそ分塞ぶんさいしょうするは、四境しきょうの内、興軍こうぐん踵軍しょうぐんすでに行くに当たりて、すなわち四境しきょうの民、行くことをる者なし。王のめいほうじ、符節ふせつ授持じゅじするは、名づけて順職じゅんしょくとなす。順職じゅんしょくにあらずして行く者は、これをちゅうす。戦い、表をがっして起つに、順職じゅんしょくすなわち行き、もちうるに相参そうさんをもってす。ゆえに戦いを欲すれば、先ずうちやすんずるなり。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四