>   その他   >   尉繚子   >   十二陵第七

尉繚子 十二陵第七

威在於不變、惠在於因時、機在於應事、戰在於治氣、攻在於意表、守在於外飾、無過在於度數、無在於豫備、愼在於畏小、智在於治大、除害在於敢斷、得衆在於下人。
は変ぜざるにあり、けいは時にるにあり、機はことに応ずるにあり、戦いは気を治むるにあり、むるは意表いひょうにあり、守るは外飾がいしょくにあり、あやまちなきは度数どすうにあり、くるしむなきは予備よびにあり、しんは小をおそるにあり、智は大を治むるにあり、害を除くは敢断かんだんにあり、衆をるは人にくだるにあり。
  • 困 … 底本では「因」に作るが、『直解』に従い改めた。
悔在於任疑、孽在於屠戮、偏在於多私、不詳在於惡聞己過、不度在於竭民財、不明在於受間、不實在於輕發、固陋在於離賢、禍在於好利、害在於親小人、亡在於無所守、危在於無號令。
かいにんずるにあり、わざわい屠戮とりくにあり、へんわたくし多きにあり、不詳ふしょうおのれあやまちを聞くをにくむにあり、不度ふどは民に財をつくすにあり、不明ふめいかんを受くるにあり、不実ふじつかるがるしく発するにあり、固陋ころうは賢を離るるにあり、わざわいは利を好むにあり、害は小人に親しむにあり、ぼうは守るところなきにあり、号令ごうれいなきにあり。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四