>   その他   >   尉繚子   >   兵教下第二十二

尉繚子 兵教下第二十二

臣聞、人君有必勝之道、故能并兼廣大、以一其制度。則威加天下有十二焉。一曰、連刑。謂同罪保伍也。二曰、地禁。謂禁止行道以網外也。三曰、全軍。謂甲首相附、三五相同、以結其聮也。四曰、開塞。謂分地以限、各死其職而堅守也。五曰、分限。謂左右相禁、前後相待、垣車爲固、以逆以止也。六曰、號別。謂前列務進、以別其後者、不得争先登、不次也。七曰、五章。謂彰明行列、始卒不亂也。八曰、全曲。謂曲折相從、皆有分部也。九曰、金鼓。謂興有功、致有徳也。十曰、陳車。謂接連前矛、馬冒其目也。十一曰、死士。謂衆軍之中有材者、乗於戰車、前後縱横、出奇制敵也。十二曰、力卒。謂經全曲、不麾不動也。此十二者教成、犯令不舎。兵弱能強之、主卑能尊之、令能起之、民流能親之、人衆能治之、地大能守之。國車不出於閫、組甲不出於而威服天下矣。
しん聞く、人君じんくんに必勝の道あり、ゆえによく広大を并兼へいけんし、もってその制度をいつにす、と、すなわち、天下に加うるに十二あり。一にわく、連刑れんけい。同罪としてすることを謂うなり。二にわく、地禁ちきん。道を行くことを禁止し、もって外姦がいかんあみすることを謂うなり。三にわく、全軍。甲首こうしゅあいし、三五さんごあい同じうし、もってそのれんを結ぶことを謂うなり。四にわく、開塞かいそく。地を分かちてもって限り、おのおのその職に死して堅守けんしゅすることを謂うなり。五にわく、分限ぶんげん。左右あい禁じ、前後あい待ち、車をかきにして固めとなし、もってむかえ、もってとどまることを謂うなり。六にわく、号別ごうべつ。前列すすむをつとめ、もってそのおくるるを別かち、先を争いて登り、せざるを得ざることを謂うなり。七にわく、五章。行列こうれつ彰明しょうめいし、始卒しそつ乱れざることを謂うなり。八にわく、全曲。曲折きょくせつあい従い、みな分部ぶんぶあることを謂うなり。九にわく、金鼓きんこ有功ゆうこうおこし、有徳を致すことを謂うなり。十にわく、陳車じんしゃ前矛ぜんぼう接連せつれんし、馬、その目をおかすことを謂うなり。十一にわく、死士しし衆軍しゅうぐんの中、材智ざいちある者、戦車に乗り、前後縦横じゅうおうし、だし敵を制することを謂うなり。十二にわく、力卒りきそつおさめ曲をまったくして、さしまねかざれば動かざることを謂うなり。この十二のもの教え成り、れいを犯さばゆるさず。兵よわきはよくこれを強くし、しゅいやしきはよくこれをたっとび、れいすたるるはよくこれを起こし、民りゅうするはよくこれをしたしましめ、人おおきはよくこれを治め、地だいなるはよくこれを守る。国車こくしゃこんでず、組甲そこうこうでずして、天下を威服いふくす。
  • 姦 … 『直解』では「奸」に作る。
  • 智 … 底本では「力」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 旗 … 『直解』では「其」に作る。
  • 弊 … 底本では「mojikyo_font_006010」に作る。
  • 櫜 … 『直解』では「橐」に作る。
兵有五致。爲將忘家。踰垠忘親。指敵忘身。必死則生。急勝爲下。百人被刃、陷行亂陳。千人被刃、擒敵殺將。萬人被刃、横行天下。
兵に五致ごちあり。しょうとなりては家を忘る。ぎんえてはしんを忘る。敵をしては身を忘る。死をひっすればすなわちく。しょうを急ぐはとなす。百人、やいばこうむれば、こうおとじんを乱す。千人、やいばこうむれば、敵をとらしょうを殺す。万人まんにんやいばこうむれば、天下に横行おうこうす。
武王問太公望曰、吾欲少間而極用人之要。望對曰、賞如山、罰如谿。太上無過、其次補過、使人無得私語。諸罰而請不罰者死。諸賞而請不賞者死。
武王ぶおう太公望たいこうぼうに問うてわく、「われ、少間しょうかんにして人をもちうるのようきわめんと欲す」と。ぼうこたえてわく、「しょうは山のごとく、ばつたにのごとくす。太上たいじょうあやまちなく、その次はあやまちをおぎない、人をして私語しごすることをるなからしむ。もろもろのばっせらるべくしてばっせられざるをう者は死す。もろもろのしょうせらるべくしてしょうせられざるをう者はす。
伐國必因其變。示之財以觀其窮、示之以觀其病。上乖下離。若此之類、是伐之因也。凡興師、必審内外之權、以計其去。兵有備闕、糧食有餘不足。校所出入之路、然後興師伐亂、必能入之。地大而城小者、必先収其地。城大而地窄者、必先攻其城。地廣而人寡者、則絶其阨。地而人衆者、則築大堙以臨之。無喪其利、無奪其時、寛其政、夷其業、救其、則足以施天下。
国をつは必ずその変による。これに財を示してもってそのきわまるを、これにへいを示してもってその病をる。上そむき下はなる。かくのごときのたぐいは、これつのいんなり。およそ師をおこすには、必ず内外ないがいの権をつまびらかにし、もってそのきょはかる。兵には備闕びけつあり、糧食りょうしょくにはあまりあるとらざるとあり。出入するところのみちくらべ、しかるのち師をおこし乱をたば、必ずよくこれをる。地だいにして城しょうなる者は、必ず先ずその地をおさむ。城だいにして地せまき者は、必ず先ずその城をむ。地ひろくして人すくなく者は、すなわちそのやくを絶つ。地せまくして人おおき者は、すなわち大堙だいいんきずきてもってこれにのぞむ。その利をうしなうことなく、その時をうばうことなく、その政をゆるやかにし、そのぎょうたいらかにし、そのへいを救わば、すなわちもって天下にほどこすにらん。
  • 弊 … 底本では「mojikyo_font_006010」に作る。
  • 狹 … 『直解』では「窄」に作る。
今戰國相攻、大伐有徳。自伍而兩、自兩而師、不一其令、率民心不定。徒尚驕侈、謀患辯訟、吏究其事、累且敗也。日暮路遠、還有挫氣、師老將貪、爭掠易敗。凡將輕壘卑衆動、可攻也。將重壘高衆懼、可圍也。凡圍必開其小利、使漸夷弱、則節吝有不食者矣。衆夜撃者驚也。衆避事者離也。待人之救、期戰而蹙、皆心失而傷氣也。傷氣敗軍、曲謀敗國。
今、戦国あいめ、大いに有徳ゆうとくつ。よりりょうまで、両より師まで、そのれいいつにせず。おおむね民の心をして定まらざらしめ、いたずら驕侈きょうしたっとび、かんはかしょうを弁じ、をしてそのこときわめしむるも、わずらいかつやぶるるなり。日れてみち遠く、かえるに気をくじくあり。師つかしょうむさぼり、争いかすむるはやぶれやすし。およそしょう軽く、るいひくく、しゅう動くは、むべきなり。しょう重く、るい高く、衆おそるるは、かこむべきなり。およそ囲むときは、必ずその小利しょうりを開き、ようや夷弱いじゃくせしめば、すなわち節吝せつりんなれどもらわざる者あらん。しゅう、夜つは驚くなり。衆、ことくるは離るるなり。人の救いを待ち、戦いをしてしじまるは、みな心うしないて気をそこなえばなり。気をそこなえば軍をやぶり、曲謀きょくぼうは国をやぶる。
  • 俾 … 使役をあらわす。「~(せ)しむ」と読む。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四