>   その他   >   尉繚子   >   勒卒令第十八

尉繚子 勒卒令第十八

金鼓鈴旗、四者各有法。鼓之則進、重鼓則撃。金之則止、重金則退。鈴傳令也。旗麾之左則左、麾之右則右。奇兵則反是。一鼓一撃而左、一鼓一撃而右。一歩一鼓、歩鼓也。十歩一鼓、趨鼓也。音不絶、鶩鼓也。商、將鼓也。角、帥鼓也。小鼓、伯鼓也。三鼓同則將帥伯其心一也。奇兵則反是。鼓失次者有誅。譁者有誅。不聽金鼓鈴旗而動者有誅。
きんれい、四つの者おのおの法あり。これをすればすなわち進み、重ねて鼓すればすなわちつ。これをきんすればすなわちとどまり、重ねて金すればすなわち退しりぞく。すずれいを伝えるなり。旗はこれをさしまねきてひだりすればすなわち左し、これをさしまねきてみぎすればすなわち右す。奇兵きへいはすなわちこれにはんす。一鼓いっこ一撃いちげきしてひだりし、一鼓一撃してみぎす。一歩に一鼓するは、歩鼓ほこなり。十歩に一鼓するは、趨鼓すうこなり。おとえざるは、鶩鼓ぶこなり。しょう将鼓しょうこなり。かく帥鼓すいこなり。小鼓は伯鼓はくこなり。三鼓さんこ同じくんば、すなわちしょうすいはくその心いつなり。奇兵きへいはすなわちこれにはんす。を失う者はちゅうあり。諠譁けんかする者はちゅうあり。きんれいを聴かずして動く者はちゅうあり。
  • 諠 … 底本では「讙」に作るが、『直解』に従い改めた。
百人而教戰、教成、合之千人。千人教成、合之萬人。萬人教成、會之於三軍。三軍之衆、有分有合、爲大戰之法、教成、試之以閲。方亦勝、圓亦勝、錯亦勝、臨險亦勝。敵在山縁而從之、敵在淵没而從之。求敵求亡子、從之無疑。故能敗敵而制其命。
百人にして戦いを教え、教え成りてこれを千人にがっす。千人教え成りてこれを万人まんにんがっす。万人教え成りてこれを三軍にかいす。三軍の衆、ぶんありごうあるは、大戦をなすの法なり。教え成れば、これをためすにえつをもってす。ほうなるにもまた勝ち、えんなるにもまた勝ち、錯邪さくじゃなるにもまた勝ち、けんのぞむにもまた勝つ。敵、山にあれば、りてこれに従い、敵、ふちにあれば、ぼっしてこれに従う。敵を求むること、亡子ぼうしを求むるがごとく、これに従いて疑うなし。ゆえによく敵をやぶりてそのめいせいす。
  • 邪 … 『直解』では「斜」に作る。
  • 如 … 底本では「若」に作るが、『直解』に従い改めた。
夫蚤決先敵。若計不先定、慮不蚤決、則進退不定、疑生必敗。故正兵貴先、奇兵貴後。或先或後、制敵者也。丗將不知法者、專命而行、先撃而勇。無不敗者也。其舉有疑而不疑、其往有信而不信、其致有遲疾而不遲疾。是三者、戰之累也。
それはやく決して敵にさきんず。もしけいさきに定まらず、りょはやく決せずんば、すなわち進退さだまらず、疑い生じ必ずやぶれん。ゆえに、正兵せいへいは先んずるを貴び、奇兵はおくるるを貴ぶ。あるいは先んじあるいはおくるるは、敵をせいする者なり。しょうの法を知らざる者は、めいもっぱらにして行き、先んじて撃ちて勇なり。やぶれざる者なきなり。そのきょ、疑いあるに疑わず、そのおう、信あるに信ぜず、その遅疾ちしつあるに遅疾ちしつせず。この三つの者は、戦いのわずらいなり。
天官第一 兵談第二
制談第三 戦威第四
攻権第五 守権第六
十二陵第七 武議第八
将理第九 原官第十
治本第十一 戦権第十二
重刑令第十三 伍制令第十四
分塞令第十五 束伍令第十六
経卒令第十七 勒卒令第十八
将令第十九 踵軍令第二十
兵教上第二十一 兵教下第二十二
兵令上第二十三 兵令下第二十四