>   その他   >   尉繚子   >   戦権第十二

尉繚子 戦権第十二

兵法曰、千人而成權、萬人而成武。權先加人者、敵不力交。武先加人者、敵無威接。故兵貴先。勝於此則勝彼矣。弗勝於此則弗勝彼矣。凡我徃則彼來、彼來則我徃、相爲勝敗。此戰之理然也。
兵法にわく、「千人にしてけんを成し、万人まんにんにしてを成す」と。けんさきんじて人に加うれば、てき、力まじえず。さきんじて人に加うれば、敵、まじえるなし。ゆえに兵はせんたっとぶ。これに勝たば、すなわち彼に勝つ。これに勝たずんば、すなわち彼に勝たず。およそわれかばすなわち彼たり、彼たらばすなわちわれき、たがいに勝敗をなす。これ戦いのしからしむるなり。
夫精誠在乎神明、戰在乎道之所極。有者無之、無者有之。安所信之。先王之所傳聞者、任正去詐、存其慈順、决無留刑。故知道者、必先不知止之敗。惡在乎必徃有功。輕進而求戰、敵復止、我徃而敵制勝矣。故兵法曰、求而從之、見而加之、主人不敢當而陵之、必喪其權。凡奪者無氣、恐者不可守、敗者無人。兵無道也。意徃而不疑則從之、奪敵而無則加之、明視而高居則威之。兵道極矣。
それ精誠せいせい神明しんめいにあり、戦権せんけんは道の極まるところにあり。ゆうなればこれを無にし、無なればこれをゆうにす。いずくんぞこれを信ずるところあらんや。先王せんおう伝聞でんぶんするところは、せいにんを去り、その慈順じじゅんそんし、決して刑をとどむるなし。ゆえに道を知る者は、必ずまずとどまることを知らざるのはいはかる。いずくんぞ必ずきて功あるにあらんや。かるがるしく進みて戦いを求むれば、敵またとどまることを図り、われきて敵、しょうせいす。ゆえに兵法へいほうわく、「求められてこれに従い、あらわれてこれに加え、主人あえて当たらずしてこれをしのぐは、必ずそのけんうしなう」と。およそうばわるれば気なく、恐るれば守るべからず、やぶるれば人なし。兵に道なければなり。かんことをおもいて疑わずんば、すなわちこれに従い、敵を奪いてすすむことなくんば、すなわちこれに加え、を明らかにして高きにらば、すなわちこれをす。兵の道きわまれり。
  • 權 … 底本では「楹」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 圖 … 底本では「mojikyo_font_071173」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 可守 … 底本では「守可」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 前 … 底本では「敗」に作るが、『直解』に従い改めた。
其言無謹偸矣。其陵犯無節矣。水潰雷撃、三軍亂矣。必安其危去其患、以智决之。高之以廊廟之、重之以受命之論、鋭之以踰垠之論、則敵國可不戰而服。
そのげんきんなきは、ぬすむ。その陵犯りょうはんに節なきは、破る。水けっし雷つは、三軍乱る。必ずそのあやうきをやすんじ、そのわざわいを去らんとせば、智をもってこれを決す。これを高くするに廊廟ろうびょうの論をもってし、これを重んずるに受命じゅめいの論をもってし、これをするどくするに踰垠ゆぎんの論をもってすれば、すなわち敵国、戦わずしてふくすべし。
  • 破 … 底本では「被」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 論 … 底本では「諭」に作るが、『直解』に従い改めた。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四