>   その他   >   尉繚子   >   兵令上第二十三

尉繚子 兵令上第二十三

兵者凶器也。爭者逆徳也。事必有本。故王者伐暴亂本仁義焉。戰國則以立威抗敵、相圖而不能廢兵也。兵者以武爲植、以文爲種。武爲表、文爲裏。能審此二者、知勝敗矣。文所以視利害、辨安危、武所以犯強敵、力攻守也。
兵は凶器なり。争いは逆徳ぎゃくとくなり。ことには必ずもとあり。ゆえに王者の暴乱ぼうらんつは仁義にもとづく。戦国はすなわちもってを立て、敵にこうし、あいはかりて兵をはいするあたわざるなり。兵は武をもってしょくとなし、文をもってしゅとなす。武をおもてとなし、文をうらとなす。よくこの二つをつまびらかにする者は、勝敗を知る。文は利害を安危あんきを弁ずるゆえんにして、武は強敵を犯し、攻守こうしゅつとむるゆえんなり。
專一則勝、離散則敗。陳以密則固、鋒以則達。卒畏將甚於敵者勝。卒畏敵甚於將者敗。所以知勝敗者、稱將於敵也。敵與將猶權衡焉。
専一せんいつなればすなわち勝ち、離散りさんすればすなわちやぶる。じんみつなるをもってすなわち固く、ほうなるをもってすなわちたっす。そつしょうおそるること敵よりはなはだしきは、勝つ。そつ、敵をおそるることしょうよりはなはだしきは、やぶる。勝敗を知るゆえんの者は、しょうを敵にはかるなり。敵としょうとは、なお権衡けんこうのごとし。
  • 疏 … 底本では「䟽」に作るが、『直解』に従い改めた。
安靜則治、暴疾則亂。出卒陳兵有常令、行伍數有常法、先後之次有適宜。常令者、非追北襲邑用也。前後不次則失也。亂先後斬之。常陳皆向敵、有内向、有外向、有立陳、有坐陳。夫内向所以顧中也。外向所以備外也。立陳所以行也。坐陳所以止也。立坐之陳相參進止、將在其中。坐之兵劔斧、立之兵戟弩。將亦居中。善御敵者、正兵先合而後扼之。此必勝之也。
安静なればすなわち治まり、暴疾ぼうしつなればすなわちみだる。そつだし兵をじんするに常令じょうれいあり、行伍こうご疏数そすう常法じょうほうあり、先後せんごの次に適宜てきぎあり。常令じょうれいとは、ぐるを追いゆうおそうに用うるところにあらざるなり。前後、あらざれば、すなわち失うなり。先後せんごを乱すは、これを斬る。常陳じょうじんはみな敵に向かい、内向あり、外向あり、立陳りつじんあり、坐陳ざじんあり。それ内向は、中をかえりみるゆえんなり。外向は、外にそなうるゆえんなり。立陳りつじんは、行くゆえんなり。坐陳ざじんは、とどまるゆえんなり。立坐りつざじんは、あいまじえて進止しんしし、しょう、その中にあり。の兵は剣斧けんぷりつの兵は戟弩げきどしょうまた中におる。く敵をぎょする者は、正兵せいへいまずがっしてのちこれをやくす。これ必勝のみちなり。
  • 疏 … 底本では「䟽」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 攸 … 「ところ」と読む。音の仮借。
  • 術 … 『直解』では「道」に作る。
陳之斧鉞、飾之旗章、有功必賞、犯令必死。存亡死生在枹之端。雖天下有善兵者、莫能禦此矣。矢射未交、長刃未接、前譟者謂之虚、後譟者謂之實、不譟者謂之秘。虚實者兵之體也。
これに斧鉞ふえつならべ、これに旗章きしょうかざり、こうあれば必ずしょうし、れいを犯さば必ず死す。存亡そんぼうせいたんにあり。天下、善兵ぜんぺいを有する者といえども、よくこれをふせぐなし。矢射ししゃいまだまじわらず、長刃ちょうじんいまだまじえざるに、まえさわぐ者はこれをきょと謂い、うしろさわぐ者はこれをじつと謂い、さわがざる者はこれをと謂う。虚・実・秘は兵のたいなり。
  • 秘 … 底本にはないが、『直解』に従い補った。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四