>   その他   >   尉繚子   >   攻権第五

尉繚子 攻権第五

兵以靜勝、國以專勝。力分者弱、心疑者背。夫力弱、故進退不豪、縱敵不。將吏士卒、動靜一身。心既疑背、則計决而不動、動决而不禁、異口虚言、將無修容、卒無常試、發攻必衂。是謂疾陵之兵。無足與闘。將帥者心也、羣下者支節也。其心動以誠、則支節必力。其心動以疑、則支節必背。夫將不心制、卒不節動、雖勝幸勝也。非攻權也。
兵は静なるをもって勝ち、国はせんなるをもって勝つ。力かるる者は弱く、こころ疑う者はそむく。それ力弱し、ゆえに進退ごうならず、敵をゆるしてとりこにせず。将吏しょうり士卒しそつは、動静どうせい一身いっしんなり。こころすでに疑いそむけば、すなわちけい決すれども動かず、動くこと決して禁ぜず、異口いこう虚言きょげんしょう修容しゅうようなく、そつ常試じょうしなく、はっむれば必ずやぶる。これを疾陵しつりょうの兵と謂う。ともに闘うに足るなし。将帥しょうすいこころなり、群下ぐんか支節しせつなり。そのこころ動くにまことをもってすれば、すなわち支節しせつ必ず力あり。そのこころ動くにをもってすれば、すなわち支節しせつ必ずそむく。それしょうこころ制せず、そつ節動せつどうせざれば、勝つといえども幸勝こうしょうなり、攻権こうけんにあらざるなり。
  • 擒 … 底本では「禽」に作るが、『直解』に従い改めた。
夫民無兩畏也。畏我侮敵、畏敵侮我。見侮者敗、立威者勝。凡將能其道者、吏畏其將也。吏畏其將者、民畏其吏也。民畏其吏者、敵畏其民也。是故知勝敗之道者、必先知畏侮之權。夫不愛悦其心者、不我用也。不嚴畏其心者、不我舉也。愛在下順、威在上立、愛故不二。威故不犯。故善將者、愛與威而已。
それ民に両畏りょういなきなり。われをおそるれば敵をあなどり、敵をおそるればわれをあなどるなり。あなどらるる者はやぶれ、を立つる者は勝つ。およそしょう、その道をよくする者は、そのしょうおそるるなり。、そのしょうおそるる者は、民その吏をおそるるなり。民、その吏をおそるる者は、敵その民をおそるるなり。このゆえに、勝敗の道を知る者は、必ずまず畏侮いぶけんを知る。それその心を愛悦あいえつせざる者は、わがようたらざるなり。その心を厳畏げんいせざる者は、わがきょたらざるなり。愛は下のしたがうにあり、は上の立つるにあり。愛するがゆえにならず。あるがゆえに犯さず。ゆえに善くしょうたる者は、愛ととのみ。
戰不必勝、不可以言戰。攻不必拔、不可以言攻。不然、刑賞不足信也。信在期前、事在未兆。故衆已聚、不虚散。兵已出、不徒歸。求敵若求亡子、撃敵若救溺人。分險者無戰心、挑戰者無全氣、闘戰者無勝兵。
戦いて必ず勝たずんば、もって戦いを言うべからず。攻めて必ずかずんば、もってこうを言うべからず。しからずんば、刑賞けいしょう、信ずるに足らざるなり。しんの前にあり、ことはいまだきざさざるにあり。ゆえに衆すでにあつまれば、むなしく散ぜず。兵すでにずれば、いたずらに帰らず。敵を求むること亡子ぼうしを求むるがごとく、敵を撃つこと溺人じゃくじんを救うがごとし。けんかつ者は戦心せんしんなく、戦いをいどむ者は全気ぜんきなく、闘戦とうせんする者は勝兵しょうへいなし。
  • 刑賞 … 底本では「刑賞」に作る。
凡挾義而戰者、貴從我起。爭私結怨、應不得已、怨結雖起、待之貴後。故爭必當待之。息必當備之。兵有勝於朝廷。有勝於原野。有勝於市井。闘則得、服則失。幸以不敗、此不意彼驚懼而曲勝之也。曲勝言非全也。非全勝者無權名。
およそ義をさしはさみて戦う者は、われより起こすことをたっとぶ。わたくしを争い怨みを結ぶは、やむをざるに応じ、怨み結ばれて起こすといえども、これをちて後るるをたっとぶ。ゆえに争いは必ずまさにこれを待つべし。いこうは必ずまさにこれにそなうべし。兵は朝廷に勝つあり。原野に勝つあり。市井しせいに勝つあり。闘えばすなわちふくすればすなわち失う。さいわいにしてもってやぶれざるは、これ不意ふいにかれは驚懼きょうくしてげてこれに勝つなり。げて勝つとは、まったきにあらざるを言うなり。全勝ぜんしょうにあらざれば、権名けんめいなし。
  • 則得服 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
故明主、戰攻日、合鼓合、節以兵刃、不求勝而勝也。兵有去備徹威而勝者。以其有法故也。有器用之定也。其應敵也周、其総率也極。故五人而伍、十人而什、百人而卒、千人而率、萬人而將。已已極。其朝死則朝代、暮死則暮代。
ゆえに明主めいしゅは、戦攻せんこうの日、を合わせつのを合わせ、せっするに兵刃へいじんをもってし、勝つことを求めずして勝つなり。兵にを去りてて勝つ者あり。その法あるをもってのゆえなり。器用きようはやく定まるあればなり。その敵に応ずるやあまねく、その総率そうそつするやきわまれり。ゆえに五人にしてあり、十人にしてじゅうあり、百人にしてそつあり、千人にしてすいあり、万人まんにんにしてしょうあり。すでにあまねくしてすでに極まれり。そのあしたに死すればすなわちあしたわらしめ、ゆうべに死すればすなわちゆうべわらしむ。
  • 角 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
  • 蚤 … 底本では「早」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 周 … 底本では「用」に作るが、『直解』に従い改めた。
權敵審將而後舉兵。故凡集兵千里者旬日、百里者一日、必集敵境。卒聚將至、深入其地、錯絶其道、其大城大邑、使之登城逼危、男女數重、各逼地形而攻要塞。據一城邑而數道絶、從而攻之。敵將帥不能信、吏卒不能和。刑有所不從者、則我敗之矣。敵救未至而一城已降。津梁未發、要塞未脩、城險未設、渠答未張、則雖有城、無守矣。遠堡未入、戍客未歸、則雖有人、無人矣。六畜未聚、五穀未收、財用未歛、則雖有資、無資矣。夫城邑空虚而資盡者、我因其虚而攻之。法曰、獨出獨入、敵不接刃而致之。此之謂矣。
敵をはかしょうつまびらかにして、のちに兵をぐ。ゆえにおよそ兵を集むること千里なる者は旬日じゅんじつ、百里なる者は一日いちにちにして、必ず敵のきょうに集まる。そつあつまりしょう至りて、深くその地にり、その道を錯絶さくぜつし、その大城たいじょう大邑たいゆうみて、これをして城に登りあやうきにせまらしめ、男女数重すうちょう、おのおの地形にせまりて要塞ようさいむ。一城邑じょうゆうりて数道すうどう絶し、従いてこれをむ。敵の将帥しょうすいは信なることあたわず、吏卒りそつすることあたわず。刑、従わざるところあらば、すなわちわれこれをやぶる。敵の救いいまだ至らずして、一城いちじょうすでにくだる。津梁しんりょういまだ発せず、要塞ようさいいまだ修めず、城険じょうけんいまだもうけず、渠答きょとういまだらざれば、すなわち城ありといえども、守ることなし。遠堡えんぼういまだらず、戍客じゅかくいまだ帰らざれば、すなわち人ありといえども、人なし。六畜りくきゅういまだあつめず、こくいまだ収めず、財用ざいよういまだおさめざれば、すなわちありといえども、資なし。それ城邑じょうゆう空虚にしてくる者は、われ、そのきょによりてこれをむ。法にわく、「ひとりでひとりる。敵人てきじんやいばまじえずしてこれを致す」と。これのいいなり。
  • 棲 … 底本では「栖」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 人 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四