>   その他   >   尉繚子   >   経卒令第十七

尉繚子 経卒令第十七

經卒者、以經令分之、爲三分焉。左軍蒼旗、卒戴蒼羽。右軍白旗、卒戴白羽。中軍黄旗、卒戴黄羽。卒有五章。前一行蒼章、次二行赤章、次三行黄章、次四行白章、次五行黒章。次以經卒、亡章者有誅。前一五行置章於首、次二五行置章於項、次三五行置章於、次四五行置章於腹、次五五行置章於腰。如此、卒無非其吏、吏無非其卒。見非而不詰、見亂而不禁、其罪如之。
経卒けいそつとは、経令けいれいをもってこれを分かち、三分さんぶんとなす。左軍さぐん蒼旗そうきにして、卒は蒼羽そうういただく。右軍うぐん白旗はっきにして、卒は白羽はくういただく。中軍は黄旗こうきにして、卒は黄羽こうういただく。卒に五章あり。前の一行いっこう蒼章そうしょう、次の二行にこう赤章せきしょう、次の三行さんこう黄章こうしょう、次の四行よんこう白章はくしょう、次の五行ごこう黒章こくしょうなり。ついでてもって卒をけいし、章をうしなう者はちゅうあり。前のいち五行ごこうしょうくびに置き、次の二の五行ごこうは章をうなじに置き、次の三の五行ごこうは章をむねに置き、次の四の五行ごこうは章をはらに置き、次の五の五行ごこうは章をこしに置く。かくのごとくんば、卒、そのをあらずとすることなく、、その卒をあらずとすることなし。あらざるを見てなじらず、乱を見て禁ぜざるは、その罪これにく。
  • 胸 … 底本では「mojikyo_font_029308」に作るが、『直解』に従い改めた。
鼓行交闘、則前行進爲犯難、後行退爲辱衆。踰五行而者有賞、踰五行而後者有誅。所以知進退先後、吏卒之功也。故曰、鼓之前如雷霆、動如風雨、莫敢當其前、莫敢躡其後。言有經也。
鼓行ここうして闘いをまじえるに、すなわちこうさきんじて進むは難を犯すとなし、こうに後れて退くは衆をはずかしむとなす。五行ごこうえて進む者は賞あり、五行をえておくるる者はちゅうあり。進退先後せんごを知るゆえんは、吏卒りそつの功なり。ゆえにわく、「これをすれば、すすむこと雷霆らいていのごとく、動くこと風雨ふううのごとく、あえてその前に当たるなく、あえてそのうしろうなし」と。けいありとうなり。
  • 退 … 底本では「進」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 進 … 底本では「前」に作るが、『直解』に従い改めた。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四